青山学院大学 AGU NEWS Vol.13
AGUニューズ[2002年7月~9月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)




●私立大学初の専門大学院
 国際マネジメント研究科、
 Next Stageへ

●AGU TOPIC
 1. 2001年度
   就職活動を振り返って

 2. 2002年度教員採用試験報告
 3. 本学大学院への進学について


●経済学部講演会
 ノーベル経済学賞
 受賞者シンポジウム

●青学ベンチャー・ネットワーク
●法学部シンポジウム
 「法科大学院の法曹養成教育」

●ガウチャー記念礼拝堂に
 パイプオルガンが完成

●昼間部・第二部事務部の
 統合について



●袴田教授による
 公開ゼミナール開催

●機械創造工学科竹本教授が
 科学技術奨励賞を受賞

●有職者奨学金制度を新設
●第53回対東北学院大学
 総合定期戦

●清里サマーカレッジ
●「青山学報」が
 200号記念号を発行

●校友会ホームページの開設
●第9回大学同窓祭案内


●News Index
●Club & Circle Information
●2002年度後期
 青山学院大学公開講座



●乳幼児の心の発達を何が支えるか


●2003年度
 一般入学試験日程決定

●進学相談会(後期)日程
●相模原新キャンパス説明会
●相模原新キャンパスPhotograph
●シリーズ大学探訪12
 使徒ヨハネ像






青山学院公式ホームページ
www.aoyama.ac.jp


特集

タイトル

2001年4月、私立大学で初めての
専門大学院としてスタートし、
大きな話題を集めた国際マネジメント研究科。
2003年度より定員を増やし、
同時にプロフェッショナルスクールとしての
教育研究機能を一層グレードアップさせた
「専門職大学院」に向けての改革が行われています。
そこで伊藤文雄研究科長に、国際マネジメント研究科の
「現在とこれから」について、お話をうかがいました。


国際マネジメント研究科長
伊藤 文雄

研究テーマは市場経済システムにおける市場取引のメカニズムの解明。日本商業学会、日本経営学会、日本経済政策学会、Association for Evolutionary Economics(国際学会)所属。文部科学省中央教育審議会専門委員


 国際マネジメント研究科は、2003年度より従来70名だった定員を100名に増員し、専門大学院から「専門職大学院」に“進化”します。
 専門職大学院は、現行の専門大学院の制度をさらに発展させ、修業年限や教育方法、修了要件等の制度を「高度専門職業人養成」という目的に特化した教育システムにしようというもので、本学でも設置を進めている法科大学院(ロースクール)に準じる教育機関といえます。
 本学国際マネジメント研究科では、2003年度より、この専門職大学院としての体制を整えるべく、次の4つの改革を行います。

(1)修士課程修了要件単位増加
   修了要件単位を38単位から48単位に増加します。
(2)教育指導が「コースワーク」に
   「研究指導型」の修了方式を、プロフェッショナルスクールにふさわしい「単位取得型(コースワーク)」に変更します。
(3)教育課程の弾力化
   標準修業年限2年コースに1年制の「エグゼクティブMBAプログラム」、3年制の「長期在学コース」を追加します。そのどちらのニーズにも柔軟に対応できるようになります。
(4)カリキュラムの大幅改訂
   専門分野を「マネジメント」「ファイナンス」「マーケティング」「アカウンティング」「オペレーションとインフォメーションシステム」という5領域に細分化し、科目編成を充実し、学生の学習目的とレベルに合わせた最適な履修が行えます。

 なお、専門職大学院には継続的な第三者評価が義務づけられていますが、私たちはすでに昨年より「専門大学院国際マネジメント専攻修士課程評議委員会」を開催して、この条件をクリアしています。2002年も6月末に第2回評議委員会が開催されました。評価を行う評議委員メンバーは、前回同様、わが国を代表するトップマネジメントおよび世界各国から集まってきたビジネススクール関係者です。
【カリキュラム体系変更表を見る】


グローバルなプロジェクトが続々と登場
 本研究科からは、2003年3月に第一期の修士課程修了者を輩出します。
 職業人としての意識が極めて高い学生を迎え、授業評価などを通して教員サイドの意識もますます高まっています。いわば学生と教員の心がひとつになってきたという自負があります。
 そうした中で、私たち教授陣は国際マネジメント研究科としてやるべき教育プロジェクトを積極的に企画・開発してきました。2002年度実行される主なプロジェクトには以下のようなものがあります。

Global Knowledge Network Seminar
 2002年7月24日(水)~30日(火)にモスクワ大学(ロシア)、復旦大学、東北大学(以上、中国)、高麗大学(韓国)の4大学のビジネス・スクール学生に本学学生を加えたメンバーで、日本経済をテーマにしたセミナーを実施します。マネジメントゲームやスピーチコンテスト、日産自動車の工場見学を行います。
Global Knowledge Network Tour
 2002年8月11日(日)~18日(日)の1週間、中国・上海にある復旦大学に本学学生15名を派遣。現地日系企業・外資系企業の見学、および「文化」「政治システム」「経済開発」「経営環境」をテーマとする講義を受講します。将来的には、この企画をインターンシップに発展させる予定です。
Global Knowledge Network Lecture
 2002年5月よりテレビ会議システムを利用し、国際マネジメント研究科の講座10科目を中国・復旦大学の学生に開放。これに先立ち、4月22日(月)、青山キャンパスグローバルクラスルームにおいて、復旦大学とのテレビ会議システムにより中国側の記者会見の模様が同時中継されました。


復旦大学との記者会見風景


Dr. Don R. Rathz(The College of William and Mary)による講義

Dean's Speaker Series
 トップマネジメントを本学に招いて、学生が直接その話を聞く機会を提供する企画。2002年4月5日(金)、青山キャンパス9号館グローバルクラスルームで、株式会社東芝取締役社長 岡村正氏による“Global Corporate Management and Human Resources”と題した講演会が行われました。講演は、テレビ会議システムにより、中国・復旦大学にも同時中継されました。 次回は9月20日(金)開催。株式会社NTTデータ通信代表取締役社長 青木利晴氏が講演します。


岡村 正氏による講演

機関誌「AMR」創刊とデータベース構築
 国際マネジメント研究科の「知」の成果を、産業界などに発信していくために、独自のメディアの可能性を追求しています。
 まず、2002年4月、国際マネジメント研究科機関誌「AMR(Aoyama Management Review)」を創刊しました。この機関誌は学内や学会のみで通用するものではなく、広くビジネス界の方々にも読んでいただける論文誌として、内容、体裁とも十分吟味した自信作。創刊号の特集は、「グローバル社会における人材育成とビジネススクール」で、執筆陣には本研究科教授陣のほか、小林陽太郎氏[富士ゼロックス(株)会長]、八城政基氏[(株)新生銀行社長]、岡村正氏[(株)東芝社長]といったトップマネジメントも名を連ねています。発売は日経BP出版センターで、全国有名書店にて購入(定価2000円税別)可能。10月に発行する2号では「グローバルマネジメント」を特集します。
 そして、本研究科で行われている講義やDean's Speaker Seriesの講演などをデジタルデータ化し、「Global Lecture DB(データベース)」の構築作業を進めています。なお、このデータベースの一部は、Web上でも公開しています。(http://gldb.gsim.aoyama.ac.jp/)


●クリックでコラムを見る●
国際マネジメント研究科 Other Topics



●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY