青山学院大学 AGU NEWS Vol.14
AGUニューズ[2002年10月~11月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●文部科学省選定
 「21世紀COEプログラム」の
 研究教育拠点校に決定

●4期目を迎える
 深町院長からのメッセージ

●「e-ラーニング」を
 アジアの大学に配信

●AGU TOPIC
 1. 新しい共通教育システム
   “青山スタンダード”始まる

 2. 青山学院大学法科大学院
   設置計画について


TOPICS
●相模原新キャンパス
 事務組織の骨子が固まる

●日本の私立大学で初めて
 世界標準のERPソフト
 『SAP R/3』のホスティング
 サービスをスタート

●全学院規模で
 ウイルス、ハッカーに「NO!」


報告・お知らせ
●文学部への転学部制度を導入
●2002年度
 給付奨学金・学業奨励賞

●学生食堂と学生ロビーの
 リニューアル
 ―明るく、きれいを目指して―

●国際政治経済学研究科1年
 伊藤丈人君CWAJ奨学生に
 選抜される

●文学部史学科学生が
 実験考古学の試みとして
 「埴輪」製作に参加

●クリスマス・ツリー点火祭
●Club & Circle Information
●2002年度
 「青山祭」を盛り上げよう!

●2002年度
 オープンキャンパス
 ―過去最高の12,800人来場!―


誌上公開講座
●犯罪・非行の原因と
 犯罪者・非行少年の
 処遇について考える


INFORMATION
●相模原新キャンパス説明会
●News Index
●シリーズ大学探訪 メモリアル

HOME




TOPICS

タイトル
宗像 知機
大学事務局長
宗像 知機

 「21世紀における魅力ある新キャンパスの実現」を目指し、新校地基本計画委員会のワーキンググループで検討してきた新キャンパスの事務組織の骨子が、別表の通り決定しました。
 そこで、新事務組織決定までの検討作業に深く関わった宗像知機大学事務局長に、新しい事務組織の基本的な考え方や特色についてうかがってみました。

──相模原キャンパスに新しく設けられる事務組織は、どのような考え方で検討してきたのですか。
宗像 「新しいぶどう酒は新しい革袋に入れねばならない」(ルカによる福音書第5章38節)。この聖書の言葉は、青山学院2002年度の標語です。相模原新キャンパスにおける事務組織・機構づくりは、まさにこの新しい革袋を創造することであり、私たちは既成概念にとらわれず、まったく新しい発想で今回の組織改革に挑みました。
 半田学長が所信表明で掲げられた「社会に開かれた大学」「明るい大学」「学生を大切にする大学」という大学運営の基本方針が、やはり事務組織づくりにおいてもベースになります。そして、「高度情報型キャンパス」「国際交流型キャンパス」「地域共生型キャンパス」「環境共生型キャンパス」「人にやさしいキャンパス」という相模原キャンパスの5つのコンセプト、さらに相模原市が掲げる「新世紀さがみはらプラン」の考え方も取り入れています。
 その上で「大学の基本的役割である教育・研究・社会貢献を支援できる事務組織であること」を第一の目標として、相模原キャンパスの機能・個性を十分生かした独自の事務組織を計画しました。もちろん、今後の青山キャンパスの組織改革も視野に入れ、両キャンパスの緊密な連携も十分踏まえています。
──新しい事務組織の大きな特色は、どのようなところにあるのですか。
宗像 従来のような縦割り機構ではなく、きわめてフラットな組織であることです。これは社会環境の大きな変化と、多様化する要望に対し、柔軟かつ的確に対応できる組織づくりを重視した結果です。
 たとえば、〈学生支援ユニット〉は、学務、学生生活、進路、国際交流、健康管理グループで構成されていますが、グループの規模や場合によってはユニットの構成も柔軟に変えられるように考えています。同様に、また、その時々に応じてスタッフの組み替えなどを行い、ニーズに合った学生本位の柔軟な事務サービスを可能にします。
 新キャンパスでは、この〈学生支援ユニット〉と〈教育・学習支援ユニット〉の機能を、メディアセンターのスチューデントセンターに集結させています。ここには総合案内を設け、スタートしたばかりの新キャンパスでの学習や学生生活について、学生が気軽に相談などに訪れることができる環境づくりにも配慮しています。 
 さらに、教室棟の学生ラウンジには、「サテライトオフィス」を設置し、授業支援グループをはじめスチューデントセンターの出張所機能を持ちあわせ、教員の授業運営や学生の身近な問題をサポート。学生や教員のニーズにきめ細かく対応していきます。  また、情報インフラ面でも、メディアセンターとして情報科学研究センター、図書館、外国語ラボラトリーなどが光ファイバーで結ばれた統合システムとなり、学生や教員にとって快適な情報環境が誕生します。
──その他の〈ユニット〉に関しても、何か特筆すべき点はありますか。
宗像 〈研究支援ユニット〉は、その名の通り教員の研究活動をサポートする部門ですが、青山キャンパスで総合研究所が果たしている役割をも担うグループを設置します。
 また〈企画・渉外ユニット〉には、地域との共生を踏まえた地域渉外交流グループを設けることにしています。ここでは地域の声を聞く窓口であると共に、本学が地域に提供するさまざまな企画などの立案・運営を積極的に行います。
──では、最後に相模原キャンパス開学に向けての意気込みを聞かせてください。
宗像 新しい事務組織の機能をフルに発揮していくためには、私たち事務職員の役割の向上、教育研究を含めたトータルな学校経営を支援するスタッフとしてプロフェッショナルなアドミニストレーターとしての意識を持つことが何よりも大切だと考えています。学生や教員の方々と協力しながら、素晴らしいキャンパス環境を創出していきたいと思っています。

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY