青山学院大学 AGU NEWS Vol.14
AGUニューズ[2002年10月~11月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●文部科学省選定
 「21世紀COEプログラム」の
 研究教育拠点校に決定

●4期目を迎える
 深町院長からのメッセージ

●「e-ラーニング」を
 アジアの大学に配信

●AGU TOPIC
 1. 新しい共通教育システム
   “青山スタンダード”始まる

 2. 青山学院大学法科大学院
   設置計画について


TOPICS
●相模原新キャンパス
 事務組織の骨子が固まる

●日本の私立大学で初めて
 世界標準のERPソフト
 『SAP R/3』のホスティング
 サービスをスタート

●全学院規模で
 ウイルス、ハッカーに「NO!」


報告・お知らせ
●文学部への転学部制度を導入
●2002年度
 給付奨学金・学業奨励賞

●学生食堂と学生ロビーの
 リニューアル
 ―明るく、きれいを目指して―

●国際政治経済学研究科1年
 伊藤丈人君CWAJ奨学生に
 選抜される

●文学部史学科学生が
 実験考古学の試みとして
 「埴輪」製作に参加

●クリスマス・ツリー点火祭
●Club & Circle Information
●2002年度
 「青山祭」を盛り上げよう!

●2002年度
 オープンキャンパス
 ―過去最高の12,800人来場!―


誌上公開講座
●犯罪・非行の原因と
 犯罪者・非行少年の
 処遇について考える


INFORMATION
●相模原新キャンパス説明会
●News Index
●シリーズ大学探訪 メモリアル

HOME






報告

タイトル
 文学部は2003年度から転学部制度を導入することを決定しました。大学はかねてより転学部制度に前向きに取り組む意向を表明しており、それに基づき法学部がすでに2002年度より実施しておりますが、文学部での実施はそれに続くものです。ただし教育学科と第二部教育学科は2003年度の実施は見送り、2004年度よりの実施を予定しています。募集定員は各学科とも若干名、また出願資格は本学他学部の全入学年度入学者、つまりあらゆる学年の在学生、ということで、事実上は定員、資格ともに、考えられる限りもっとも制限の少ない形で実施することになります。
 文学部は今年度(2002年度)より転学科制度を実施しましたが、その主たる趣旨は、入学後に自分が選んだ学科への適性に疑問が生じ、そのために勉学意欲が失われるような場合、あるいは自分が選んだ学科とは異なる学問分野に対してより強い意欲がわいた場合、学生当人の意欲を最大限に尊重して、学科の選択を言わば「やり直す」チャンスを与えようというものですが、転学部制度もその根本趣旨は同じです。転学科制度が文学部内部で選択の「やり直し」を認めるものであったのに対して、転学部制度はその枠を全学に広げるものです。もっともこれは文学部への転学部の制度であり、文学部の学生が他学部に移りたいと思っても、可能性があるのは当面は法学部だけですが、いずれは転学部制度が他の学部にも広がって行くことは大いに期待できるものと思われます。
 文学部のこうした制限の少ない実施形態は、転学部制度の趣旨にもっとも適うものと言うことができるでしょう。これは昨年度、文学部内で転学科制度とともに検討を重ねた末、学生の利益を優先させることが妥当であるとの結論に達したからです。そして今回、転学部制度の実施を決定するとともに、転学科制度についても、出願資格に課されていた制約を撤廃し、すべての学年の在学生に出願資格を認めることにしました。
 転学部制度の導入によって、すでに他学部で学び、他の学問分野の知識体系や方法論の洗礼を受けた、モチヴェーションの高い学生が入って来るでしょう。これにより、文学部に一種カルチャー・ショック的な活性化効果が生まれれば、と期待しております。(文学部長 石崎晴己 記)

出願資格、出願期間等の詳細は入試情報〈転部・転学部・転学科試験〉を参照。

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY