青山学院大学 AGU NEWS Vol.15
AGUニューズ[2002年12月~2003年2月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●さよなら
 厚木・世田谷キャンパス

●AGU TOPIC
 国際政治経済学部
 小宮教授が文化勲章を受章


TOPICS
●2002年度
 青山学院国際交流の集い

●相模原キャンパスでの
 情報アシスタント制度について


報告・お知らせ
●相模原キャンパス
 授業時間帯が決定

●厚木キャンパスの樹木、
 ステンドグラス・カリオンを
 移植・移設

●新役職員紹介
●「英語教育学」
 「コミュニケーション」
 領域において、
 大学院生研究指導開始!!

●本学より教授2名が
 園遊会に招待される

●公共選択学会「学生の集い」で
 経済学部中村ゼミ生が最優秀賞

●日弁連主催学生ディベートに
 本学学生が参加

●自動車部がエコカー
 ドライビングコンテストで優勝

●カレッジソング石碑除幕式
●Club & Circle Information

誌上公開講座
●身ぶりと対話

INFORMATION
●相模原新キャンパス説明会開催
●News Index
●歴代院長とその時代1
 ロバート・S・マクレイ


HOME






報告

タイトル

左より谷口さん、町田君、幸さん

 2002年11月9日(土)、弁護士会館(東京・千代田区)において開催された、日本弁護士連合会(日弁連)主催の討論会「2030年はごみゼロ社会か?──学生ディベート」に、東京大学、千葉大学、そして本学学生が参加しました。
 このディベートでは「廃棄物処理法改正についてどう考えるか」という日弁連の問題提起をもとに、3大学が2003年度『循環型社会白書』で環境省が提示した3つの将来シナリオ「政府主導・出口対策重視型」「ライフスタイル変換型」「環境ビジネス発展型」の立場に分かれて、活発な議論を戦わせました。



 本学から参加したのは法学部・平松紘ゼミで『環境問題と法』について研究していた町田和久君(4年)、幸裕子さん(4年)、谷口育子さん(3年)の3名。それぞれに参加しての感想を聞いてみました。

●町田君
 「今回のディベートでは、最終弁論を受け持ちました。私は所属しているE.S.S.(英語研究会)でディベートに興味を抱き、ゼミの平松先生からお話をうかがい、すぐに参加を決めました。やはり、公的な場で自分の力を試すことができることは大きな魅力でした。今回は勝敗を決めるディベートではありませんでしたが、質疑応答などで他の2大学に勝っていたという確かな手応えを感じています」
●幸さん
 「議論のシナリオ作りとパワーポイント資料作成を担当しました。今回のディベート内容は、私自身の卒業論文に関係していたので、大きな刺激になり、参加して本当に良かったと思っています。他の2大学の意見も踏まえて、今後、自分がどのようにゴミ問題に対処すべきかという考えが明確になったことが大きな収穫です。2003年は、大学院に進学して、引き続き『環境問題と法』に関わる研究に取り組むつもりです」
●谷口さん
 「町田君と同じくE.S.S.(英語研究会)で、ディベートに興味を持ちました。私の担当は質疑応答の準備でしたが、どんなに周到に用意をしても完璧ではありえない、ということを実感させられました。でも、先輩方のサポートもあり、優位に議論が展開できたのではないかと思っています。2003年も開催されるようでしたら、今回の経験を生かしてぜひ参加したいです」

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY