青山学院大学 AGU NEWS No.26
AGUニューズ[2005年3月~4月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●青山学院大学
「21世紀COEプログラム」の今

●「第2回21世紀COEプログラム
 国際シンポジウム」

●理工学部TOPICS

TOPICS
●第81回「箱根駅伝」で
 本学陸上競技部2選手が
 関東学連選抜に!

●青学体育会が大活躍!
●2004年度の就職活動について

報告・お知らせ
●WTO研究センター主催
 公開セミナー「WTO加盟後の
 中国農政と中国食品市場動向」

●青山学院、日本格付研究所(JCR)
 より「AA+」の格付けを取得

●Club & Circle Information
●「各国大使講演シリーズ」第3回
 ヒシャム・バドル
 駐日エジプト大使講演

●新規交換留学協定校について
●「大学オルガニスト養成講座」
 受講生発表会

●長尾隆央さん(理工学研究科生)が
 NIDays 2005「アカデミック
 コンテスト2004」 優秀賞を受賞

●文学部 冨山太佳夫教授が
 「第3回毎日書評賞」を受賞

●卒業生へのメッセージ
●2004年度退職専任教員
●「青山学院大学
 経済支援給付奨学金」がスタート

●2005年度公開講座

誌上公開講座
●青山スタンダード
 教養コア科目・
 キリスト教理解関連科目
 「キリスト教概論 I」


INFORMATION
●2005年度
 大学入試センター試験利用入学試験、
 一般入学試験志願者数

●2005年度
 オープンキャンパス等開催日程

●News Index
●歴代院長とその時代12
 深町正信


HOME




TOPICS

タイトル


左から佐藤君、原監督、仲村君


 2004年度、実業団出身の原晋監督(長距離)のもと、新しいスタートを切った陸上競技部。2005年1月2日(日)から開催された第81回東京箱根間往復大学駅伝競走(箱根駅伝)の関東学連選抜チームに、本学陸上競技部から佐藤良仁君(経済学科4年)と仲村一孝君(経営学科3年)が選ばれました。仲村選手は故障により、残念ながら本戦出場14名のエントリーを外れましたが、佐藤君が往路第1区(大手町→鶴見間・21.4km)に出走。区間17位で國學院大学の三島選手にタスキをつなぎました。佐藤君は2年前の第79回大会にも関東学連選抜第3区に出場しており、2度目の箱根駅伝出場となります。しかし、監督と部員たちが目指しているのは、「青山学院大学」としての出場。そこで原監督、佐藤選手、仲村選手にそれぞれの「箱根」への思いをうかがいました。

[原晋 陸上競技部監督]
陸上競技部長距離ブロックでは、大学として箱根駅伝に出場するため、2004年度より3年計画でチーム力強化を進めています。長距離選手のトレーニング方法は、実はどの大学でもそれほど変わりはありません。では、どこで箱根出場を果たすチームとそうでないチームの差がでるのか……それは「ぜったい箱根で走る」という一人ひとりの強い意識です。練習だけではなく、生活態度を含めて1日24時間、どれだけ陸上のことを意識していられるかが勝負の分かれ目なのです。私が監督に就任した当時の陸上競技部は、そういう意識の面で、かなり“甘い”チームでした。そこで徹底的なチーム全体のモチベーション改革を進め、その効果は徐々に表れてきました。その間、前主将の佐藤君は、意識改革を迫る私と長距離の部員たちの間に立って、かなり苦しんだと思いますが、チームをよくまとめ、後輩たちの意識改革に力を尽くしてくれました。

[佐藤良仁 君]
箱根駅伝は大学入学当初からずっと意識していました。今回で学連選抜としての出場は2度目なのですが、やはり第1区スタート前は、緊張で自分がピリピリしているのがわかりました。前半は沿道の応援の声にも後押しされ快調なペースで走ることが出来たのですが、後半15km地点あたりからタイムが落ちてしまったのが悔やまれます。しかし、大学最後の年に箱根路を走ることが出来てほんとうに良かったです。4月から、私は実業団で長距離を続けますが、ここまで一緒に頑張ってきた後輩たちには、ぜひ「青山学院大学」チームとして、箱根駅伝出場を果たしてほしいですね。心より応援します。


写真中央:左から3番目が佐藤選手

[仲村一孝 君]
原監督と共に「町田寮」で共同生活をおくるようになった2004年度から、私たち陸上競技部の長距離選手は確実に進化したと思います。私自身も夏ぐらいから自分のタイムがぐんぐん上がり、大学に入ってもっとも楽しかった年でもありました。長距離選手にとって自分の記録を塗り替えることほどの喜びはありません。また早朝練習の後は、気持ちよく1限目の授業に出ることができ、学業との両立も万全です。2005年度は多くの優秀な1年生も加わり、過去最強の陸上競技部の陣容が整います。2006年1月は、必ず青山学院大学として箱根駅伝に出場してみせます!私は難所と言われている山登りの「第5区」を走りたいですね。

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY