青山学院大学 AGU NEWS Vol.17
AGUニューズ[2003年5月~6月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●相模原キャンパス開学
 ・新しい青学の歴史が始まる

 ・開学までのPhoto History
 ・CampusまるごとViews!
 ・青学の教育・研究も変わる!
●AGU TOPIC
 2003年度一般入学試験結果報告


TOPICS
●「ニューラルネットワーク」に
 より人間の感情を簡単に認識

●文学部フランス文学科 西澤教授
 パリ日本館より近況報告!!


報告・お知らせ
●専門職大学院事務室開設
●UAリーダーズレビュー誌上
 UA LEADER OF THE YEAR
 2002~2003の改革賞に
 ノミネート

●総合研究所研究成果発表状況
●News Index
●新役職員紹介
●2002年度退職専任教員
●2002年度学位授与式
●2002年度大学院学位授与式
●2003年度新任専任教員一覧
●2002年度学生表彰
●2002年度国家公務員1種試験
 公認会計士試験、司法試験合格者

●国際政治経済学部生が
 第18回テレコム社会科学学生賞
 入賞

●「学生起業家選手権」で
 本学学生グループが優秀賞

●2002年度
 体育会優秀団体・選手表彰祝賀会

●Club & Circle Information

誌上公開講座
●日本企業再生の条件
 ~ジャパンアズナンバーワンは
 復活するか~


INFORMATION
●前期チャペル・ウィーク
●相模原キャンパス
 開学記念シンポジウム

●2003年度
 相模原キャンパス公開講座

●2003年度進学相談会開催日程
●大学紹介パンフレット申込方法
●2003年度オープンキャンパス
●歴代院長とその時代3
 小方仙之助


HOME






タイトル
16万平方メートルの広大な敷地に、
21棟の建物が配置された
相模原キャンパス。
「文理融合型」の
新しい教育研究ステージの
始動に際して、
本学学長、院長、
そして相模原市長より
メッセージをいただいています。


◇◆◇タイトルをクリックをすると各メッセージへジャンプします◇◆◇
新キャンパスに寄せて 学長 半田 正夫
Welcome to Sagamihara! 相模原市長 小川 勇夫
相模原キャンパスの開学を祝う 院長 深町 正信



相模原キャンパス献堂式にて(於:ウェスレー・チャペル)
左:小川 勇夫 相模原市長 中央:半田 正夫 学長 右:深町 正信 院長


 
タイトル

 2003年4月、相模原キャンパス開学の日を迎えることができました。設置構想に積極的に取り組んでいただいた教職員のみなさん、キャンパス名称をはじめ貴重なアイデアを提供してくれた学生のみなさん、本学の移転を歓迎してくださり、多大なご協力をいただいた相模原市の方々、設計・工事関係者のみなさん……その他すべての関係者に、あらためて深い感謝の気持ちを捧げます。
 青山学院大学には、大学院生を含め約2万人近くの学生が在籍していますが、2003年度からは、そのうち昼間部(心理学科夜間主コースを除く)の人文・社会科学系学部1・2年生と大学院を含む理工学部の全学生の計約1万人が「文理融合型」の相模原キャンパスで新学期を迎えることになりました。現在、社会のあらゆる分野で「文理融合型」の人材が求められています。相模原キャンパスがめざすのは、そうした新しい社会の創造に貢献する優れた人間の養成です。また、文・理を超えた学生と教員の交流の中から、現代社会が抱えるさまざまな問題を解決に導く多くの発見・知見が誕生することを期待しています。そのため、画期的な全学共通教育システム「青山スタンダード」をスタートさせるなど、単に学部を同居させるだけではない真の「文理融合」をめざし、すべての教職員が「ここから青学の歴史が始まる」という意気込みで教育と研究に取り組んでいきます。
 そして地域に開かれたキャンパスとしての取り組みを進めていくことも本学の責務です。折しも4月1日より、相模原市が中核都市に昇格。本学も市民のひとりとしての自覚を持ち、地域のみなさんと力を合わせながら発展をめざしたいと思っています。
 どうか学生のみなさんも、一人ひとりが「自分たちで新しい青学を創る!」という意識を持ち、積極的に学生生活に取り組んでください。力を合わせて、新しい青学の歴史の第1ページを記していきましょう!





 
タイトル

 待望久しかった青山学院大学相模原キャンパスがいよいよ開学いたしました。お祝いを申し上げますとともに、市民ともども心から歓迎いたします。
 相模原キャンパスは、広大な敷地にシンボルとなるウェスレー・チャペルを中心に、周辺の環境にもご配慮いただいた、すばらしいキャンパスだと思います。相模原の新たなランドマークとして市民からも親しまれる存在になってほしいと願っています。
 さて、本市では、「輝きと愛があふれる人間都市 さがみはら」を都市像として、次世代に誇れるまちづくりを進めています。相模原キャンパスの開学により、約1万人の学生のみなさんのエネルギーが、本市により一層の「輝きと愛」を与えてくれるものと期待しています。また、学生のみなさんには新しいキャンパスで、充実した有意義な学生生活を送られますよう望んでいます。
 今後、産業活性化のための産学連携や市民の生涯学習ニーズに応える各種公開講座の開催などをはじめとして、さまざまな分野でのご協力、連携をお願いしたいと考えています。本市は4月、中核市へ移行し新たなスタートを切りました。相模原キャンパスの開学と時を同じくして、新たな出発点に立ったわけですが、お互い良きパートナーとして、手を取り合い、共にこの21世紀を歩んで行きたいと思います。





 
タイトル

 2003年4月、青山学院大学の新しい歴史の1ページがついに開かれました。
 開学に先立つ3月29日(土)、この日はあいにく、朝から曇天の空模様でしたが、大勢のご来賓と関係者並びに建設関係者の見守る中で、新しいキャンパスの「定礎式」が行われました。次いで、新しい大学礼拝堂において、大きな喜びと感謝のうちに、厳粛に「献堂式」が挙行されました。
 相模原キャンパスを訪れて、最初の印象は、実に広々として美しく、緑の多い静かなキャンパスである、ということです。校舎はいずれも素晴らしい景観をもち、落ち着いて品位ある建造物が建ち並び、大学の教育研究の環境としては誠に恵まれたものであります。教室は以前のように大きなサイズでなく、最大でも300~400人規模の中教室であり、理想的な少人数教育を目指していることが確認できます。
 さらに、教員と学生、あるいは学生同士がゆっくりと交流親睦できるように、いずれの建物も、あちこちにラウンジが設けられています。そして、カフェテリアのゆったりした、心暖まる空間が印象的です。皆がここで折々に学問、研究のストレスを解き、心ゆくばかり人生を語り合い、また社会、文化、政治を論じ合う場となるだろうと思うと、大学生活への期待もはずみます。
 J、 K、 L棟およびO棟を中心とした理工学部では、先端技術研究開発センターを含めて、ここから未来社会に貢献する科学技術の開発や、世界的な発明、発見も生み出され、学生たちの期待にも応えることができると、心から喜ぶものです。そのほか、新しいキャンパスで目を引くのは、アリーナや神宮野球場を思い起こさせる素晴らしく立派なスタジアムです。ここで、多くの学生たちが練習を重ね、神宮野球場などで大いに活躍し、やがて日本のみならず世界でも活躍するスポーツ選手も出現すること間違いなしと実感できました。
 21世紀の青山学院大学の新しい知の創造と、建学の精神に基づく人間教育が、ここに力強く開始されたことを祝い感謝するものです。

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY