青山学院大学 AGU NEWS Vol.18
AGUニューズ[2003年7月~9月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●もっと社会へ、もっと未来へ……
 「大学院改革」進行中
 ・理工学研究科の改組計画

 ・青山学院大学の
  「ビジネススクール」と
  「ロースクール」


TOPICS
●2002年度就職活動を振り返って

TOPICS
●青山学院大学附置
 WTO研究センター
 (WTO Research Center of
 AGU)が発足

●第1回青山学院
 「会計サミット」のお知らせ

●相模原祭
 りこうがくぶ公開のお知らせ

●第10回
 大学同窓祭開催のお知らせ

●新役職員紹介
●第54回対東北学院大学
 総合定期戦

●青山交流バスツアー
●相模原キャンパス周辺
 クリーンウォーク

●清里サマーカレッジ

報告・お知らせ
●2003年度後期
 公開講座・公開講演会

●2004年度
 一般入学試験日程決定

●2003年度
 進学相談会後期開催日程

●「AGU受験相談会inさがみはら」
 開催報告

●Club & Circle Information
●News Index

誌上公開講座
●エレミヤ
 ―福音を待望する預言者―


INFORMATION
●相模原キャンパス
 開学記念シンポジウム開催報告

●青山学院創立130周年記念行事
 「統一テーマ」および
 「ロゴマーク」を募集

●歴代院長とその時代4
 高木壬太郎


HOME




インフォメーション

タイトル

 2003年6月3日(火)~5日(木)の3日間、青山、相模原両キャンパスにおいて海外からノーベル賞受賞研究者らを招いて、「近未来の科学と社会」の統一テーマのもと相模原キャンパス開学記念シンポジウムが開かれました(主催:青山学院大学、後援:神奈川県、相模原市、相模原商工会議所、三菱総合研究所、みずほ総合研究所、(財)日本聖書協会)。

タイトル
歓迎レセプションにて
タイトル
マーガレット・イー博士
タイトル
ジェームズ・マーリーズ教授


タイトル

 各講演会には、本学学生・教職員をはじめ研究者や一般市民が多数参加しました。特に相模原キャンパスでは周辺地域住民の姿が目立ち、“開かれた大学”をPRしました。初日はマーガレット・イー博士(オックスフォード大学)が「科学と宗教」を、2、3日目はノーベル経済学賞受賞者のジェームズ・マーリーズ教授(ケンブリッジ大学)がそれぞれ「情報と社会厚生」、「ニューエコノミーと生活の質」をテーマに講演。延べ900人を超える聴衆が熱心に聞き入り、さらに日本人講演者として稲垣久和教授(東京基督教大学)や酒井博司氏(株式会社三菱総合研究所)が加わり、各講演に色を添えました。
 いずれも身近でわかりやすい表現による講演で、終了後の質疑での丁寧な対応も好評でした。またアイビーホール青学会館で行われた歓迎レセプションにも多数の参加者があり、終始和やかな雰囲気で、こちらも盛況でした。

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY