青山学院大学 AGU NEWS Vol.14
AGUニューズ[2002年10月~11月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●文部科学省選定
 「21世紀COEプログラム」の
 研究教育拠点校に決定

●4期目を迎える
 深町院長からのメッセージ

●「e-ラーニング」を
 アジアの大学に配信

●AGU TOPIC
 1. 新しい共通教育システム
   “青山スタンダード”始まる

 2. 青山学院大学法科大学院
   設置計画について


TOPICS
●相模原新キャンパス
 事務組織の骨子が固まる

●日本の私立大学で初めて
 世界標準のERPソフト
 『SAP R/3』のホスティング
 サービスをスタート

●全学院規模で
 ウイルス、ハッカーに「NO!」


報告・お知らせ
●文学部への転学部制度を導入
●2002年度
 給付奨学金・学業奨励賞

●学生食堂と学生ロビーの
 リニューアル
 ―明るく、きれいを目指して―

●国際政治経済学研究科1年
 伊藤丈人君CWAJ奨学生に
 選抜される

●文学部史学科学生が
 実験考古学の試みとして
 「埴輪」製作に参加

●クリスマス・ツリー点火祭
●Club & Circle Information
●2002年度
 「青山祭」を盛り上げよう!

●2002年度
 オープンキャンパス
 ―過去最高の12,800人来場!―


誌上公開講座
●犯罪・非行の原因と
 犯罪者・非行少年の
 処遇について考える


INFORMATION
●相模原新キャンパス説明会
●News Index
●シリーズ大学探訪 メモリアル

HOME




特集
タイトル_s
ページリンク 【1】 【2】 【3】 【この特集のTopへ】
理工学部長 理工学研究課長 魚住 清彦 人類最大の課題であるエネルギー・環境問題を~
【2002年度CAT研究プロジェクト一覧をみる】
理工学部長・理工学研究科長/魚住 清彦

 現代の社会生活と経済活動は、大量のエネルギー消費に支えられています。しかし、これが原因で地球環境の悪化や化石資源の枯渇などを招き、それらは人類が直面する最重要課題となっています。そしてこうした深刻な課題を解決することが、私たち科学者の使命といえるでしょう。
 青山学院大学理工学部では、文部省(現文部科学省)私立大学ハイテク・リサーチ・センター整備事業により、1997年度「理工学部附置先端技術研究開発センター(CAT)」を発足させ、「エネルギー高効率化のための機能性材料の開発および評価」をテーマとする研究プロジェクトを、各分野の最先端をいく研究者を集結してスタートさせました。
理工学部長 理工学研究課長/魚住 清彦
記者会見において研究計画について説明する秋光純理工学部物理学科教授
 このプロジェクトでは、これまでに「次世代の超伝導材料として期待されている金属系高温超伝導体MgB2(ニホウ化マグネシウム)の発見」「世界最高のエネルギー変換効率を実現したCIGS系薄膜太陽電池の開発」「世界最高品質のエピタキシャルダイヤモンド薄膜作製法の確立」など、世界をリードする数々の研究成果をあげてきました。今回、文部科学省から「21世紀COEプログラム」研究教育拠点に選定され、また、相模原キャンパス移転に伴う教育研究環境の整備によって、今後、さらに多くの社会に有用な研究成果を得られるものと確信しています。そして、こうした世界最高水準の研究に多数の学生たちが参画することによって、教育面での活性化も図っていくつもりです。理工学部を志望する受験生は、どうか大きな夢を抱いて本学に入学していただきたいと思います。
ページリンク 【1】 【2】 【3】 【この特集のTopへ】
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY