青山学院大学 AGU NEWS Vol.7
AGUニューズ[2001年12月~2002年2月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)




●第10号発行記念「特別座談会」
 青山学院の将来構想

●総合研究所の
 “改革”がスタート

●クリスマス・ツリー点火祭
●硬式野球部2選手が
 ヤクルトスワローズから
 同時指名



●秋光教授が「紫綬褒章」受章!
●機械創造工学科から
 生まれたエコ・カー

●「りこうがくぶ公開」報告
●本学の2教授
 秋の園遊会に招待される



●アジアの政治
 ―新世紀のアジアと日本の
  関わりを考える―



●高校1・2年生のための
 新キャンパス説明会開催報告

●相模原新キャンパス
 Photograph

●シリーズ大学探訪9
 アーサー・D・ベリー




青山学院大学の週間HOTニュース

青山学院公式ホームページ
www.aoyama.ac.jp


特集

タイトル

佐伯胖
総合研究所所長
佐伯 胖
(文学部教育学科教授)

青山キャンパス正門を入って右側に
そびえ建つ「総合研究所ビル」。
本学の多彩な研究活動のシンボルともいえる建物です。
しかし、具体的にどのような研究活動を行っているか
ご存じでない方も多いかもしれません。
そこでこの特集では、総合研究所の果たしてきた役割、
および体制改革が進んでいる現在の姿を
佐伯所長のお話を中心に紹介します。


総合研究所のコンセプトと活動内容

 青山学院大学総合研究所は、当時の大木院長の提案に基づき、1988年に創設されました。その目的は、「本大学の教育・研究との有機的な関係のもとに広く学術を総合し、各専門領域および学際領域の研究を行うほか、国内外の大学および研究機関との交流を図り、学術文化の進展に寄与することにより、本大学の教育・研究の基礎を培い、その水準を高めること」にあります。
 現在、総合研究所は、7つの研究センター(人文学系研究センター、経済研究センター、法学研究センター、経営研究センター、国際政治経済研究センター、理工学研究センター、キリスト教文化研究センター)から構成されています。このうちキリスト教文化研究センターは、本学の教育方針がキリスト教の精神を基盤としていることから特に設置されているもので、それ以外の6研究センターは、本大学の各学部にそれぞれ対応する形で設置しているものです。


 1994年4月には、各研究センターの個別プロジェクトとは別に学際研究プロジェクトが、97年4月には、「福祉」をテーマとした特別プロジェクトがスタート。2001年度には4学部の研究者による「WTO研究プロジェクト」もスタートしています。それ以外にも、産官学協同の大型プロジェクト(AMLプロジェクト)が組まれ、研究の効率と実務への応用にも力を入れています。
 総合研究所の研究活動は、本大学の教員がそれぞれの研究プロジェクトに積極的に参加し、所員を兼ねる形で行われています。また、必要により外部研究機関などから客員研究員、あるいは特別研究員を招聘するケースもあります。
 総合研究所における各プロジェクトの研究活動の成果は、「研究叢書」および市販本として刊行。また、これらの掲載された論文の総括と要約を「総合研究所報」として発行しています。

2001年、総合研究所の改革に着手

 創設以来14年、総合研究所は数多くの成果を上げてきたわけですが、運営体制の面で反省点がなかったわけではありません。そこで2001年に、「総合」「学際」といった総合研究所本来のコンセプトを見直し、さらなる研究活動の活性化を図るため、総合研究所改革委員会を発足させ、現在の運営体制や研究プロジェクトのあり方を再点検し、2003年度より新しい運営体制で再出発することになりました。
 新体制では、従来のプロジェクト制をさらに強化・発展するものになるでしょう。2003年度よりの新規研究プロジェクトは、既存の学問の枠組みに拘らず、あくまでも研究内容・テーマを主眼に、すなわち「そのプロジェクトは多くの人々の関心を呼ぶ、重要な研究なのか」という視点で選定することとなるでしょう。具体的には、異分野の研究者も加わった評価委員会でヒアリングを実施し、申請者には自分の研究テーマの重要性をプレゼンテーションしてもらい、評価委員会の厳正な審議を経て、そのプロジェクトが総合研究所としてやるべきものかという評価を行う体制とシステムを整えるということです。評価委員会のメンバーはプロジェクト毎に変わり、必要に応じて外部の研究者などにも加わっていただこうと考えています。こうしたプロジェクト評価システムは、何も特別なものではありません。企業や官公庁のプロジェクト立ち上げ等ではすでに慣例となっています。大学の研究がますます世の中の問題と密接にリンクする事が求められている現在、総合研究所として、こうした体制で研究プロジェクトを臨むことは必然ともいえるでしょう。もちろん大学ならではの地道な研究活動というものもありますので、その点はプロジェクト選定の際に十分考慮していくつもりです。
 こうして選ばれた新しいプロジェクトが始動するのは、前述の通り2003年度ですが、評価システムは2002年度よりスタートします。さて、どんな興味深い研究プロジェクトが飛び出してくるか……新しい総合研究所にどうかご期待ください。

新たな広報メディア「SOKEN」創刊

 新しい運営体制となるのに先駆けて、これまで総合研究所の活動状況等をお知らせしてきた「総合研究所ニュース」を第12号をもって発展的に解消。新たな広報メディアとして「SOKEN」を2001年秋に創刊しました。この「SOKEN」は、単にタイトルを変えただけのものではありません。無味乾燥な事務報告や専門家の難解な文章ばかりを掲載するのではなく、「読んでおもしろくて、タメになる」という編集方針のもと、門外漢にもわかりやすい文章でさまざまな学問研究の魅力の一端を知ることができるメディアにしていきます。ゆくゆくは一般の方々の目に触れるようにしたいとも考えています。タイトルデザインは、文学部教育学科の横山徹助教授(美術教育)にお願いし、読者の理解を助ける図版や写真も積極的に使用。レイアウト面でも読みやすさを考慮しています。創刊号がすでに発行されていますので、ぜひお手に取って読んでみてください。きっと、何らかの「知的発見」をされることと思います。

●見たい項目をクリックしてください●
AMLプロジェクト
WTO学際研究プロジェクト
●ページのトップへ戻る●

HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY