青山学院大学 AGU NEWS Vol.11
AGUニューズ[2002年3月~4月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)




●卒業生特集
 青学で培った4年間



●21世紀の「全学共通教育」
 構想について聞く

●山手線沿線私立大学
 図書館コンソーシアム

●国際シンポジウム
 「東アジアとフランス」

●ジャン=ジャック
 ・ベネックス監督講演会開催

●国際政治経済学部・経営学部
 共催シンポジウム
 「WTOの現状と今後の展望」

●女子バドミントン部
 2年連続学生王者の座に

●連覇達成の空手道部
 諸岡さん、世界を目指す

●レスリング部3名が
 全日本優勝に輝く



●法学部への転学部制度
 導入について

●青山学院大学 フェスティバル
 in さがみはら開催報告

●2002年度新役職員紹介


●福祉とロボット


●青山学院校友センター
●卒業後の連絡先一覧
●News Index
 Weekly AOYAMAの
 タイトル紹介

●2002年度公開講座
●Club & Circle Information
●オープンキャンパス
 社会人のための
 オープンキャンパス
 相模原新キャンパス説明会

●相模原キャンパス
 ホームページが完成

●スクーンメーカー寮の
 移転について

●相模原キャンパス
 告知用看板について

●2002年度
 一般入学試験出願結果

●第二部スプリング・カレッジ
●シリーズ大学探訪10
 万代順四郎






青山学院公式ホームページ
www.aoyama.ac.jp



報告
タイトル


法学部長・法学研究科長
山崎 敏彦 教授

 法学部は2001年度から、他学部に先駆けて本学他学部からの2年次および3年次への転学部制度を導入することといたしました。大学はかねてより転学部の実施について前向きに取り組むという考え方で一致していましたが、法学部では制度の意義を積極的に認め実施に踏み切りました。
 2001年12月中旬に募集したところ、要項の希望者は80名ほど、実際の志願者も社会科学系学部生だけでなく文学部・理工学部生を含めて数十名あり、学生の強い関心を呼んだものと理解しています。
 要項に記載された転学部の募集内容は、2年次へは募集定員約10名、3年次へは若干名です。出願資格は、本学の法学部以外に在籍する学生で、試験科目は、憲法、英語、面接。なお、出願した年次の修了時に所定の単位数を取得できなかった学生は試験に合格していても受け入れは不可となります。
 転学部の制度は、必ずしもはっきりした目的意識を持たずに入学した後、1年あるいは数年のさまざまな学びの中で法という分野を真剣に学習し、社会に出ていきたいと考える学生に、退学・編入という大きな負担を課さずに、チャンスを与えるということを主眼に導入されたものです。また、法に関心を持ち、法学部に入って学び続けている学生にとっても、他の学問領域に素養を持ちつつ法分野を学びたいという意識を持った学生が入ってくることによって、大きな刺激が与えられることも期待され、法学部教育の活性化にもつながると考えています。これは将来の法科大学院において、法にとっての隣接領域を深く学んだ学生を迎え入れようとしていることとも結びつくことです。
 この制度は、転学部後に法学部1年次の必修科目の履修が求められるため、特に3年次転学部生に4年間では卒業できない可能性があるというリスクを負わせる面があります。また、1・2年次の学習で容易には気づきえない当該学問領域の面白さを見失わさせてしまうことにならないかといった、より本質的な問題を抱えていることも否定できません。しかし、学生に対して、主体的な学びの姿勢を自らに問いかけ、どのように生きていったらよいか考えてみる機会を与えることになることは間違いないと思われます。転学部制度が、こうした意味で、全学的に好ましく展開していくことを希望しています。この4月にはじめて迎え入れる転入学生がどのような学びの姿勢を見せてくれるか、法学部として大いに楽しみです。
●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY