青山学院大学 AGU NEWS Vol.13
AGUニューズ[2002年7月~9月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)




●私立大学初の専門大学院
 国際マネジメント研究科、
 Next Stageへ

●AGU TOPIC
 1. 2001年度
   就職活動を振り返って

 2. 2002年度教員採用試験報告
 3. 本学大学院への進学について


●経済学部講演会
 ノーベル経済学賞
 受賞者シンポジウム

●青学ベンチャー・ネットワーク
●法学部シンポジウム
 「法科大学院の法曹養成教育」

●ガウチャー記念礼拝堂に
 パイプオルガンが完成

●昼間部・第二部事務部の
 統合について



●袴田教授による
 公開ゼミナール開催

●機械創造工学科竹本教授が
 科学技術奨励賞を受賞

●有職者奨学金制度を新設
●第53回対東北学院大学
 総合定期戦

●清里サマーカレッジ
●「青山学報」が
 200号記念号を発行

●校友会ホームページの開設
●第9回大学同窓祭案内


●News Index
●Club & Circle Information
●2002年度後期
 青山学院大学公開講座



●乳幼児の心の発達を何が支えるか


●2003年度
 一般入学試験日程決定

●進学相談会(後期)日程
●相模原新キャンパス説明会
●相模原新キャンパスPhotograph
●シリーズ大学探訪12
 使徒ヨハネ像






青山学院公式ホームページ
www.aoyama.ac.jp

インフォメーション
タイトル

 2001年度(2002年3月)の教員免許状取得状況は、表に示したように、昼間部274名、第二部85名、計359名で、2000年度(362名)とほぼ同じであったといえるでしょう。次に、2002年度(2002年4月)教員採用状況は昼間部45名、第二部16名、計61名で、前年度(65名)とほぼ同じ状況でした。免許ごとの採用内訳は、幼稚園8名、小学校29名、中学校では英語9名、国語4名、社会1名、高等学校では英語6名、国語1名、地理歴史2名、数学1名となっています。幼稚園が前年度よりも減少していますが、私立幼稚園の採用決定が時期的に遅いこともあって、採用されても教職課程課に報告していない学生がいるためと考えられます。表に示した数は、学生からの報告があったものに限られていますので、実績はここに示された数を上回っていることは確実でしょう。学生の皆さんには採用されることが決定したら、ぜひ報告をしてほしいと思います。
 さて、2001年度の免許状取得者数、2002年度の教員採用者数ともほぼ前年度と同じであったわけですが、中学校、高等学校のフランス語、社会科関連科目、理科関連科目などの就職はかなり困難な状況にあります。(高等学校の「地理歴史」「公民」は実習先を確保するのも難しくなってきています。)小学校は前年度(25名)よりも増加しましたが、今後も定年等の退職者の急増、少人数学級・複数担任制の導入など、新しい教育の試みが進むことによって、しばらくは採用数の増加傾向は続くと予想されます。小学校教員志望者にはチャンスが広がっているといえるでしょう。
 教職は若い人を育てるというすばらしい職業です。教職につくことを希望する学生は、その意義を自覚し、1年次から計画的に、そして積極的な態度で教員免許状取得のために必要な科目の履修を進めていくことを期待します。

(教職課程主任:庄司順一 文学部教育学科教授 記)





クリックで外部ウィンドウが開きます。


●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY