青山学院大学 AGU NEWS Vol.13
AGUニューズ[2002年7月~9月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)




●私立大学初の専門大学院
 国際マネジメント研究科、
 Next Stageへ

●AGU TOPIC
 1. 2001年度
   就職活動を振り返って

 2. 2002年度教員採用試験報告
 3. 本学大学院への進学について


●経済学部講演会
 ノーベル経済学賞
 受賞者シンポジウム

●青学ベンチャー・ネットワーク
●法学部シンポジウム
 「法科大学院の法曹養成教育」

●ガウチャー記念礼拝堂に
 パイプオルガンが完成

●昼間部・第二部事務部の
 統合について



●袴田教授による
 公開ゼミナール開催

●機械創造工学科竹本教授が
 科学技術奨励賞を受賞

●有職者奨学金制度を新設
●第53回対東北学院大学
 総合定期戦

●清里サマーカレッジ
●「青山学報」が
 200号記念号を発行

●校友会ホームページの開設
●第9回大学同窓祭案内


●News Index
●Club & Circle Information
●2002年度後期
 青山学院大学公開講座



●乳幼児の心の発達を何が支えるか


●2003年度
 一般入学試験日程決定

●進学相談会(後期)日程
●相模原新キャンパス説明会
●相模原新キャンパスPhotograph
●シリーズ大学探訪12
 使徒ヨハネ像






青山学院公式ホームページ
www.aoyama.ac.jp



タイトル

ジョセフ・スティグリッツ
コロンビア大学
ジョセフ・スティグリッツ教授

 経済学部は1999年に創立50周年を迎えたことを機に「経済学部21世紀プロジェクト」を企画し、学部の活動を活性化するとともに、私たちの教育研究における貢献を社会的に公開することとしています。
 2001年度のオックスフォード大学アトキンソン教授を招いたシンポジウムに続いて、2002年度は4月23日(火)にコロンビア大学からジョセフ・スティグリッツ教授をお招きしてシンポジウムを開催しました。
 東アジア通貨金融危機当時、世界銀行のチーフエコノミストとして、その収拾にあたり、強いリーダーシップを発揮したジョセフ・スティグリッツ教授は2001年のノーベル経済学賞を受賞したこともあって、現在、世界中で講演するなど多忙な毎日を送っています。
 経済学部の松下正弘教授とジョセフ・スティグリッツ教授は若い頃からの友人であること、深川由起子助教授が専門分野を通じての親しい交流があることから、今回の招聘が実現したものです。同時通訳をつけたシンポジウムには、学内外の研究者・大学院生に混じって多くの学部学生も参加し、あわせて約250名の盛会となりました。昨年にも増して、参加者の皆様から高い評価を頂くことができました。
 シンポジウムはジョセフ・スティグリッツ教授のキーノート・レクチャーに続いて、経済学部の中川辰洋教授と深川由起子助教授の講演が行われましたが、会場には内外からの著名な研究者が参加していたこともあり、講演に続く質疑応答でも活発な議論が続きました。以上のシンポジウムに関しては経済学部のホームページ(http://www.econ.aoyama.ac.jp/)の「2002 Stiglitz Symposium」にも掲載していますので、ご覧ください。

(経済学部長 美添泰人 記)


●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY