青山学院大学 AGU NEWS No.26
AGUニューズ[2005年3月~4月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●青山学院大学
「21世紀COEプログラム」の今

●「第2回21世紀COEプログラム
 国際シンポジウム」

●理工学部TOPICS

TOPICS
●第81回「箱根駅伝」で
 本学陸上競技部2選手が
 関東学連選抜に!

●青学体育会が大活躍!
●2004年度の就職活動について

報告・お知らせ
●WTO研究センター主催
 公開セミナー「WTO加盟後の
 中国農政と中国食品市場動向」

●青山学院、日本格付研究所(JCR)
 より「AA+」の格付けを取得

●Club & Circle Information
●「各国大使講演シリーズ」第3回
 ヒシャム・バドル
 駐日エジプト大使講演

●新規交換留学協定校について
●「大学オルガニスト養成講座」
 受講生発表会

●長尾隆央さん(理工学研究科生)が
 NIDays 2005「アカデミック
 コンテスト2004」 優秀賞を受賞

●文学部 冨山太佳夫教授が
 「第3回毎日書評賞」を受賞

●卒業生へのメッセージ
●2004年度退職専任教員
●「青山学院大学
 経済支援給付奨学金」がスタート

●2005年度公開講座

誌上公開講座
●青山スタンダード
 教養コア科目・
 キリスト教理解関連科目
 「キリスト教概論 I」


INFORMATION
●2005年度
 大学入試センター試験利用入学試験、
 一般入学試験志願者数

●2005年度
 オープンキャンパス等開催日程

●News Index
●歴代院長とその時代12
 深町正信


HOME








青山学院大学理工学部では、
21世紀COEプログラム以外にも、
先進的な理工学教育・研究を志向する
さまざまな取り組みが
スタートしています。
ここでは、
2004年11月~12月に開催された
主なセミナー・シンポジウムを
紹介します。



 2004年11月17日(水)、相模原キャンパスF棟において本学理工学部・総合研究所自然科学研究部共催、本学理工学会後援「学生・教職員のための特許セミナー」が開催されました。井深 丹氏(TAMA-TLO株式会社代表取締役社長)から「TAMA-TLOと技術移転―大学が支える新製品開発―」、鈴木壯兵衞氏(三好内外国特許事務所副所長)から「研究成果の権利化とその活用―研究成果を特許出願するには―」と題して、それぞれご講演いただきました。TLOとは「技術移転機関」のことですが、井深氏は、大学初の研究成果から新製品を生み出すにはTLOの存在が欠かせないとして、TAMA-TLO株式会社の成功事例や最新のトピックスを紹介し、将来の展望についてもお話いただきました。鈴木氏には、弁理士の立場から2002年の特許法改正以後の出願について、特許法第36条が規定する出願書類のうち「願書」を除く「明細書」、「特許請求の範囲」、必要な「図面」および「要約書」を具体的な事例をあげて説明していただき、研究成果の権利化とその活用を考えるうえで重要ないくつかの法についても解説していただきました。本学からは電気電子工学科 澤邊厚仁教授が「エピタキシャルダイヤモンドの選択成長に関する特許出願―出願した技術内容と応用例について―」と題して、また、機械創造工学科 林光一教授が「私の特許創め考」として講演が行われました。



 2004年12月4日(土)、相模原キャンパスE棟E206教室において、「理工学部附置先端技術研究開発センターシンポジウム2004」が開催されました。文部科学省「私立大学ハイテク・リサーチ・センター整備事業」中間成果報告などが行われ、同時に若手研究者によるポスターセッションも開催されました。

●第1部
【外部資金で運営する研究プロジェクト】

・「高分子材料の衝撃破壊特性評価」
 /代表者:機械創造工学科 竹本幹男教授
・「電磁波環境改善のための材料探索とその応用」
 /代表者:電気電子工学科 橋本 修教授
・「次世代DNAマイクロアレイシステムの開発および
 これを利用した神経回路形成機構の研究」
 /代表者:化学・生命科学科 田代 朋子教授
・「エネルギー高効率利用のための新機能システム」
 /代表者:機械創造工学科 林 光一教授
それぞれの研究プロジェクトについて代表者より中間成果が報告されました。

●第2部
【「私立大学ハイテク・リサーチ・センター整備事業」
エネルギー高効率化のための新機能性材料の開発および評価の研究プロジェクト】

物理・数理学科 秋光純教授、電気電子工学科 澤邊厚仁教授、 同学科 中田時夫助教授の3名が、それぞれプロジェクトリーダーを務める研究プロジェクトの中間成果を報告しました。

●第3部
【プロジェクト講評】

東京大学物性研究所 広井善二教授をはじめ外部の有識者を含む評価委員による各プロジェクトの講評が行われました。



 2004年12月11日(土)、北里大学相模原キャンパスL3号館409講義室において、北里大学医学部・本学理工学部学術交流記念合同公開シンポジウム「ひとに優しい医療を創生する医学と理工学の融合」が開催されました。当日行われた講演内容は右記のとおりです。
 なお、本学理工学部と北里大学医学部は、2004年9月に学術交流協定を締結しており、今後も継続的な共同研究体制の確立に向け、さまざまな活動を展開していく予定です。
○「環境化学物質と発達障害:
 DNAマイクロアレイを用いたリスク評価」
 本学理工学部化学・生命科学科/田代朋子教授
○「血管内カテーテルを用いた治療の進歩」
 北里大学医学部/磯部義憲講師
○「患者に優しい手術:内視鏡外科の進歩」
 北里大学医学部/渡邊昌彦教授
○「感性ロボティクス:
 介護ロボットではなく介護者支援ロボット」
 本学理工学部情報テクノロジー学科/富山健教授


●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY