青山学院大学 AGU NEWS No.26
AGUニューズ[2005年3月~4月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●青山学院大学
「21世紀COEプログラム」の今

●「第2回21世紀COEプログラム
 国際シンポジウム」

●理工学部TOPICS

TOPICS
●第81回「箱根駅伝」で
 本学陸上競技部2選手が
 関東学連選抜に!

●青学体育会が大活躍!
●2004年度の就職活動について

報告・お知らせ
●WTO研究センター主催
 公開セミナー「WTO加盟後の
 中国農政と中国食品市場動向」

●青山学院、日本格付研究所(JCR)
 より「AA+」の格付けを取得

●Club & Circle Information
●「各国大使講演シリーズ」第3回
 ヒシャム・バドル
 駐日エジプト大使講演

●新規交換留学協定校について
●「大学オルガニスト養成講座」
 受講生発表会

●長尾隆央さん(理工学研究科生)が
 NIDays 2005「アカデミック
 コンテスト2004」 優秀賞を受賞

●文学部 冨山太佳夫教授が
 「第3回毎日書評賞」を受賞

●卒業生へのメッセージ
●2004年度退職専任教員
●「青山学院大学
 経済支援給付奨学金」がスタート

●2005年度公開講座

誌上公開講座
●青山スタンダード
 教養コア科目・
 キリスト教理解関連科目
 「キリスト教概論 I」


INFORMATION
●2005年度
 大学入試センター試験利用入学試験、
 一般入学試験志願者数

●2005年度
 オープンキャンパス等開催日程

●News Index
●歴代院長とその時代12
 深町正信


HOME






教養コア科目:キリスト教理解関連科目


文学部 専任講師(大学宗教主任)
シュー土戸 ポール

キリスト教信仰に基づいた全人的な人間教育を展開してきた青山学院の130年の歴史……。「キリスト教理解関連科目」は、そうした本学の教育・研究のバックボーンへの理解を深める科目群です。今回の「誌上公開講座」で取り上げるのは、そのうち“キリスト教入門”ともいえる「キリスト教概論 I 」。大学宗教主任であり、この講義を担当されているシュー土戸 ポール文学部専任講師に紹介していただきました。

◇青山学院大学の教育の柱であり人々の生き方に
 示唆を与える「キリスト教」を理解するために

 青山学院大学は、キリスト教の理念を掲げる大学です。しかし、本学に入学してくる学生の多くは、それまでの人生の中で、キリスト教と深く接する経験があまりなかったのではないでしょうか?
 そこで「キリスト教概論 I 」の授業では、キリスト教に初めてふれる学生を対象として、キリスト教の中心的な思想や教えの全体像を、学際的な視点からわかりやすく講義することを大きな目標としています。
 キリスト教は本学の建学の柱となっているだけではなく、ヨーロッパ、アメリカ、アジア、アフリカなど世界各国において中心的な宗教であり、私たちの人生に有益な示唆と力を与えてくれるものです。本講義を通して、このように世界中の人々の生き方に影響を与えているキリスト教の精神とそれが持つ歴史的・社会的な意味を学ぶことにより、受講生は本学でそれぞれの専門分野を学ぶ意味を改めて問い直し、人間と世界を見る目を養うことができるでしょう。そして、それは一人ひとりが豊かな人生を送るためにたいへん重要なことなのです。


◇インターネットを駆使するなど
 さまざまなアプローチによって「キリスト教」の本質に迫る

 「キリスト教概論 I 」は以下の3つのポイントを中心に授業を進めていきます。

・宗教学とキリスト教研究(文化人類学)
・キリスト教の神学(思想、教え、世界観)
・キリスト教の聖書

 実際の授業は、授業のホームページやメールなどインターネットを駆使して行われています。授業のテキストとしては主として『聖書』(旧約聖書と新約聖書)、『神の前に真実に:キリスト教概論』(青山学院宗教センター編)を使用しています。また、イギリスのシェークスピア俳優として名高いブライアン・ディカンがイエス・キリストを演じた『ジーザスフィルム』などもキリスト教の精神を知る視聴覚教材として利用します。さらに授業での学び以外に、キリスト教の核である「礼拝」に出席することを重視していることも大きな特色です。受講者は最低限、大学礼拝に2回、学外の教会礼拝(訪れる教会は大学の宗教センターで紹介します)に1回出席し、レポートを提出してもらいます。
 なお、大学ホームページ上では定期的な小テストを実施します。このテストは受講生それぞれが指定の期間・時間内に取り組めるようになっています。さらにホームページ上では、最新版のシラバス、授業予定の詳細、課題、教材・資料等を確認することができます。


 このように本講義は、さまざまなアプローチと手法でキリスト教について学んでいきます。受講生には、キリスト教の基本的な知識を修得することはもちろん、積極的な興味と関心を持って講義を受けていただき、ぜひ、それぞれの“心”でキリスト教というものをしっかりと受けとめていただきたいと切に願っています。


●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY