青学で培った4年間
川崎泰寛 川崎泰寛君
経済学部 経済学科
2002年3月卒業
キヤノン株式会社内定

 僕は就職活動自体をひとつの社会勉強と考え、幅広い企業にアプローチしました。その中でも第1希望のひとつとして考えていた企業に採用が決まり、今でも信じられない気持ちです。
見出し
 大学時代は広告研究会に所属。毎年夏、クラブ活動の一環として、千葉県富浦海岸で「海の家」を運営しました。大学生活の一番の思い出といえば、ここで笑いあり、涙ありの日々を送ったことです。僕は「人間、恥をかかなければ大きくなれない」という精神で、4年間を過ごしてきました。確かに恥もたくさんかきましたが、それ以上に得るものが多かったと思います。社会人になっても常に“攻め”の気持ちで何事にも率先して取り組み、その中に楽しさや、やりがいを見つけられるようなチャレンジャーでありたいと思っています。  
 後輩のみなさん、大学4年間には、自分の自由になる時間がたっぷりあります。でも、油断しているとあっという間に過ぎてしまいます。卒業時に後悔しないよう、一日一日を大切に過ごしてください。

CLOSE
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY