青山学院大学 AGU NEWS Vol.7
AGUニューズ[2001年12月~2002年2月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)




●第10号発行記念「特別座談会」
 青山学院の将来構想

●総合研究所の
 “改革”がスタート

●クリスマス・ツリー点火祭
●硬式野球部2選手が
 ヤクルトスワローズから
 同時指名



●秋光教授が「紫綬褒章」受章!
●機械創造工学科から
 生まれたエコ・カー

●「りこうがくぶ公開」報告
●本学の2教授
 秋の園遊会に招待される



●アジアの政治
 ―新世紀のアジアと日本の
  関わりを考える―



●高校1・2年生のための
 新キャンパス説明会開催報告

●相模原新キャンパス
 Photograph

●シリーズ大学探訪9
 アーサー・D・ベリー




青山学院大学の週間HOTニュース

青山学院公式ホームページ
www.aoyama.ac.jp


タイトル

top 2 3 4

●相模原キャンパス・5つのコンセプト

司会 新キャンパスの全体的なコンセプトについて説明していただけますか。
学長 5つあります。まず、「高度情報型キャンパス」。いわゆるサイバーキャンパスですね。最新のコンピュータ・ネットワーク環境を整備し、青山キャンパスとの遠隔授業やTV会議などを試みるほか、国内外の大学研究機関とのサイバーネットワークを整備していく予定です。次にグローバル化をふまえた「国際交流型キャンパス」。海外からの研究者、学生の受け入れをより積極的に展開したい。将来はインターナショナルハウスの設置も考えています。そして「地域共生型キャンパス」。今回の新キャンパス設置を相模原市の熱心なバックアップを抜きにして語ることはできません。こうした期待に応える意味でも、さまざまな面で地域社会と共生、協調を目指します。キャンパスもオープンにして、住民の方々が図書館等の施設も利用できるようにしていくつもりです。
司会 すでに地域とのさまざまな連携の動きが始まっていますね。
学長 ええ、2001年10月の公開講演会、11月のシンポジウム、12月のフェスティバルと、相模原市と提携した企画を開催しています。このうちシンポジウムは「青山学院大学は相模原市にどのように貢献できるのか」というテーマで行われました。私も出席しましたが、地元商工関係者、市長、助役をはじめとする行政関係者、地域住民との活発な意見交換が行われ、これらの方々の本学への大きな期待を身をもって感じました。こうした地域と連携した行事は、今後も継続的に実施していきます。
司会 理工学部が持つ「技術」に対する、地元企業の期待も高いですね。相模原市産業創造開発センターを通して、理工学部として地元産業のためにお手伝いできることはありますかと声をかけたら、すぐに30社ほどの企業から問い合わせがあったとか。
学長 産業界のみならず、地域の高校など教育界との連携も考えていくべきテーマです。相模原市というのは住民の平均年齢が若く、少子化の時代であっても学校教育が活況を呈している地域であることから、地元高校との単位互換など、地元のニーズに応えていくためのプランも練っています。
院長 広い視野で地域との共生ということを考えていくと、生涯教育への取り組みも考慮しなくてはなりませんね。
学長 もちろんです。公開講座の充実に努めるほか、図書館やスポーツ関係の施設設備を地域住民の方々へ開放することによっても、生涯教育の場を提供できるでしょう。今後もきめ細かく地域の方々の生涯教育に対するニーズをくみ取っていくようにしていきたいと思っています。


ガウチャー・メモリアル・ホール Executive Meeting Room にて

司会 実際、2001年11月のシンポジウムでも、本学の生涯教育の取り組みへの期待の声の大きさはとても印象的でした。
学長 そして4番目は「環境共生型キャンパス」。敷地内の樹木を生かし、緑豊かなキャンパスにします。樹木は炭酸ガスを吸収してくれるわけですから、キャンパスに緑が多いこと自体がエコロジーの考え方に基づいているわけですね。さらに敷地内の地下水の活用や建物設計面での省エネ構造など、先進的な試みを随所に盛り込んだエコキャンパスが誕生します。
理事長 新キャンパス全体にわたってエコロジーの思想が徹底されているわけですね。
学長 ええ、そして5番目に地球環境と共に「人にやさしいキャンパス」であるということも、新キャンパスの重要なコンセプトです。ラウンジ、広場、インターネットカフェなど、学生同士・学生と教員のコミュニケーションを想定したスペースをふんだんに設け、“学生が少しでも長くいたいと思うキャンパス”を目指し、ハード面、ソフト面の環境整備をしていきます。
理事長 学生の動線を考えたキャンパス施設設備の便宜性、気ままに語り合えるスペースの設置、またコンピュータ・ネットワークを気軽に使える情報環境……確かに新キャンパスはこうした点を十分に踏まえて設計されていますね。理事会としては、事務セクションに関して、学生が利用しやすいシステムの実現をお願いしてありますが。
学長 新キャンパスの中心部には本学の知的情報の中枢を担うメディアセンターがあります。その上層階には研究室、図書館、情報処理系の教室、外国語ラボラトリー、共同研究室などが設置されますが、1階は学生生活の窓口になるスチューデントセンターになっています。ここに事務機能を集約し、大抵の用件はすむようになっています。しかも、学生が利用しやすいサービスのソフト面での配慮も十分に検討しました。
司会 メディアセンターと共に、新キャンパスの中心部に位置し、シンボルとなる建物に礼拝堂があります。青山キャンパスではガウチャー・メモリアル・ホールの新しいチャペルが完成しましたが、相模原キャンパスの礼拝堂はどのようなものになるのでしょう。
院長 最初に理事長がおっしゃっていたように厚木キャンパスの施設は素晴らしいもので、特に礼拝堂は神奈川県の名建築百選に選ばれたほどの建造物です。
司会 ちょっと、もったいない話ではありますね(笑)。
院長 そうなんです。ですから相模原キャンパスの礼拝堂は、ステンドグラスを移設するなど、できるだけ厚木を受け継ぐ形で、しかも厚木に勝るとも劣らない素晴らしいチャペルにするつもりです。


top 2 3 4
●ページのトップへ戻る●

HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY