青山学院大学 AGU NEWS Vol.14
AGUニューズ[2002年10月~11月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●文部科学省選定
 「21世紀COEプログラム」の
 研究教育拠点校に決定

●4期目を迎える
 深町院長からのメッセージ

●「e-ラーニング」を
 アジアの大学に配信

●AGU TOPIC
 1. 新しい共通教育システム
   “青山スタンダード”始まる

 2. 青山学院大学法科大学院
   設置計画について


TOPICS
●相模原新キャンパス
 事務組織の骨子が固まる

●日本の私立大学で初めて
 世界標準のERPソフト
 『SAP R/3』のホスティング
 サービスをスタート

●全学院規模で
 ウイルス、ハッカーに「NO!」


報告・お知らせ
●文学部への転学部制度を導入
●2002年度
 給付奨学金・学業奨励賞

●学生食堂と学生ロビーの
 リニューアル
 ―明るく、きれいを目指して―

●国際政治経済学研究科1年
 伊藤丈人君CWAJ奨学生に
 選抜される

●文学部史学科学生が
 実験考古学の試みとして
 「埴輪」製作に参加

●クリスマス・ツリー点火祭
●Club & Circle Information
●2002年度
 「青山祭」を盛り上げよう!

●2002年度
 オープンキャンパス
 ―過去最高の12,800人来場!―


誌上公開講座
●犯罪・非行の原因と
 犯罪者・非行少年の
 処遇について考える


INFORMATION
●相模原新キャンパス説明会
●News Index
●シリーズ大学探訪 メモリアル

HOME






報告

タイトル
伊藤丈人

 5月22日(水)、東京アメリカンクラブで開催された国際ボランティア団体・CWAJ(College Women's Association of Japan)主催の月例昼食会で、本学大学院国際政治経済学研究科国際政治学専攻修士課程1年生の伊藤丈人君が奨学生として紹介されました。
 1949年に発足したCWAJは、国内外の学生および教育・文化の分野で働く人々を対象に、学問的に優れ、将来社会に貢献できる人材を選抜、各種奨学金を支給している団体です。1972年より海外に留学する女子留学生のほか、在日外国人大学・大学院女子留学生など、女性を対象にしている奨学金制度を確立し、1978年からは男女を問わず視覚障害学生にも奨学金の授与を行っています。
 2002年度CWAJ奨学生は、210名の応募者の中から10名が選抜されました。本学学生がこの奨学金制度に選抜されたのは今回が初めてのことです。そこで伊藤君に学問に対する思いを中心にお話を聞いてみました。

──今回、CWAJ奨学生に選ばれた感想を聞かせてください。
伊藤  私は学問を続けていくために、さまざまな奨学金にトライしてきました。今回選ばれたCWAJ奨学生は特に難関だったので本当にうれしいです。
──本学で学ぶに当たって視覚障害者としてのハンディを感じることはありますか。
伊藤  学部時代から、青山学院大学にはテキストの点字化、パソコン貸与やティーチングアシスタント、試験時間の延長など、さまざまな配慮をしていただいています。また、音声読み上げパソコンや点字の電子手帳など、現在は視覚障害者のためのさまざまな機器がありますので、なんとか支障無く学問に取り組んでいます。ただ、研究のためには多くの資料を読まなくてはなりませんが、点字の性格上、斜め読みや要点読みが難しいことがハンディといえば、ハンディといえるかもしれません。
──なぜ「国際関係論」を専攻しているのですか?
伊藤  学部に入学する以前から、専攻分野は決まっていたんです。私が小学生から中学生にかけての頃、ベルリンの壁崩壊、冷戦終結、湾岸戦争……と世界は激動の時代を迎えていました。おそらくそれらが私の原点だと思います。現在は、京都議定書など、地球環境問題にかかわる国際協定に大きな関心を抱いています。国際紛争などのテーマより、「どのように世界を良くするか」というポジティブなテーマの方が、自分としては研究に対するインセンティブを持ちやすいんです。修士課程修了後は、博士課程に進みたいと思っています。将来の夢? もちろん研究者になることです。
──研究者をめざすにあたって、今後の課題はありますか?
伊藤  今までは文献資料を中心とした研究でしたが、より幅広い研究手法にトライしていきたい。たとえばさまざまな人々のインタビューや統計データの分析などですね。やはり、国際関係という学問にとって現実を知ることは、とても大切だと思いますから。研究者になることは決して簡単なことではありませんが、悔いの残らないよう頑張りたいと思っています。

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY