青山学院大学 AGU NEWS No.26
AGUニューズ[2005年3月~4月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●青山学院大学
「21世紀COEプログラム」の今

●「第2回21世紀COEプログラム
 国際シンポジウム」

●理工学部TOPICS

TOPICS
●第81回「箱根駅伝」で
 本学陸上競技部2選手が
 関東学連選抜に!

●青学体育会が大活躍!
●2004年度の就職活動について

報告・お知らせ
●WTO研究センター主催
 公開セミナー「WTO加盟後の
 中国農政と中国食品市場動向」

●青山学院、日本格付研究所(JCR)
 より「AA+」の格付けを取得

●Club & Circle Information
●「各国大使講演シリーズ」第3回
 ヒシャム・バドル
 駐日エジプト大使講演

●新規交換留学協定校について
●「大学オルガニスト養成講座」
 受講生発表会

●長尾隆央さん(理工学研究科生)が
 NIDays 2005「アカデミック
 コンテスト2004」 優秀賞を受賞

●文学部 冨山太佳夫教授が
 「第3回毎日書評賞」を受賞

●卒業生へのメッセージ
●2004年度退職専任教員
●「青山学院大学
 経済支援給付奨学金」がスタート

●2005年度公開講座

誌上公開講座
●青山スタンダード
 教養コア科目・
 キリスト教理解関連科目
 「キリスト教概論 I」


INFORMATION
●2005年度
 大学入試センター試験利用入学試験、
 一般入学試験志願者数

●2005年度
 オープンキャンパス等開催日程

●News Index
●歴代院長とその時代12
 深町正信


HOME












理工学部電気電子工学科 教授
澤邊 厚仁

2004年12月10日(金)・11日(土)の2日間、
相模原キャンパス B棟9階ビューラウンジにおいて、
第2回21世紀COEプログラム国際シンポジウム
「ニューダイヤモンドフォーラム第1回研究会」が開催されました。
このシンポジウムを主宰した澤邊厚仁教授に
国際シンポジウムの経緯、およびダイヤモンド薄膜の
研究の意義等についてお話をうかがいました。

「ニューダイヤモンドフォーラム第1回研究会」について
 今回の国際シンポジウムのテーマは「ダイヤモンドのエピタキシャル成長とその関連技術(Epitaxial Growth of Diamond and Related Technology)」。主として次世代光エレクトロニクス材料として注目されているダイヤモンド薄膜の製作技術についての講演と討論が行われました。ダイヤモンド薄膜の研究は、日本が世界をリードしており、実は青山学院大学がパイオニア的存在です。十数年前から、低圧で作られた人工ダイヤモンドによって、ダイヤモンドの薄膜を作ることが可能になり、さまざまなモノの表面にコーティングできるようになりました。このダイヤモンド薄膜を半導体材料として使えば、従来使用されていたシリコン、ゲルマニウムを超える究極の半導体を作ることができます。こうした電子材料として使用するためには、大面積で、結晶として純度の高い薄膜を作成しなくてはならないのですが、この作成技術でもわが国がトップランナーです。今年初めに、私たちは1センチ角の薄膜を作ることに成功し、来年を目途に直径1インチ(約2.5センチ)のものを完成させる予定です。今回のシンポジウムには、国内外におけるダイヤモンド薄膜の作製研究に関わる主要な研究者のほとんどが集結し、当日の会場では最先端の話題をめぐる活発な討論が展開されました。

なぜ「ダイヤモンド」なのか?
 宝石の“王様”の地位にあるダイヤモンドですが、実は工業材料としても“王様”なのです。たとえば熱の伝導率、硬度、絶縁性、音の伝導率など、あらゆる物質の中でトップデータを示しています。また、硬いのに粘りがあり、光も通す……こうした興味深い特性により、多分野にわたってその利用が有望視されています。そのための過酷な実験にも十分耐えられる材料でもあり、私は故犬塚直夫教授の指導のもと、学生時代からこのダイヤモンド薄膜の研究に取り組んできました。20年以上付き合った現在でも、まったく飽きません。その輝きと同様に実に奥の深い材料なのです。


ダイヤモンド薄膜の応用と研究のこれから
 COEプロジェクトでの基礎研究と同時に、私たちはNEDO(新エネルギー・産業技術総合開発機構)の受託研究で、ダイヤモンド薄膜の応用にも取り組んでおり、ダイヤモンドが表面から電子を放出するという性質を利用した高効率・高輝度のディスプレイの開発なども進めているところです。基礎研究と応用研究が両輪となっているところも大きな特色といえるでしょう。私は企業(東芝)の研究員として約130件ほどの特許取得に関わってきました。その経験から言うと製品化を目指す応用研究では、今後、知的財産についての戦略的思考も重要になってくるはずです。また、若手研究者育成のため、知的財産に関する教育プログラムも必要になってくるのではないでしょうか。
 ダイヤモンド薄膜の研究は、これからまだ長いスパンで取り組むべきテーマなので、若手の育成には力を入れていきたいですね。私の研究室では、博士前期課程の院生が学会での受賞を果たすなど、若い人々が頑張っています。彼らの頑張りをカタチにできるよう、私もサポートしていきます。

 2005年2月4日(金)・5日(土)の2日間、相模原キャンパスB棟9階ビューラウンジにおいて、本学21世紀COEプログラム主催による「第3回 21世紀COEプログラム 国際シンポジウム」が開催されました。テーマは「有機、無機超伝導材料の物理/Physics of Organic and Inorganic Superconducting Materials」。講演を行ったのは、秋光純教授、阿部二朗助教授ら本学の研究者のほか、東北大学金属材料研究所・福山秀敏教授をはじめ、東京大学、京都大学、名古屋大学の研究者、さらに海外からは香港大学のP.Chu教授、プリンストン大学のP.M.Chaikin教授が参加。各講演者の発表に対して活発な質疑応答が展開されるなど、超伝導材料研究の国際的な盛り上がりを肌で感じさせてくれるシンポジウムとなりました。同時に、COE若手研究者のポスター発表等も開催されました。




 2005年1月12日(水)相模原キャンパスF棟F407教室において、本学21世紀COEプログラム主催による若手研究会が開催されました。「量子ゆらぎとランダムネスの競合による磁性~物質設計をめざして~」をテーマとし、関係する国内の研究者、特に若手研究者の方々を招き、講演内容に対する様々な視点からの討論が行われました。非磁性な状態の物質に非磁性な不純物をドープすることにより磁気的な秩序が誘起される現象に代表される、量子ゆらぎとランダムネスが重要な役割を果たす新奇な現象を対象に、実験・理論両面からの最新の研究結果が発表され、本質的理解に向けた議論が行われました。また、物質設計の立場からその物性を利用した機能性材料の可能性について広い視点での議論が行われました。テーマを絞った研究会のため、参加者の間でより踏み込んだ討論が行われ、共同研究など今後の発展につながる研究会となったと考えています。実験的手法の研究として、東京大学物性研究所の菊地淳氏、東京大学大学院理学系研究科の小嶋健児氏、本学COE研究支援者の佐々木智生氏、理論的手法の研究として、東京大学大学院工学系研究科の藤堂眞治氏、京都大学大学院理学研究科の藤本聡氏、本学物理・数理学科 古川信夫助教授からご講演いただきました。
(21世紀COE研究支援者 安田 千寿 記)



●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY