青山学院大学 AGU NEWS Vol.17
AGUニューズ[2003年5月~6月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●相模原キャンパス開学
 ・新しい青学の歴史が始まる

 ・開学までのPhoto History
 ・CampusまるごとViews!
 ・青学の教育・研究も変わる!
●AGU TOPIC
 2003年度一般入学試験結果報告


TOPICS
●「ニューラルネットワーク」に
 より人間の感情を簡単に認識

●文学部フランス文学科 西澤教授
 パリ日本館より近況報告!!


報告・お知らせ
●専門職大学院事務室開設
●UAリーダーズレビュー誌上
 UA LEADER OF THE YEAR
 2002~2003の改革賞に
 ノミネート

●総合研究所研究成果発表状況
●News Index
●新役職員紹介
●2002年度退職専任教員
●2002年度学位授与式
●2002年度大学院学位授与式
●2003年度新任専任教員一覧
●2002年度学生表彰
●2002年度国家公務員1種試験
 公認会計士試験、司法試験合格者

●国際政治経済学部生が
 第18回テレコム社会科学学生賞
 入賞

●「学生起業家選手権」で
 本学学生グループが優秀賞

●2002年度
 体育会優秀団体・選手表彰祝賀会

●Club & Circle Information

誌上公開講座
●日本企業再生の条件
 ~ジャパンアズナンバーワンは
 復活するか~


INFORMATION
●前期チャペル・ウィーク
●相模原キャンパス
 開学記念シンポジウム

●2003年度
 相模原キャンパス公開講座

●2003年度進学相談会開催日程
●大学紹介パンフレット申込方法
●2003年度オープンキャンパス
●歴代院長とその時代3
 小方仙之助


HOME




TOPICS

タイトル

右・理工学部電気電子工学科 井出 英人 教授
左・理工学部電気電子工学科 野澤 昭雄 助手


 近年、世界的な発見や技術開発で注目を浴びている本学理工学部。2003年、まず話題を提供したのは理工学部電気電子工学科の井出英人教授、野澤昭雄助手らで、人間の快・不快の感情を鼻周辺の温度変化から簡単に認識する技術を開発しました。人間の神経回路網を模擬した「ニューラルネットワーク」を利用したこの研究は、人体の中で感情に伴う温度変化が大きく表れる鼻周辺に着目。その温度変化により、非接触で精度良く快・不快の度合いを推定できるというもので、人間の感情を認識・判断する技術が求められている人間型ロボット、福祉ロボット等への応用が期待されています。 「これまでも脳波などを用いた感情推定手法が提案されていますが、こうした手法では測定機器を人体に取り付けるため、計測自体がストレスになってしまいます。そこで、非接触計測による熱画像(サーモグラフィ)を用いた感情推定手法に取り組もうと考えました」(井出教授)
 まず予備実験では、複数の被験者にクラシック音楽(快音)や騒音(不快音)を聞かせ、その際に鼻周辺から放射される熱を赤外線センサーで感知。ニューラルネットワークを用いて、鼻周辺の各部位の単位時間あたりの温度変化量を学習させました。続く本実験では、予備実験で得られた各被験者のデータをもとに、被験者全員の快・不快の感情が推定できるかを検証。その結果、高い確率で実際の快・不快と一致することがわかりました。しかし、実験は必ずしもスムーズに進んだわけではなく、試行錯誤の連続だったそうです。
 「健康状態やコンディション、測定場所の室温などによって、人間の皮膚温度は容易に変化します。計測にあたってはそのような環境設定に対してつねに留意しなければなりません。また、皮膚温度と感情の状態を対応させる際、温度変化からどのような特徴量をニューラルネットワークの学習に用いるかについて、かなり試行錯誤を重ねました」(井出教授)
 今後は「覚醒・睡眠の感情についても同時に推定する技術を確立したい」と語る井出教授。福祉・介護ロボットへの応用にさらなる意欲を燃やしています。

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY