青山学院大学 AGU NEWS Vol.11
AGUニューズ[2002年5月~6月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)




●2002年度一般入学試験


●新入生へのメッセージ
●厚木キャンパスの売却が決定
●相模原新キャンパス建設中


●青山学院大学
 2002年度新役職員紹介

●青山学院大学
 2002年度新任専任教員一覧

●2001年度退職専任教員
●総合研究所研究成果発表状況
●2001年度学位授与式
●2001年度大学院学位授与式
●青山キャンパス
 環境整備について

●学生食堂をリニューアル
●2001年度学生表彰
●2001年度公認会計士試験、
 国家公務員1種試験、司法試験
 合格者を囲む会開催

●工業英検で
 「文部科学大臣奨励賞」受賞

●2001年度
 課外活動を振り返って

●相模原新キャンパス野球場で
 オープニングゲーム

●2001年度 体育会優秀団体・
 選手表彰祝賀会

●Club & Circle Information
●2002年度前期
 青山学院大学公開講座

●News Index


●インターネット犯罪について


●2002年度進学相談会開催日程
●大学紹介パンフレット申込方法
●前期チャペルウィーク
●2002年度オープンキャンパス
●シリーズ大学探訪11
 大木金次郎






青山学院公式ホームページ
www.aoyama.ac.jp


特集

タイトル

タイトル
青山学院大学の2002年度一般入学試験における志願者数は、
昼間部38,937名、第二部2,095名、合計41,032名。
昨年度の志願者数は37,798名で、
昼間部においては、3,298名の大幅増となりました。
今回の特集では、2002年度の志願者増の要因分析と、
2003年度以降も受験生に選ばれる大学であり続けるための
本学の取り組むべき課題について
半田学長にお話をうかがいました。


青山学院大学
学長 半田 正夫
「青学」人気の理由はどこに
 2002年度一般入学試験での志願者数が、4万人の大台に達しました(青山学院大学一般入学試験志願者数推移を見る)。これは1998年度以来4年ぶりのことです。各学部とも順調に志願者数を伸ばしましたが、特に経済学部の大きな伸びは注目に値します。
 昨年夏のオープンキャンパスが一昨年に引き続き大盛況(オープンキャンパス入場者数推移を見る)だったことから、私たちは早くから志願者増への手応えを感じていましたが、これほど多くの受験生が本学を目指してくれたことに、教職員一同、改めて大きな喜びを感じています。まず、オープンキャンパスの企画運営を手がけた広報入試センターのスタッフをはじめ、本学の教育・研究環境のアピールに努力された多くの方々に感謝の気持ちを捧げたいと思います。
 18歳人口が年々減少し(18歳人口の推移を見る)、各大学で志願者確保に苦労している現状の中で、本学が、このように2年連続志願者増を達成できたことは、誇るべきことだと思います。昨年度は文学部心理学科の新設や理工学部の試験日程の組み合わせ変更など、比較的はっきりした志願者増のファクターがありましたが、今回それがなかったにもかかわらず、なぜ多くの受験生が、本学を志望したのでしょうか……私はその要因として、次の3つの“ニュース”が挙げられると思います。


1 理工学部の快挙
 まず、2001年2月に画期的な高温超伝導体「二ホウ化マグネシウム」、同年夏に新しい強磁性体を発見した理工学部秋光純教授の快挙が挙げられるでしょう。わが国の私立大学の理工学部でこうした世界的な発見が行われるのは非常にまれなことであり、本学は大きな脚光を浴びることになりました。その功績により秋光教授は紫綬褒章、朝日賞も受賞しています。また、秋光教授の発見に続くように、理工学部から数々の発見・発明が生まれました。特に理工系の受験生にとって、これらの快挙が本学の教育・研究のクオリティーの高さとして大きくアピールできたのではないでしょうか。

2 相模原新キャンパスへの期待
 2003年4月に相模原新キャンパスの開学が決定したことも、受験生のみなさんにとって大きな魅力と感じられたことと思います。新キャンパスは単なる移転ではなく、「自然との共生」「地域との共生」を掲げた文理融合型キャンパスとして大きな付加価値を持っており、本学の伝統に根ざしながらも、21世紀型の新しい大学として計画されています。その趣旨が受験生のみなさんに広く伝わり理解されたのであれば、これほどうれしいことはありません。

3 専門大学院スタートへの評価
 2001年度にスタートした専門大学院「国際マネジメント研究科」が産業界などから高く評価されたことも、新しい大学教育のあり方に対する本学の積極的な取り組みとして、社会に広く認められたのではないかと思います。今後、経済、経営両学部でも専門大学院設置の動きがありますので、受験生のみならず本学の社会的評価の一層の高まりを期待したいと思います。


2002年度一般入学試験風景

そして、青学は「動き」続ける
 志願者増の理由がこうした本学の教育・研究活動の新しい「動き」、いわば教育機関としての本質が評価され、受験生のみなさんに魅力と感じてもらえたことに、私はとりわけ大きな喜びを感じています。
 青山学院大学は、これからも「動き」続けます。2004年度を目指したロースクール(法科大学院)設置、2006年度を目標とした文理融合型学部の新設をはじめ、第二部を含む既存学部・学科の見直しも検討されつつあります。また、2001年度青山キャンパスのシンボルとして誕生したガウチャー・メモリアル・ホール。さらに、学生食堂の全面改装など、青山キャンパスの環境整備も着々と整いつつあります。学生のスポーツ活動も頑張っています。受験生、在学生、そして卒業生にとっても魅力あるキャンパスであり続けるために、本学がやるべきことはまだまだあります。
■ Page 1・2
●ページのトップへ戻る●

HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY