青山学院大学 AGU NEWS No.26
AGUニューズ[2005年3月~4月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●青山学院大学
「21世紀COEプログラム」の今

●「第2回21世紀COEプログラム
 国際シンポジウム」

●理工学部TOPICS

TOPICS
●第81回「箱根駅伝」で
 本学陸上競技部2選手が
 関東学連選抜に!

●青学体育会が大活躍!
●2004年度の就職活動について

報告・お知らせ
●WTO研究センター主催
 公開セミナー「WTO加盟後の
 中国農政と中国食品市場動向」

●青山学院、日本格付研究所(JCR)
 より「AA+」の格付けを取得

●Club & Circle Information
●「各国大使講演シリーズ」第3回
 ヒシャム・バドル
 駐日エジプト大使講演

●新規交換留学協定校について
●「大学オルガニスト養成講座」
 受講生発表会

●長尾隆央さん(理工学研究科生)が
 NIDays 2005「アカデミック
 コンテスト2004」 優秀賞を受賞

●文学部 冨山太佳夫教授が
 「第3回毎日書評賞」を受賞

●卒業生へのメッセージ
●2004年度退職専任教員
●「青山学院大学
 経済支援給付奨学金」がスタート

●2005年度公開講座

誌上公開講座
●青山スタンダード
 教養コア科目・
 キリスト教理解関連科目
 「キリスト教概論 I」


INFORMATION
●2005年度
 大学入試センター試験利用入学試験、
 一般入学試験志願者数

●2005年度
 オープンキャンパス等開催日程

●News Index
●歴代院長とその時代12
 深町正信


HOME




TOPICS

タイトル


就職部事務部長
川上 功


2004年度就職部の支援状況
 就職部における学生への支援活動は、次の3つに分類することができます。

   1. 求人開拓
   2. 進路・就職支援行事の開催
   3. 個別学生相談


 2004年度はこのうち1.「求人開拓」、そして2.「進路・就職支援行事の開催」における第二部(夜間部)学生の支援行事について重点項目として取り組みました。
 インターネットの普及により、多くの学生の応募する人気企業は自社のホームページを利用した採用を展開しており、大学宛に求人票を発送しなくなっています。全国のあらゆる大学の学生が、一斉に同一情報を閲覧することができる一方、いかにそれ以上の情報を入手できるかが重要になってきていると言えるでしょう。就職部では、人気企業ばかりでなく、長年に亘り本学の学生を採用していただいている実績のある企業や、専門分野で圧倒的なシェアを誇る優良企業を発掘すべく、就職行事や個別相談の合間を縫って積極的な企業開拓を展開しています。
 第二部(夜間部)学生の場合、キャンパス滞在時間が少ない傾向があります。そこで就職部では、第二部(夜間部)学生たちが資料室の利用や就職行事への参加がしやすいよう時間帯を考慮し、職業興味テストの複数回実施や、内定後の4年生による体験報告会、授業の合間の時間帯を利用した二部学生セミナーなどを開催しました。

2004年度就職戦線の動向
 2004年度は、日本経団連による呼びかけに応え、選考時期を4月以降に遅らせた企業も多く、それに伴い内定辞退が重なって夏季・秋季の採用が増えました。例年、求人は3月末まで続いているのですが、従来は夏休みを過ぎるとほとんどの学生がリクルートスーツを脱いでしまうケースが目立ちました。しかし、2004年度は夏以降もねばり強くじっくりと活動を続け、最終的に自分を認めてくれる企業への内定を勝ち取った4年生が多くいました。
 就職部としても、こうした動きと学生の熱意を尊重し、昨年度は11月から3年生向けに実施していた学内での企業説明会を年明けの後期試験終了後にスタートさせることにしました。3年生には9月末からのガイダンスで各自の進路について十分考えてもらい、業種や職種への理解を深め、自信を持って興味ある企業の説明会に参加できるようにとの配慮からです。幸い本学は立地条件も良く、多くの企業の方々に足を運んでいただいています。しかし、企業や大学の「お膳立」を待つのではなく、自ら積極的に外に働きかける勇気をぜひ身につけてください。それが就職活動の明暗を分ける鍵とも言えるからです。

納得する就職を実現するために
 納得する進路を見つけるためには、1~2年生のうちから、自分が何を目的として大学に入学したのか、また社会では何が必要とされ、自分のどのような能力が生かせるのかを考えて、4年間の過ごし方を自主的に選択することが重要です。学業を最優先することはもちろんですが、学生時代だからこそできるサークル、留学、ボランティア、アルバイトなどで他者との関わり方を学ぶことも、現代社会で生きる力をつける大切な機会となります。
 青山学院には、130年の歴史と豊かな人材を育成する教育方針があります。そうした土壌で成長し、社会で活躍している多くの卒業生が後輩たちを待っています。多くの卒業生の方々とのより強い連携も、就職部としての今後の大きな課題ととらえています。

進路・就職支援体制の充実
 2005年度、これまでの就職部が「進路・就職センター」として新たに歩み出します。入学時より相模原キャンパスで学んだ初めての3年生を青山キャンパスに迎え、新しい体制で低学年から卒業後までを視野に入れた進路・就職支援を展開していきます。

進路・就職支援のプロセス
〈クリックで外ウィンドウが開きます〉
●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY