青山学院大学 AGU NEWS Vol.14
AGUニューズ[2002年10月~11月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●文部科学省選定
 「21世紀COEプログラム」の
 研究教育拠点校に決定

●4期目を迎える
 深町院長からのメッセージ

●「e-ラーニング」を
 アジアの大学に配信

●AGU TOPIC
 1. 新しい共通教育システム
   “青山スタンダード”始まる

 2. 青山学院大学法科大学院
   設置計画について


TOPICS
●相模原新キャンパス
 事務組織の骨子が固まる

●日本の私立大学で初めて
 世界標準のERPソフト
 『SAP R/3』のホスティング
 サービスをスタート

●全学院規模で
 ウイルス、ハッカーに「NO!」


報告・お知らせ
●文学部への転学部制度を導入
●2002年度
 給付奨学金・学業奨励賞

●学生食堂と学生ロビーの
 リニューアル
 ―明るく、きれいを目指して―

●国際政治経済学研究科1年
 伊藤丈人君CWAJ奨学生に
 選抜される

●文学部史学科学生が
 実験考古学の試みとして
 「埴輪」製作に参加

●クリスマス・ツリー点火祭
●Club & Circle Information
●2002年度
 「青山祭」を盛り上げよう!

●2002年度
 オープンキャンパス
 ―過去最高の12,800人来場!―


誌上公開講座
●犯罪・非行の原因と
 犯罪者・非行少年の
 処遇について考える


INFORMATION
●相模原新キャンパス説明会
●News Index
●シリーズ大学探訪 メモリアル

HOME




特集

タイトル

深町 正信
院長
深町 正信

去る7月31日の任期満了とともに
再任が決定した深町院長に、
大学を中心とした青山学院の現在、
そして将来について語っていただきました。


 私が初めて院長に就任したのは1990年(平成2年)でした。青山学院“中興の祖”ともいえる大木金次郎前院長の後を受けてのことでした。以来、3期12年、予想外の長期間にわたりこの大任に当たってまいりましたが、実は4期目となる今回は、当初、辞退するつもりでした。組織人として固定化するとその中での緊張関係が薄れ、さまざまな弊害が生まれてくると考えたからです。また、今日は変化の激しい時代ですから、私よりもっと若い世代の人が立つべきだとも考えました。しかし、現在、第2次青山学院将来構想委員会が、精力的に学院改革のマスタープラン作成に取り組んでおり、今年度中にはプランをまとめあげようという最中にあります。こうした変革への取り組みの途上でもあり、理事会の決議と羽坂勇司理事長より頑張ってほしいとの激励の言葉をいただき、4期目を務めることを決心致しました。お引き受けした以上は、諸問題に全力で取り組み、できるだけ良い形で次の代にバトンタッチできるよう務めていきたいと考えています。



 さて、大学におけるもっとも大きな改革が、2003年4月の相模原キャンパス開学です。これは青山学院の歴史の中で屈指の大事業であり、学院全体でバックアップしていこうという機運も高まっています。特に青山学院大学を日本一の大学にしたいという半田正夫学長を中心に、大学教職員の方々は文字通り一丸となって新キャンパス開学のために取り組んでこられました。その熱意に、あらためて敬意と感謝の意を表したいと思います。新キャンパスの建設工事は、地元の方々のご協力もあり、万事、順調に進んでいます。今後は文理融合型の新学部の設立も検討されています。まさに“神の恵み、導き”の中で、新しい青山学院の道が開かれていると感じます。
 新キャンパスの建設と並行して、西澤副学長を中心とした「共通教育のあり方検討委員会」では、AGUニューズ紙上でも紹介されていたとおり“青山スタンダード”と称されている全学共通科目の改訂作業が着々と進められております。この“青山スタンダード”は、キリスト教信仰に基づいた全人的な人間教育、そして時代に応じた専門教育を展開してきた青山学院の128年の歴史を踏まえ、21世紀の新しい“知”を提案するものです。青山学院大学の卒業生は、他大学にない個性を持ち、社会の中で「何が良いものか・何が悪いものか」が判断できる、いわば“魂のエリート”ともいえる聖く高い倫理観を持った人間となってほしい。在学中にキリスト教的な考え方に触れることによって、国内だけでなく、グローバルに通用する若者が多く生まれることを期待しています。

深町 正信
 2004年度に開設を予定している法科大学院(ロースクール)、さらに第二部(夜間部)の改革についても、キリスト教の価値観を教育の柱に据えている青山学院の個性を十分に発揮したものになっていくでしょう。
 こうした学院改革に携わりながら、私は人間、そして組織にとって、「夢」を持つことの大切さを、あらためて感じます。聖書に「幻(VISION)なき民は滅びる」という言葉があります。一人ひとりが大学生活への夢を持ち、それを実現するためにみんなで力を合わせて取り組んでいくことが、新しい時代の青山学院を生み出していく原動力になります。そして、青山学院の教育の原点となるのが礼拝でありましょう。近年、大学・短大とも学生の礼拝参加者が増えている傾向が見られます。この事実は今の学生たちがそれぞれの生きる意味を真剣に模索していることの証しであると思います。学生だけでなく、ぜひ教職員の方々も積極的に礼拝に参加されて、聖書の言葉に触れ、真理に出会い、各教育現場で生かしていただければと強く願っています。
 12年前の初就任時にも申しましたが、私は院長の職務“パートナーシップ”を大切に遂行していきたいと思っております。すなわち大学執行部、各学部長、そして事務セクションのリーダーのみなさんにそれぞれの責任を果たす仕事をしていただいて、それをモデレート(調整)し、充実に努めること……これからの4年もそういう考え方に立ち、学院全体のパートナーシップを形成していくために努力していくつもりです。また、学院改革への姿勢として、神学者ラインホールド・ニーバーの次の言葉を、私は日々の祈りとしています。

門柱 「主よ、変えることのできるものについて、それを変えるだけの勇気を我らに与えたまえ。変えることのできないものについては、それを受け入れるだけの冷静さを与えたまえ。そして変えることのできるものと、変えることのできないものとを識別する知恵を与えたまえ」
 今日、多くの人々が愛するこの言葉を、あらためて青山学院に関わるすべての人々とともに大切にしたいと思います。

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY