青山学院大学 AGU NEWS Vol.14
AGUニューズ[2002年10月~11月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●文部科学省選定
 「21世紀COEプログラム」の
 研究教育拠点校に決定

●4期目を迎える
 深町院長からのメッセージ

●「e-ラーニング」を
 アジアの大学に配信

●AGU TOPIC
 1. 新しい共通教育システム
   “青山スタンダード”始まる

 2. 青山学院大学法科大学院
   設置計画について


TOPICS
●相模原新キャンパス
 事務組織の骨子が固まる

●日本の私立大学で初めて
 世界標準のERPソフト
 『SAP R/3』のホスティング
 サービスをスタート

●全学院規模で
 ウイルス、ハッカーに「NO!」


報告・お知らせ
●文学部への転学部制度を導入
●2002年度
 給付奨学金・学業奨励賞

●学生食堂と学生ロビーの
 リニューアル
 ―明るく、きれいを目指して―

●国際政治経済学研究科1年
 伊藤丈人君CWAJ奨学生に
 選抜される

●文学部史学科学生が
 実験考古学の試みとして
 「埴輪」製作に参加

●クリスマス・ツリー点火祭
●Club & Circle Information
●2002年度
 「青山祭」を盛り上げよう!

●2002年度
 オープンキャンパス
 ―過去最高の12,800人来場!―


誌上公開講座
●犯罪・非行の原因と
 犯罪者・非行少年の
 処遇について考える


INFORMATION
●相模原新キャンパス説明会
●News Index
●シリーズ大学探訪 メモリアル

HOME




インフォメーション
タイトル
西澤宗英
共通教育のあり方
検討委員会委員長
副学長(学務・学生担当)

西澤宗英
堀場勇夫
共通教育のあり方
検討委員会副委員長
経済学部教授

堀場勇夫

2003年4月、相模原キャンパス開学と同時に、
新しい共通教育システム「青山スタンダード」がスタート!
今回は、その検討作業に主導的な役割を果たしてきた
西澤宗英副学長と堀場勇夫経済学部教授にお話をうかがい、
他大学にない画期的な教育プログラム「青山スタンダード」
考え方と特色などについてまとめてみました。

タイトル
 「およそ青山学院大学の卒業生であれば、どの学部・学科を卒業したかにかかわりなく、一定の水準の技術・能力と一定の範囲の知識・教養を持っていると社会的に評価される学生を輩出すること」……そのコンセプトを具体化した「青山スタンダード科目」の枠組みを、具体化させることができました。この「青山スタンダード科目」は、以下に紹介する「フレッシャーズ・セミナー」「コア科目」「テーマ別科目」の3つに大別されます。
●フレッシャーズセミナー
 入学したばかりのフレッシャーズ(1年生)を対象にしたゼミ形式の授業です。1人の担当教員のもと、さまざまな学部の学生で構成された少人数クラス(約20名)で行われ、専門以外の学問に対する広い視野を形成するほか、自分の意見を的確に相手に伝えるための自己表現能力の育成も図ります。また、セミナーでは教員やさまざまなバックグラウンドを持つ学生同士のコミュニケーションを通して、大学で学ぶ面白さを存分に感じてほしいと思っています。
●コア科目
 学部・学科を問わず青山学院大学で学ぶすべての学生の基本的な教養や、外国語・情報などの基本スキルのコア(核)を形成するための科目で、「教養コア」「技能コア」に分かれています。  「教養コア」は、青山学院大学のバックボーンへの理解を深める「キリスト教理解関連科目」のほか、「人間理解関連科目」「社会理解関連科目」「自然理解関連科目」、そして「歴史理解関連科目」の5領域で構成しました。いずれも複数の教員がリレー方式でひとつの講義を分担する「総合科目」を設置します。たとえば、「環境」というテーマに対し、経済学部、法学部など異なる学部の教員がチームを組み、学問分野の枠組みを越えた広い視点からの授業を展開します。
 これらの科目は、従来の大学の一般教養科目とはまったくコンセプトが異なり、学問分野の知識を増やすことを学習目標にしていません。授業のテーマに対する幅広い視点からの理解を通して、社会とそこに生きる人間、そして自分を探求・発見することを主眼として行われます。「人間」「社会」「自然」の各領域に関しては、学問の横の広がりを意識し、「歴史」理解に関連する科目で歴史観という縦(時間軸)の広がりを加え、学生がダイナミックかつ多元的な教養を修得することを目指します。
 「技能コア」は、外国語能力等の「言葉の技能」、情報処理等の「情報の技能」、スポーツ等の「身体の技能」で構成され、それぞれのスキル向上を図る科目です。
 外国語教育に関してはグローバル言語である英語に関して全学的な教育プログラムを編成し、フランス語・ドイツ語・スペイン語・中国語・ロシア語・韓国語についても、多種類の教育プログラムが用意されています。
 外国語能力とともに、情報収集・処理能力も、大学での学習、さらに社会で活躍するために欠かせません。ここでは、学生の習熟度に応じてステップアップ形式(教習所方式)で学べるよう配慮しています。短期集中の講習会形式の授業も含め、必要最低限の情報リテラシーから、自己表現のツールとしてのコミュニケーション能力やプレゼンテーション能力が高められる科目まで幅広く設置しています。
●テーマ別科目
 教養コア各領域(キリスト教・人間・社会・自然・歴史)、技能コア各領域をすべて含んでおり、これらのコア科目で学んだ教養・技能の発展・グレードアップを図る科目です。今日的なトピックを積極的に取り入れていることも特色といえるでしょう。また、言語学習と同時に、それぞれの国、地域の社会や文化についての理解も深め、真の異文化コミュニケーション能力の養成を図っています。同時に、各学部・学科の専門領域の導入教育に有機的につなげることで、所属学部の専門学習と全学共通の「青山スタンダード」の間に“段差”や“壁”を作らずに学べる教育システムを作り上げました。

タイトル
  「青山スタンダード」は、単なるカリキュラム改訂ではありません。科目を評価するシステムや、運営組織の設置、さらにメディアセンターなど学内支援体制を含め、全学的な抜本的教育改革となっていくものです。
 実施にあたっては、昨年より約100名の教員と約30名の事務職員が、検討作業を続けてきました。特に30~40代の若い世代の教職員の方々が、実に意欲的に議論に参加していただいたことで、検討作業が非常に実りのあるものになったと思います。
 また異なる学問分野の先生がチームを組んで行う総合科目に関しては、多くの教員から「あの先生と一緒に授業をやってみたい」との申し出をいただき、予想以上に充実した講座ラインナップになりそうです。こうした成立に至るまでの過程において、私たちは青山学院大学の自由闊達なスクールカラーを改めて実感し、「この大学だからこそ、こうした画期的な教育プログラムが実現できる」という確信を深めることができました。
 今後も、2003年度入学者の意見に十分耳を傾けながら、「青山スタンダード」各科目の見直しや新しい科目の開発を継続的に行っていきたいと考えています。

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY