メインコンテンツへ

青山学院女子短期大学から昼間部へ編入(2017年度)

青山学院女子短期大学から昼間部へ編入する際の制度についてご案内いたします。

募集学部・学科および募集人員

学部 学科 編入年次 募集人員
文学部 英米文学科 2年次 若干名
3年次 以下の合計で20名
  1. 青山学院女子短期大学からの編入
  2. 学外短期大学からの編入
  3. 本学卒業者の学士編入
  4. 学外からの学士編入
  5. 青山学院女子短期大学からの推薦編入
フランス文学科 2年次 若干名
日本文学科 3年次 学外短期大学からの編入学者と併せて若干名
史学科 2年次 若干名
経済学部 経済学科 2年次 若干名
法学部 法学科 2年次 若干名
国際政治経済学部 国際政治学科 2年次 若干名
国際経済学科
国際コミュニケーション学科
社会情報学部 社会情報学科 2年次 若干名

出願資格

青山学院女子短期大学を卒業した者および2017年3月卒業見込みの者で、各学部・学科で定める条件を満たしている者

学部 学科 編入年次 出願資格
文学部 英米文学科 2年次
3年次
現代教養学科国際専攻卒業者(卒業見込者を含む)または英文学科卒業者
フランス文学科 2年次 現代教養学科卒業者(卒業見込者を含む)で出願時に同学科の外国語科目のうち、「フランス語Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ」を修得済み(見込みも含む)の者
なお、卒業までに「フランス語Ⅰ、Ⅱ、Ⅲ、Ⅳ」を修得できない場合は入学を認めません。
日本文学科 3年次 現代教養学科日本専攻卒業者(卒業見込者を含む)または国文学科卒業者
史学科 2年次 学科を問わず卒業者(卒業見込者を含む)
経済学部 経済学科 2年次 学科を問わず卒業者(卒業見込者を含む)
法学部 法学科 2年次 学科を問わず卒業者(卒業見込者を含む)
ただし卒業時に、共通教育科目の「法学」4単位またはそれに準ずる科目4単位を修得している者(準ずる科目修得の場合は出願前に教務課法学部担当へ問い合わせてください)
国際政治経済学部 国際政治学科 2年次
  1. 青山学院女子短期大学を2017年3月卒業見込みの者
  2. TOEFL®550点以上(なお、iBTの場合は79点以上)、TOEIC®730点以上、IELTS(Academic Module)オーバーオール・バンド・スコア6.0以上、英語検定準1級以上のスコアをいずれか1つ提出できる者(TOEFL®とTOEIC®等のスコアは出願期間末日より2年以内に取得済のもの)。英語資格を複数有している場合は、最も優れていると思うものを1つ選ぶ
国際経済学科
国際コミュニケーション学科
社会情報学部 社会情報学科 2年次 学科を問わず卒業者(卒業見込者を含む)
  1. 統計学を履修済みか履修中であることが望ましい
  2. 卒業論文等の要旨を提出すること(A4サイズ1枚程度)

試験科目

学部 学科 編入年次 試験科目
文学部 英米文学科 2年次 英語(Listeningを含む)
3年次 英語(Listeningを含む)
フランス文学科 2年次 小論文
面接
日本文学科 3年次 基礎学力問題
史学科 2年次 英語
歴史に関する基礎学力問題
(日本史、東洋史、西洋史、考古学)
面接
経済学部 経済学科 2年次 英語
経済学
法学部 法学科 2年次 英語
憲法
面接
国際政治経済学部 国際政治学科
国際経済学科
国際コミュニケーション学科
2年次 小論文
面接(書類審査含む)(国際コミュニケーション学科希望者には、英語のスピーチを課す)
社会情報学部 社会情報学科 2年次 筆記試験<基礎学力問題(「英語」「数学」「統計」含む)>
面接

お問い合わせ

出願に関するお問い合わせ

編入学試験に関して、募集要項を読んだうえで、出願資格に該当するか否か判断のつかない場合には、下記の所定用紙に必要事項を記入のうえ、学務部教務課編入学試験係宛にFAXしてください。文書にて回答いたします。

(FAX:03-3409-4575)

出願資格に関するFAX受付期間 2016年10月18日(火)まで

青山学院女子短期大学から昼間部へ編入学試験に関するお問い合わせ所定用紙

入学試験要項(2017年度)




入試・入学案内