青山学院大学 AGU NEWS Vol.14
AGUニューズ[2002年10月~11月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●文部科学省選定
 「21世紀COEプログラム」の
 研究教育拠点校に決定

●4期目を迎える
 深町院長からのメッセージ

●「e-ラーニング」を
 アジアの大学に配信

●AGU TOPIC
 1. 新しい共通教育システム
   “青山スタンダード”始まる

 2. 青山学院大学法科大学院
   設置計画について


TOPICS
●相模原新キャンパス
 事務組織の骨子が固まる

●日本の私立大学で初めて
 世界標準のERPソフト
 『SAP R/3』のホスティング
 サービスをスタート

●全学院規模で
 ウイルス、ハッカーに「NO!」


報告・お知らせ
●文学部への転学部制度を導入
●2002年度
 給付奨学金・学業奨励賞

●学生食堂と学生ロビーの
 リニューアル
 ―明るく、きれいを目指して―

●国際政治経済学研究科1年
 伊藤丈人君CWAJ奨学生に
 選抜される

●文学部史学科学生が
 実験考古学の試みとして
 「埴輪」製作に参加

●クリスマス・ツリー点火祭
●Club & Circle Information
●2002年度
 「青山祭」を盛り上げよう!

●2002年度
 オープンキャンパス
 ―過去最高の12,800人来場!―


誌上公開講座
●犯罪・非行の原因と
 犯罪者・非行少年の
 処遇について考える


INFORMATION
●相模原新キャンパス説明会
●News Index
●シリーズ大学探訪 メモリアル

HOME




特集
タイトル_s
ページリンク 【1】 【2】 【3】 【この特集のTopへ】

close up
理工学部物理学科教授/秋光 純     
理工学部電気電子工学科教授/澤邊 厚仁 
理工学部電気電子工学科助教授/中田 時夫

理工学部物理学科教授/秋光 純

 専門分野は、固体物理(超伝導・磁性)。2001年2月に、秋光教授らが発見した高温超伝導体「MgB2(ニホウ化マグネシウム)」は世界中に大きなセンセーションを巻き起こしました。また、2001年夏には新しい強磁性体「CaB2C2(カルシウム・ボロカーバイド)」をも発見し、これらの研究業績によって、紫綬褒章、朝日賞を受賞。
理工学部物理学科教授/秋光 純
 超伝導とは、ある温度(臨界温度)以下で電気抵抗が完全になくなる現象のこと。たとえば、超伝導体を送電線などに利用すれば貴重な電気資源をムダなく送ることができます。日本で現在、実用化が図られているリニアモーターカーも超伝導を使って高速運行を実験中です。さらに現在は実現されていない電気の貯蔵やコンピュータ素子への利用も期待されています。高温超伝導体「MgB2」は、今後の実用化に大きな期待がもたれており、本プロジェクトでの研究成果に世界が注目しています。
●ページTopへ
理工学部電気電子工学科教授/澤邊 厚仁

 専門分野は、結晶工学(薄膜・磁気デバイス)。澤邊教授は、株式会社東芝の研究員として長年活躍してきた経歴を持ち、東芝在籍中に「HDD(ハードディスクドライブ)の大容量化を実現する巨大磁気抵抗効果型磁気ヘッド」を開発。
 2001年度、科学技術の向上や産業振興を目指した全国発明表彰(主催・社団法人発明協会、後援・朝日新聞社、文部科学省、経済産業省、特許庁など)のうち、特に功績が大きい発明者に贈られる恩賜発明賞を他の5名の研究者と共に受賞しています。本プロジェクトでは21世紀におけるエネルギーおよび情報通信システムのキーコンポーネントを構成する材料として注目を集めている高品質・大面積エピタキシャルダイヤモンドの作製と電子素子への応用に関する研究と取り組み、その成果は世界から注目されています。
●ページTopへ
理工学部電気電子工学科助教授/中田 時夫

 専門分野は半導体工学。現在、エネルギーや地球環境の観点から、太陽光発電の本格的な導入が期待されています。しかし、その本格的普及のためにはコストの低減が急務となっています。
 中田助教授の研究で取り上げるCu(In,Ga)Se2(CIGS)系薄膜太陽電池は次世代の低コスト太陽電池として位置付けられ、現在、その実用化のためにさらなる高効率化を追究。高品質CIGS薄膜の形成と界面制御を中心とした要素技術開発を行い、安価なガラス基板上で多結晶シリコン並みの光電変換効率を得ることを目的とした研究が進められ、その成果は世界最高水準にあります。なお、これまでの研究業績に対して、小平賞(1999)、電気学術振興賞(進歩賞)(1999)が贈られています。
●ページTopへ
ページリンク 【1】 【2】 【3】 【この特集のTopへ】
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY