青山学院大学 AGU NEWS Vol.11
AGUニューズ[2002年3月~4月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)




●卒業生特集
 青学で培った4年間



●21世紀の「全学共通教育」
 構想について聞く

●山手線沿線私立大学
 図書館コンソーシアム

●国際シンポジウム
 「東アジアとフランス」

●ジャン=ジャック
 ・ベネックス監督講演会開催

●国際政治経済学部・経営学部
 共催シンポジウム
 「WTOの現状と今後の展望」

●女子バドミントン部
 2年連続学生王者の座に

●連覇達成の空手道部
 諸岡さん、世界を目指す

●レスリング部3名が
 全日本優勝に輝く



●法学部への転学部制度
 導入について

●青山学院大学 フェスティバル
 in さがみはら開催報告

●2002年度新役職員紹介


●福祉とロボット


●青山学院校友センター
●卒業後の連絡先一覧
●News Index
 Weekly AOYAMAの
 タイトル紹介

●2002年度公開講座
●Club & Circle Information
●オープンキャンパス
 社会人のための
 オープンキャンパス
 相模原新キャンパス説明会

●相模原キャンパス
 ホームページが完成

●スクーンメーカー寮の
 移転について

●相模原キャンパス
 告知用看板について

●2002年度
 一般入学試験出願結果

●第二部スプリング・カレッジ
●シリーズ大学探訪10
 万代順四郎






青山学院公式ホームページ
www.aoyama.ac.jp


タイトル


左から田井さん、脇坂さん

 本学女子バドミントン部は、2001年10月に行われた全日本学生バドミントン選手権大会(インカレ)団体戦において、日本体育大学を下し、見事、2年連続学生王者の座に輝きました。さらに個人戦においてもダブルスで優勝するなど好成績を残し、“女子バドミントンの青学”の名を全国にアピール。昨年は関東学生春季リーグ戦、東日本学生選手権でも優勝を決めており、合わせて三冠を達成したことになります。
 インカレ団体戦優勝の原動力となったのが、個人戦ダブルスでの優勝も決めた田井美幸(文学部日本文学科4年)・脇坂郁(文学部日本文学科2年)ペア。ふたりはパワフルなスマッシュと速攻を武器に学生最強のペアとして君臨し、日本ランキングでも5位に入っています。
 田井さんは石川県出身。小学3年生からバドミントンをはじめ、高校生の時には国体出場や全国優勝を経験。一方、脇坂さんは福岡県出身。小学生の頃に家族と一緒に始めたというバドミントンに本気になったのは高校時代のことだとか。このふたりに学生王者となった「勝因」を聞いてみました。
 「個人戦、団体戦とも『絶対に勝つ』という強い気持ちで試合に臨んだこと」(田井さん)「田井先輩の勝負に対する執念に引っ張られて、人一倍練習したこと」(脇坂さん)
 なお、卒業する田井さんは、4月よりNTT東日本の実業団チームに所属します。学生最強ペアの活躍はもうありませんが、新しい戦力も加え3年連続学生王者を目指す女子バドミントン部の活躍に、2002年度も大いに期待されます。

●ページのトップへ戻る●

HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY