青山学院大学 AGU NEWS Vol.18
AGUニューズ[2003年7月~9月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●もっと社会へ、もっと未来へ……
 「大学院改革」進行中
 ・理工学研究科の改組計画

 ・青山学院大学の
  「ビジネススクール」と
  「ロースクール」


TOPICS
●2002年度就職活動を振り返って

TOPICS
●青山学院大学附置
 WTO研究センター
 (WTO Research Center of
 AGU)が発足

●第1回青山学院
 「会計サミット」のお知らせ

●相模原祭
 りこうがくぶ公開のお知らせ

●第10回
 大学同窓祭開催のお知らせ

●新役職員紹介
●第54回対東北学院大学
 総合定期戦

●青山交流バスツアー
●相模原キャンパス周辺
 クリーンウォーク

●清里サマーカレッジ

報告・お知らせ
●2003年度後期
 公開講座・公開講演会

●2004年度
 一般入学試験日程決定

●2003年度
 進学相談会後期開催日程

●「AGU受験相談会inさがみはら」
 開催報告

●Club & Circle Information
●News Index

誌上公開講座
●エレミヤ
 ―福音を待望する預言者―


INFORMATION
●相模原キャンパス
 開学記念シンポジウム開催報告

●青山学院創立130周年記念行事
 「統一テーマ」および
 「ロゴマーク」を募集

●歴代院長とその時代4
 高木壬太郎


HOME






タイトル



タイトル

この4月に専門大学院から「専門職大学院」として
新たなスタートを切った国際マネジメント研究科。
時代をリードするビジネススクールとして
入試方式、教育環境、カリキュラムなど、
とどまることのない「改革」を進めています。


国際マネジメント研究科長
伊藤 文雄 教授


大学5号館に教育研究施設を集約

 青山キャンパス・大学5号館を改装して、本研究科の教育研究施設がここに集約されました。教室以外に、グローバルクラスルーム、ケーススタディルーム、学生がくつろいだり、情報交換できるラウンジ、自習などに使えるスタディルームなど、ビジネススクールとして充実した教育環境が整備されました。



入学者選抜をAO方式に変更

 従来の筆記試験による入学者選抜に替わり、2004年度入学者より書類審査と口述試問によるAO(アドミッションズ・オフィス)方式の選抜を導入します。同時に、入学試験を複数回に増やし、忙しい社会人の受験機会を増やします。そして、これまでの昼夜開講制を改め、入学試験とカリキュラムを学部からの進学者中心の「Full-time MBA」と社会人中心の「Flex-time MBA」の2つに明確に分け、それぞれに最適な教育を提供していきます。
 私たちは社会人をも含めた学生選抜にあたって、一定のモノサシで能力を計るのではなく、もっと総合的な能力・学力の評価を行っていく必要性を感じていました。筆記試験の点数が足りなければ、その人の潜在的な能力を引き出すことで、上乗せしてあげることが本来の教育=“人づくり”です。そうした発想から、一切の筆記試験を課さないことにしました。志願者の提出書類には大学の成績証明書、語学資格証明書、自己PR書、推薦書、論文など、志願者自身が自分の能力を効果的にプレゼンテーションできると思われるすべての書類を任意に提出してもらいます。



「CFO講座」スタート

 今年度よりエグゼクティブMBAプログラムに、企業再生の専門家を育成するCFO講座を新設。この講座は日本政策投資銀行との連携で開講され、6月より第1セッションが始まりました。わが国の企業には、経営戦略のわかる財務担当者が決定的に不足しており、それが不況から抜け出せない大きな要因になっています。本研究科は、経営者に対して企業再生への的確なアドバイスができる最高財務責任者(CFO)の育成を図り、ビジネススクールの存在意義を社会にアピールしていきたいと思っています。

青山キャンパス 大学5号館


法科大学院との連携

 2004年に開設を予定している法科大学院に国際マネジメント研究科の科目を一部開放するとともに、法科大学院の開設科目を本研究科の学生が履修できるようになる予定です。法律とビジネスは相互に関連する分野ですから、「高度専門職業人養成」という目的に特化した大学院として、積極的にアライアンスを図り、より良い教育サービスを提供できる相互関係を築いていきたいと考えています。そして、専門職大学院のビジネススクールとロースクールをどちらも有していることは、これからの青山学院大学にとって、高等教育機関としての大きな強みになることでしょう。


法科大学院の開設に向けて設置認可申請中。
新司法試験合格はもちろん、
世界を舞台に活躍できる法曹の育成を目指した
国際派ロースクールの誕生に、
今、大きな期待が集まっています。


 5月21日(水)および7月12日(土)、青山キャンパスで「青山学院大学法科大学院説明会」が開催されました。当日、会場には法学部3・4年生はもちろん、相模原キャンパスで学ぶ1・2年生、他大学の学生も数多く集まるなど、本学の法科大学院設置への大きな期待が感じられました。ここでは、その概要とカリキュラム、そして新しく設けられる施設・設備などについて解説します。

◆◆◆


法科大学院の概要

 本学法科大学院は、キリスト教理念に基づき、真理を追究し、ヒューマニティーに溢れ、社会的責任を果たすことのできる、国際的視野を持った法律専門家の養成教育を目指します。


カリキュラムの特色

 カリキュラムでは、新しい司法試験の合格に向けた法律のCommon basicを確実に押さえつつ、例えば外国人教員らが欧米法、国際取引、国際私法、人権に関する科目を担当。グローバルに活躍できる法曹を育成する国際的な法要素を重視し、ITを駆使して海外の大学と英語でディスカッションする授業も計画しています。また、専門職大学院国際マネジメント研究科の協力を得て、国際ビジネス取引の現場で活躍できる素養を身につける教育も行っていきます。


教育施設・設備

 法科大学院専用施設として、現在、青山キャンパスの大学3号館の改築計画が進行しています。1階には資料室、ラウンジ、2・3階は情報コンセントを備えたデスクを配置した自習室、そして4階には合同ゼミ室などの教室が設置される予定です。
 また、大学6号館には最高裁判所の協力を得て設計した模擬法廷室の設置を予定しています。この施設は青山学院の児童・生徒・学生に法律を身近に感じてもらうため、模擬法廷開催時はもちろんのこと、それ以外の時間でも初等部から大学各学部まで、青山学院全体に開放していくことが考えられています。



法科大学院の概略

【名称】
 青山学院大学大学院法務研究科法務専攻
 ※別称:青山学院大学法科大学院
【入学定員】
 60名(うち法学未修者約40名・法学既習者約20名)
【専任教員】
 15名(うち実務家教員4名)
 学費は初年度200万円未満、2年次以降は170万円弱を予定しています。他大学を見ても年間約200万円前後となっており、これは学費負担者にとって決して小さい金額ではありません。そのため、本学では、より多くの人に法曹を目指してもらえるよう独自の奨学金制度を設けて、希望する学生全員に奨学金を無利子で貸与できるよう計画しています。
 なお、入学者選抜に関しては、本学法科大学院では、日弁連法務研究財団と大学入試センターが8月にそれぞれ実施する全国統一の適性試験を両方とも受験することが求められています。その後に青山学院大学法科大学院独自の試験等があります。詳細は〈青山学院大学法科大学院ホームページ〉をご覧ください。その他お問い合わせは専門職大学院事務室(TEL 03-3409-8025)まで。

クリックをすると別ウィンドウが開きます。
大学院への進学について

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY