志田宗大 君
経営学部第二部経営学科

 志田君は、仙台育英高校出身。打撃力に加えて俊足と守備力も光るバランスのとれた外野手です。キャプテンとしてチームをまとめ、リーダーとしての高い信望を受けていました。2001年秋季リーグ戦、対亜細亜大学3回戦では、2打席連続ホームランを放ち、大学野球での有終を飾ると共に、勝負強さの本領を発揮しました。

 「まず、プロとしてこれからも野球を続けられることが何よりも嬉しいです。やはり、ずっとプロへの憧れはありましたし、人気球団のヤクルトスワローズからの指名ですから……ただ、プロに入ることは、僕の野球人生にとってゴールではありません。むしろこれからが勝負なのです。まず、コンスタントに一軍の試合に出場できるよう実力をつけることを目指します。日本一になる実力があるチームなので、その中で自分を試したい。特に外野手は、外国人選手も含めて競争が激しいポジションですから、容易なことではありませんが、野球部の大先輩であるダイエーホークスの小久保裕紀さんを目標に頑張りたいと思います。
 大学時代の思い出は、2年生の時に東都大学リーグで優勝できたことです。この時は、ほんとうに素晴らしい先輩に恵まれたと思います。だから、自分自身がキャプテンとして、後輩たちに優勝の喜びを与えてあげられなかったことが、少々心残りなのですが……。それから、海外遠征でアメリカ、オランダ、中南米を訪れたことはかけがえのない経験です。これらの国々の野球を目の当たりにして、そのスケールの大きさを実感。自分の野球観が変わるほどの衝撃を受けました。
 勝負の世界には厳しさ、つらさがつきものですが、来年度、後輩たちにはそうしたものから逃げずに思い切ったプレーをしてほしい。僕もプロの世界から応援しています。」

close
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY