青山学院大学 AGU NEWS Vol.7
AGUニューズ[2001年12月~2002年2月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)




●第10号発行記念「特別座談会」
 青山学院の将来構想

●総合研究所の
 “改革”がスタート

●クリスマス・ツリー点火祭
●硬式野球部2選手が
 ヤクルトスワローズから
 同時指名



●秋光教授が「紫綬褒章」受章!
●機械創造工学科から
 生まれたエコ・カー

●「りこうがくぶ公開」報告
●本学の2教授
 秋の園遊会に招待される



●アジアの政治
 ―新世紀のアジアと日本の
  関わりを考える―



●高校1・2年生のための
 新キャンパス説明会開催報告

●相模原新キャンパス
 Photograph

●シリーズ大学探訪9
 アーサー・D・ベリー




青山学院大学の週間HOTニュース

青山学院公式ホームページ
www.aoyama.ac.jp


タイトル

top 2 3 4

●第二部改組への取り組み

司会 相模原キャンパス開学と共に、青山キャンパスでもさまざまな改革に着手しています。中でも第二部の改組は、少子化による受験生の減少という緊急の課題を含んでいるわけですが。
学長 第二部をどうするかという問題は、ずいぶん以前から議論されていたことですが、現在は相模原キャンパス開学と合わせた改革案の検討が進んでいます。プランを練るにあたっては、他大学の二番煎じではなく、しかも現在の教員スタッフでできることを条件にしています。まだその成果を発表できる段階ではありませんが、かなり斬新な案ができつつあるようで、できるだけ早く結論を出すつもりです。
理事長 現状の第二部は確かに需要が減っており、変えていかなければならないことは事実です。ただし一方で、教員免許取得の面など、まだまだ存在意義があるのではないかとも思うのですが。
院長 そうですね。そしてこの問題を考える時、青山キャンパスが都心で働く人々がスキルアップを図る場として絶好のロケーションであることを忘れてはいけないと思います。理事長がおっしゃった教員免許取得などのニーズに対して、一度しっかりしたマーケティングリサーチを行って、その存在意義を改めて確認してみる必要があるのではないでしょうか。また、経営の論理だけでなく教育の論理として、すなわち大学のミッション(使命)として第二部の存在意義を考えてみることも必要であると考えます。
学長 おっしゃる通りです。そうしたご意見を総合的に勘案して、大きな視野から第二部改革を考えていくつもりです。


●青山キャンパス再開発

司会 理事会では、幼稚園から大学・大学院を含めた総合的な青山キャンパス再開発を検討されていますね。
理事長 ええ、第二次将来計画委員会を編成しまして、すでに2年以上も地道な検討作業を続けてきました。おそらく来年には何らかの結論を印刷物として、学院関係者に配付できると思います。
司会 青山キャンパス再開発を考える際にご苦労されている点が多々あると思いますが。
理事長 たくさんありますよ(笑)。相模原の場合は、白いキャンバスに絵を描くように、新しいキャンパスの構想を自由に描くことができたわけです。しかし、青山キャンパスの場合はそうはいきません。キャンパスの歴史的経緯を踏まえることも大切ですし、いろいろな制約もあります。しかし現状では、土地利用の面でかなりもったいない使い方をしていることは否定できません。幼稚園から大学までをどこにどのように配置していくか……今や教育の面からの思い切った見直しをするべき時期に来ていると思います。伝統的なものを大切にしながら、必要であれば高層化も進めるなど、長期的なスパンの中で青山キャンパスの再開発に取り組んでいきたいと思っています。
院長 その際、マスタープランをどう立てるかが問われてきますね。私は、教育のソフト面において、青山学院が幼稚園から大学・大学院までを有する教育機関であることを積極的に生かしたキャンパスの再開発を行うことが大切ではないかと思っています。そして、そのことが結果的に他大学を卒業した人間とは違う“青山スピリット”を培う土壌を作ることになるのではないでしょうか。現在、月1回の常務委員会の後、幼稚園から大学までの責任者が、教育面での連携について話し合っています。決して長い時間ではないのですが、その場では何でもないフランクな会話の中でとても大事なことが語られています。こうした機会をもっとオープンな形で展開すれば、青山キャンパスの将来像につなげていけるのではないでしょうか……。少々抽象的な話になりますが、高い理想を掲げつつ、地道に現実との狭間を埋めていく作業を続けることこそが、青山学院の発展のために必要ではないかと……。
理事長 そうですね。現在、教育制度の規制緩和などにより、中高の一貫教育だけでなく、幼稚園と初等部、あるいは初等部と中等部の連携などがどんどん進められる状況になりそうです。今、院長がおっしゃられたことに関して言えば、良い環境が整いつつあります。
学長 青山学院の一貫教育ということを考えると、実は残念ながらこれまで高校と大学の教育面での目立った連携はなされていませんでした。そこで現在、なんとか「高大連携」を実現しようと、連絡会議を定期的に開催しています。まず第一段階として、2004年度から毎週土曜日に大学の教員が高等部で講義をすることが決まっています。また、大学の開講科目の中にも高校生に十分理解できる講義もありますから、そういった科目を選んで高等部生に開放し、単位を与えることも考えていきます。さらに相模原キャンパスの話でもふれましたが、外部の高校生にも本学の講義を開放することなどを検討しています。高大連携への道筋が、今ようやく築かれつつあります。
院長 素晴らしいですね。最近、初等部から高等部を通した英語教育のカリキュラムを作成する際に、大学の先生方のバックアップをお願いしましたし、高等部、中等部、初等部と大学との連携を、カリキュラムやティーチングメソッドなどの面でこれからも積極的に進めていきましょう。そして全学院的な立場からいって、大学の充実発展は、高等部、中等部、初等部、幼稚園の教育までに関係してくることだと考えています。今までの日本の教育界というのは「入口」と「出口」だけを問題にしてきました。どれだけ偏差値が高いか、就職が良いとかの基準だけで、学校の価値を捉えてきたきらいがあります。しかし、これからは入口から出口までのプロセス、教育・研究の内容が問われる時代です。そういう意味で学長先生がかねがね口にされている「日本一の大学」という高い志をめざした大学改革がスタートするのは青山学院全体に、大きな力と希望を与えてくれる出来事だと思っています。


top 2 3 4
●ページのトップへ戻る●

HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY