青山学院大学 AGU NEWS Vol.14
AGUニューズ[2002年10月~11月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●文部科学省選定
 「21世紀COEプログラム」の
 研究教育拠点校に決定

●4期目を迎える
 深町院長からのメッセージ

●「e-ラーニング」を
 アジアの大学に配信

●AGU TOPIC
 1. 新しい共通教育システム
   “青山スタンダード”始まる

 2. 青山学院大学法科大学院
   設置計画について


TOPICS
●相模原新キャンパス
 事務組織の骨子が固まる

●日本の私立大学で初めて
 世界標準のERPソフト
 『SAP R/3』のホスティング
 サービスをスタート

●全学院規模で
 ウイルス、ハッカーに「NO!」


報告・お知らせ
●文学部への転学部制度を導入
●2002年度
 給付奨学金・学業奨励賞

●学生食堂と学生ロビーの
 リニューアル
 ―明るく、きれいを目指して―

●国際政治経済学研究科1年
 伊藤丈人君CWAJ奨学生に
 選抜される

●文学部史学科学生が
 実験考古学の試みとして
 「埴輪」製作に参加

●クリスマス・ツリー点火祭
●Club & Circle Information
●2002年度
 「青山祭」を盛り上げよう!

●2002年度
 オープンキャンパス
 ―過去最高の12,800人来場!―


誌上公開講座
●犯罪・非行の原因と
 犯罪者・非行少年の
 処遇について考える


INFORMATION
●相模原新キャンパス説明会
●News Index
●シリーズ大学探訪 メモリアル

HOME






報告

タイトル
和田・藤巻
左・和田伸哉君 右・藤巻善人君

 埴輪を現代人が製作することで、古代人がどのようにして埴輪に見られるさまざまな特徴を生み出していったかを明らかにしよう……2002年6月、そんなユニークな試みがスタートしました。これは実物と模倣埴輪の比較を行う実験考古学の試みで、東京都内9大学の約50名の学生が参加。本学からも山口正憲助手(文学部史学科)が率いる学生4名が参加しました。学生たちは、群馬県・保渡田八幡塚古墳から出土した円筒埴輪を手本として、古墳の近くにある群馬県群馬町「かみつけの里博物館」で製作作業を行いました。そこで、この新しい考古学の試みに参加した学生2名に埴輪製作体験について聞いてみました。

●和田伸哉君(文学部史学科4年)
 「見るのと、作るのはまったく違う」これが正直な感想です。作り方を試行錯誤する過程で、古代人たちの生活観や、実際に製作にあたった埴輪工人たちのプロとしての姿勢などについて、さまざまな発見がありました。古代考古学を専攻している者として、このようなチャンスを与えられたことに感謝しています。また、同じ歴史を学ぶ他大学の学生たちとの交流も、大変有意義でした。

●藤巻善人君(文学部史学科4年)
 僕は日本の中世を研究対象とする文学部史学科手塚直樹教授のゼミで学んでいますが、古墳時代の埴輪や土器にも興味があったので、今回の試みに参加。埴輪を製作するのは、手間こそかかりますが意外と簡単で、製作技術が他地域に伝播しやすいのではと思いました。古代人はかなり早いスピードで埴輪を量産していたようですが、当時の人々の製作方法、またどのような目的で何千本もの埴輪(保渡田八幡塚古墳の場合)を製作したのかなど、興味は尽きません。

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY