青山学院大学 AGU NEWS Vol.14
AGUニューズ[2002年10月~11月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●文部科学省選定
 「21世紀COEプログラム」の
 研究教育拠点校に決定

●4期目を迎える
 深町院長からのメッセージ

●「e-ラーニング」を
 アジアの大学に配信

●AGU TOPIC
 1. 新しい共通教育システム
   “青山スタンダード”始まる

 2. 青山学院大学法科大学院
   設置計画について


TOPICS
●相模原新キャンパス
 事務組織の骨子が固まる

●日本の私立大学で初めて
 世界標準のERPソフト
 『SAP R/3』のホスティング
 サービスをスタート

●全学院規模で
 ウイルス、ハッカーに「NO!」


報告・お知らせ
●文学部への転学部制度を導入
●2002年度
 給付奨学金・学業奨励賞

●学生食堂と学生ロビーの
 リニューアル
 ―明るく、きれいを目指して―

●国際政治経済学研究科1年
 伊藤丈人君CWAJ奨学生に
 選抜される

●文学部史学科学生が
 実験考古学の試みとして
 「埴輪」製作に参加

●クリスマス・ツリー点火祭
●Club & Circle Information
●2002年度
 「青山祭」を盛り上げよう!

●2002年度
 オープンキャンパス
 ―過去最高の12,800人来場!―


誌上公開講座
●犯罪・非行の原因と
 犯罪者・非行少年の
 処遇について考える


INFORMATION
●相模原新キャンパス説明会
●News Index
●シリーズ大学探訪 メモリアル

HOME




特集

タイトル




学長 半田 正夫 私学としての快挙に大きな誇りを感じています。
学長 半田 正夫

 この度、文部科学省が大学の研究教育拠点を選抜して重点的に支援を行う「21世紀COEプログラム」(旧称トップ30)、化学・材料科学分野で本学「理工学部附置先端技術研究開発センター・理工学研究科」等で行われている研究プロジェクトが、選定されました。この研究プロジェクトでは、2001年、新しい高温超伝導体を発見し全世界の研究者を驚かせた秋光純教授をはじめとする教員によって、世界をリードする数々の創造的な研究が展開されています。
 今回、選定された研究教育拠点の多くは旧帝大をはじめとする国立大学が占めています。こうした最先端研究の分野において、私立大学は研究環境面でさまざまなハンディを抱えていると言われています。しかし、そうしたハンディを嘆いているだけでは進歩はありません。私立大学には、各大学の個性を発揮した自由な研究活動が行えるという点で、大きなアドバンテージがあります。
 今回文部科学省が推進する「21世紀COEプログラム」研究教育拠点校に選定されたことは、本学の誇りとなるだけでなく、私立大学全体として大きな励みとなったはずです。
 さて、2003年度の相模原キャンパス開学を機に、本学はソフト&ハードの両面で研究教育体制を「高度情報化」「国際化」をキーワードとしてさらに充実させ、世界的研究拠点の重点的整備を図っていきます。今回の快挙に決して驕ることなく、「私学でもやろうと思えばできる」ということを各学問領域でこれからも示していくつもりです。そして、そうした最先端の研究教育の成果を積極的に社会や企業に還元していくことで、大学としての社会的責務を果たしていきたいと考えております。 

CONTENTS


【1】
理工学部長 理工学研究課長 魚住 清彦
人類最大の課題であるエネルギー・環境問題を解決するための
世界的研究教育拠点の整備に力を注いでいます。

【2002年度CAT研究プロジェクト一覧】
【2】
CLOSE-UP

秋光 純/中田 時夫/澤邊 厚仁
「エネルギー効率化のための機能性材料の創製」に関わる
多数の研究者のうち、3名の研究実績とプロフィールを紹介します。

【3】
21世紀COEプログラム
個性輝く大学づくり、そしてそれによるわが国の国際競争力の向上を目指し、
今年度からスタートした文部科学省による国家プロジェクトです。

【21世紀COEプログラム申請状況をみる】

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY