青山学院大学 AGU NEWS Vol.15
AGUニューズ[2002年12月~2003年2月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●さよなら
 厚木・世田谷キャンパス

●AGU TOPIC
 国際政治経済学部
 小宮教授が文化勲章を受章


TOPICS
●2002年度
 青山学院国際交流の集い

●相模原キャンパスでの
 情報アシスタント制度について


報告・お知らせ
●相模原キャンパス
 授業時間帯が決定

●厚木キャンパスの樹木、
 ステンドグラス・カリオンを
 移植・移設

●新役職員紹介
●「英語教育学」
 「コミュニケーション」
 領域において、
 大学院生研究指導開始!!

●本学より教授2名が
 園遊会に招待される

●公共選択学会「学生の集い」で
 経済学部中村ゼミ生が最優秀賞

●日弁連主催学生ディベートに
 本学学生が参加

●自動車部がエコカー
 ドライビングコンテストで優勝

●カレッジソング石碑除幕式
●Club & Circle Information

誌上公開講座
●身ぶりと対話

INFORMATION
●相模原新キャンパス説明会開催
●News Index
●歴代院長とその時代1
 ロバート・S・マクレイ


HOME






報告

タイトル

前列左より中村先生、日野さん
後列左より三島君、松本君、有福君

 2002年11月9日(土)・10日(日)の両日、東海大学湘南校舎(神奈川県平塚市)で、公共選択学会「学生の集い」が開催されました。この「学生の集い」は、毎年異なるテーマで実施される論文報告会で、論文内容とプレゼンテーションの技術を参加各大学教員が厳正に審査し、第1位(最優秀ゼミ)から第3位までを決定します。第5回目となる今回のテーマは「少子高齢化時代の医療改革」。本学経済学部の中村まづるゼミから3年生の2組が参加し、そのうちAパートは第1位、Bパートも3位という優秀な成績を修めました。第1位になった論文は、高齢者人口の増大により限界に達しつつある現在の保健医療制度を、世代別の“積み立て方式”に変更するというユニークな提案で、日野加奈子さん、三島英治君、有福秀起君、松本圭吾君の4名によるもの。それぞれに受賞の感想を聞いてみました。
 「これまで学んできた経済学の理論を、現実社会における具体的な問題と一体化させる経験によって、自分の視野がかなり広がった気がします。第1位も嬉しいですけど、参加自体がとても有意義な経験でした」(日野さん) 「4人のメンバーでも、それぞれ異なる価値観・意見があります。時には激しく議論を戦わせながら共同でひとつの論文を仕上げたわけですが、その充実感はとても言葉で言い表せません」(三島君)「論文作成はデータを提示していくことによって説得力を増すことが出来ますが、プレゼンテーションでどのように説得力を持たせるかでずいぶん悩みました。最優秀ゼミという結果を受け、そんな苦労がすべて報われた思いです」(有福君)「先生や先輩の助言と4人の議論によって、なんとか納得がいく論文を仕上げることが出来ました。しかし、現実を踏まえた経済政策を論文としてまとめるのがこんなに大変な作業だったとは……」(松本君)



 指導した中村まづる助教授は、快挙を成し遂げた学生たちに、次のようなメッセージを贈っています。
 「論文作成に対して参考図書の紹介や折々のアドバイスはしましたが、内容自体は彼らの思い通りにやらせました。4人が最優秀賞に選ばれたのは、他大学のグループにはない独創的なテーマ設定、そして現在の制度をどのように理想的なものに作り替えていくかということについて、その実現の可能性まで徹底的に議論を積み重ね、説得力のある論文作成、プレゼンテーションを行うことができたことにあります。今回の経験を、ぜひ今後の研究活動やそれぞれの人生に役立ててほしいですね」

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY