青山学院大学 AGU NEWS Vol.14
AGUニューズ[2002年10月~11月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●文部科学省選定
 「21世紀COEプログラム」の
 研究教育拠点校に決定

●4期目を迎える
 深町院長からのメッセージ

●「e-ラーニング」を
 アジアの大学に配信

●AGU TOPIC
 1. 新しい共通教育システム
   “青山スタンダード”始まる

 2. 青山学院大学法科大学院
   設置計画について


TOPICS
●相模原新キャンパス
 事務組織の骨子が固まる

●日本の私立大学で初めて
 世界標準のERPソフト
 『SAP R/3』のホスティング
 サービスをスタート

●全学院規模で
 ウイルス、ハッカーに「NO!」


報告・お知らせ
●文学部への転学部制度を導入
●2002年度
 給付奨学金・学業奨励賞

●学生食堂と学生ロビーの
 リニューアル
 ―明るく、きれいを目指して―

●国際政治経済学研究科1年
 伊藤丈人君CWAJ奨学生に
 選抜される

●文学部史学科学生が
 実験考古学の試みとして
 「埴輪」製作に参加

●クリスマス・ツリー点火祭
●Club & Circle Information
●2002年度
 「青山祭」を盛り上げよう!

●2002年度
 オープンキャンパス
 ―過去最高の12,800人来場!―


誌上公開講座
●犯罪・非行の原因と
 犯罪者・非行少年の
 処遇について考える


INFORMATION
●相模原新キャンパス説明会
●News Index
●シリーズ大学探訪 メモリアル

HOME




TOPICS

タイトル
 本格的なネットワーク社会を迎え、インターネットでつながった多くの情報機器は、私たちの生活にとって欠かすことができない生活基盤となっています。同時に、ハッカーやコンピュータウイルスなどによる被害も急増しています。近年は国際情勢の悪化により海外からの脅威も増大しており、最先端のIT教育を推進する大学が、ハッカーたちのターゲットとして狙われるケースが増えてきました。
 青山学院大学は、こうしたコンピュータウイルス、ハッキングによる個人情報の漏洩など、ネットワーク社会におけるさまざまな脅威から、学生、教職員を徹底的に防御することが大学としての責任であると考えています。この度、学院全体におよぶ大規模なウイルス・ハッカー対策を展開。情報セキュリティーのソフトベンダーである日本ネットワークアソシエイツ社から、約3万1000台分のウイルス対策ソフト「McAfee」の利用ライセンスを取得。教室、研究室、事務セクションなど、各キャンパス内のすべてのサーバーやパソコン(ウィンドウズ、マッキントッシュ)はもちろん、学生や教員が個人で所有するパソコン・携帯端末に至るまでソフトを導入することを可能としました。
 本学では、従来からキャンパス内のサーバーやパソコンには、ウイルス対策を徹底してきましたが、外部から持ち込まれたノートパソコンやファイル、CD-ROMなどから、ウイルスに感染するケースも多く報告されています。そのため、大学のネットワークに接続するすべてのパソコンに何らかの対策を施さなくては、情報セキュリティーの抜本的な解決にはならないとの認識に立ち、今回のネットワークセキュリティ管理を実施することにしました。個人所有のパソコンにまで、ウイルス対策を徹底させたのは、青山学院大学が日本で初めてです。

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY