青山学院大学 AGU NEWS No.26
AGUニューズ[2005年3月~4月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●青山学院大学
「21世紀COEプログラム」の今

●「第2回21世紀COEプログラム
 国際シンポジウム」

●理工学部TOPICS

TOPICS
●第81回「箱根駅伝」で
 本学陸上競技部2選手が
 関東学連選抜に!

●青学体育会が大活躍!
●2004年度の就職活動について

報告・お知らせ
●WTO研究センター主催
 公開セミナー「WTO加盟後の
 中国農政と中国食品市場動向」

●青山学院、日本格付研究所(JCR)
 より「AA+」の格付けを取得

●Club & Circle Information
●「各国大使講演シリーズ」第3回
 ヒシャム・バドル
 駐日エジプト大使講演

●新規交換留学協定校について
●「大学オルガニスト養成講座」
 受講生発表会

●長尾隆央さん(理工学研究科生)が
 NIDays 2005「アカデミック
 コンテスト2004」 優秀賞を受賞

●文学部 冨山太佳夫教授が
 「第3回毎日書評賞」を受賞

●卒業生へのメッセージ
●2004年度退職専任教員
●「青山学院大学
 経済支援給付奨学金」がスタート

●2005年度公開講座

誌上公開講座
●青山スタンダード
 教養コア科目・
 キリスト教理解関連科目
 「キリスト教概論 I」


INFORMATION
●2005年度
 大学入試センター試験利用入学試験、
 一般入学試験志願者数

●2005年度
 オープンキャンパス等開催日程

●News Index
●歴代院長とその時代12
 深町正信


HOME









──「21世紀COEプログラム」中間評価において、本学が高い評価を得たことについて、率直な感想をお聞かせください。
秋光 今回の中間評価全体を見ると、思いのほか厳しい評価が下されていましたので、その中で本学が最上位の評価を受けたことは、とても光栄なことです。そして私たちの研究プロジェクトの意義と方向性の正しさ、そして現在に至る取り組みに対して、あらためて自信を深めることができ、私を含む各研究者のモチベーションもさらに高まりました。同じ評価を受けた国立大学などと比べて、青山学院大学の研究環境の規模は決して大きくありません。しかし、研究テーマ自体のシャープさや研究者同士のチームワークによって、大規模大学と肩を並べる成果を出しえたという事実は、本学における他の分野の研究者の方々にも、自信を持っていただく契機となりえたのではないでしょうか。

──本学のプロジェクトが、高評価を得ることができた要因についてはどのようにお考えですか?
秋光 やはり、COEプログラムに関わる本学の研究スタッフ全員の頑張りがもたらした結果でしょう。この2年間、異なる分野の研究者たちが実にうまく協調・連携しながらプロジェクトを進めてきました。「エネルギー効率化のための機能性材料の創製」という研究テーマは、人類が直面するエネルギー問題の解決に寄与する、まさに時代の要請に応える研究です。これは私たちがCOEに向けてわざわざ設定したテーマではなく、理工学部の各研究者の連携の中からごく自然に生まれたテーマなのです。こうした自然な連携の形とテーマ自体のシャープな方向性も、我々のプロジェクトが順調に進捗している大きな要因となっているのかもしれません。また、応用に直接結びついた成果が得られる工学系の研究と、もっと長いスパンで取り組まれる理学系の研究のバランスが良いプロジェクトであることも、私たちの大きな強みです。材料系の研究プロジェクトでこれほど理想的な形を持っている例は、私の知る限り日本国内には他にありません。

──若手研究者育成に関わるCOE教育プログラムなどの取り組みはいかがでしょうか?
秋光 若手研究者の育成は、21世紀COEプログラムの大きな目的のひとつです。本学ではCOE教育プログラムとして、英語プレゼンテーション教育に力を入れるとともに、毎週「COE若手セミナー」を開催し、ディスカッション能力や研究推進能力の向上をはかっていますが、これらが非常にうまく機能しています。さらに若手研究者が海外との共同研究や国際学会に参加する機会も増え、本学での国際シンポジウムも開催しています。こうした機会と環境を有効に活用し、世界で活躍できる多くの有能な若手が育っており、こうした若い人たちの頑張りによって、研究プロジェクト全体のアクティビティも格段に向上しました。大学にとって、「教育」と「研究」が両輪となって進化していくことがひとつの理想ですが、21世紀COEプログラムにおいて、そのカタチが整いつつあるのを実感します。その影響は学部にもおよんでおり、21世紀COEプログラム選定をひとつのきっかけとして、理工学部全体が教育・研究の両面で大きく進化しました。私は、本学からもう1件ぐらいCOEにチャレンジする研究プロジェクトが生まれることを期待しています。




──今後の研究活動への意気込みと目標をお聞かせください。
秋光 最初に申し上げたとおり、私たちの研究プロジェクトでは、研究者間の連携が大変うまくいっているわけですが、今後もこうした有機的な連携をさらに強化していくつもりです。また、産官学および地域連携の強化を図っていくことも課題です。COE=卓越した研究“拠点”なのですから、大学内だけではなく、広い視野での社会貢献を考えた研究活動を展開していくことが大切になります。実際、私たちのプロジェクトでは、東京工業大学など他大学との研究上でのコラボレーションも積極的に展開しています。他大学は研究上のライバルでもあるわけですが、研究とはそもそも「競争」と「協調」の両輪によって深まっていき、進化していくものなのです。また、研究から生まれる学内の知的財産を管理・活用するシステムも整備していく必要があるでしょう。
 個々の研究者・プロジェクトに関しては、中間報告の評価に慢心することなく、着実に研究を深め、成果を出しています。
 私個人の研究としては、自らが発見した「二ホウ化マグネシウム(MgB2)」を上回る臨界温度(Tc)を有する超伝導体を、また次のステップとして「室温超伝導体」を見出すことが目標です。また、本学で開催する国際シンポジウムなどを通して、超伝導研究におけるアジア諸国と日本のコラボレーションを強化していく取り組みにも力を注いでいきたいと思っています。現在、アジア諸国の優秀な研究者の多くが、日本ではなくアメリカをフィールドに活躍しています。その流れを日本に向けて、日本の物理学研究をもっと盛り上げていきたい……それが私の大きな夢なのです。もちろん、私一人の力ではできないことですから、そのためにもCOEの研究プロジェクトを通して、本学から世界に通用する若手研究者をどんどん送り出すことが大切になると考えています。


●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY