青山学院大学 AGU NEWS Vol.11
AGUニューズ[2002年3月~4月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)




●卒業生特集
 青学で培った4年間



●21世紀の「全学共通教育」
 構想について聞く

●山手線沿線私立大学
 図書館コンソーシアム

●国際シンポジウム
 「東アジアとフランス」

●ジャン=ジャック
 ・ベネックス監督講演会開催

●国際政治経済学部・経営学部
 共催シンポジウム
 「WTOの現状と今後の展望」

●女子バドミントン部
 2年連続学生王者の座に

●連覇達成の空手道部
 諸岡さん、世界を目指す

●レスリング部3名が
 全日本優勝に輝く



●法学部への転学部制度
 導入について

●青山学院大学 フェスティバル
 in さがみはら開催報告

●2002年度新役職員紹介


●福祉とロボット


●青山学院校友センター
●卒業後の連絡先一覧
●News Index
 Weekly AOYAMAの
 タイトル紹介

●2002年度公開講座
●Club & Circle Information
●オープンキャンパス
 社会人のための
 オープンキャンパス
 相模原新キャンパス説明会

●相模原キャンパス
 ホームページが完成

●スクーンメーカー寮の
 移転について

●相模原キャンパス
 告知用看板について

●2002年度
 一般入学試験出願結果

●第二部スプリング・カレッジ
●シリーズ大学探訪10
 万代順四郎






青山学院公式ホームページ
www.aoyama.ac.jp


タイトル


 2001年12月18日(火)~22日(土)の5日間、青山キャンパス総合研究所ビル12階大会議室において、文学部フランス文学科主催による国際シンポジウム「東アジアとフランス~文化の世界システムの中で~」が開催されました。
 内容は、初日は3人の弁士による特別講演「東アジアの近代」、そしてフランス、中国、韓国、台湾、日本の第一人者の方々によるテーマ別の討議、最終日には総括討論「対話の地平へ」というものです。担当者の石崎晴己・文学部フランス文学科教授は、開催の意義を次のように語っています。
 「ヨーロッパ文化のインパクトの中で進んだ東アジアの近代化。日本の近代文学の歴史にフランス文学が果たした役割は一般によく知られていますが、中国や韓国ではどうなのでしょう?今回のシンポジウムでは、各国の研究者が一堂に会することによって東アジアという広域における“フランス”の影響を考察することができました。また、討議の中で、フランスの若手研究者が出家遁世の伝統と文学的個の成立の共通性を論じたり、日本が唯一自力で近代化した多神教文化であることを指摘するなど、西洋からの示唆に富んだ意見も出され、たいへん実りあるシンポジウムになったと思います。今後も2年に一度ぐらいのペースで、開催していきたいと思っています」


●ページのトップへ戻る●

HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY