青山学院大学 AGU NEWS Vol.18
AGUニューズ[2003年7月~9月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●もっと社会へ、もっと未来へ……
 「大学院改革」進行中
 ・理工学研究科の改組計画

 ・青山学院大学の
  「ビジネススクール」と
  「ロースクール」


TOPICS
●2002年度就職活動を振り返って

TOPICS
●青山学院大学附置
 WTO研究センター
 (WTO Research Center of
 AGU)が発足

●第1回青山学院
 「会計サミット」のお知らせ

●相模原祭
 りこうがくぶ公開のお知らせ

●第10回
 大学同窓祭開催のお知らせ

●新役職員紹介
●第54回対東北学院大学
 総合定期戦

●青山交流バスツアー
●相模原キャンパス周辺
 クリーンウォーク

●清里サマーカレッジ

報告・お知らせ
●2003年度後期
 公開講座・公開講演会

●2004年度
 一般入学試験日程決定

●2003年度
 進学相談会後期開催日程

●「AGU受験相談会inさがみはら」
 開催報告

●Club & Circle Information
●News Index

誌上公開講座
●エレミヤ
 ―福音を待望する預言者―


INFORMATION
●相模原キャンパス
 開学記念シンポジウム開催報告

●青山学院創立130周年記念行事
 「統一テーマ」および
 「ロゴマーク」を募集

●歴代院長とその時代4
 高木壬太郎


HOME




TOPICS

タイトル
 2002年度の就職環境は全体としてはいぜんとして厳しい状況下にありました。数字・統計的なもの以上に学生たちの就職活動の日々のなかにその厳しさを感じ取ることがありました。
 きわめて厳しい経済情勢の下にあって、企業は必ずしも求人数を確保するような員数合わせはしなくなりました。いわゆる厳選採用に、より拍車がかかっているといえます。不本意ではありますが、かなり多くの学生が就職活動当初「とりあえずひとつ内定がほしい」と考え「どうしたら次に進めるか、どこなら内定がもらえるか」ということに熱心に取り組んでチャレンジし、企業側の厳選採用の壁にはね返されました。



 同じ企業が一方では「質の高い人材」と出会えた場合は採用予定数を超えても確保しようともしています。「自分の考えを持って、自分の言葉で対応する」ということに気づいていた学生たちはこの「質の高い人材」のなかに取り入れられたと思います。
 幸いなことに企業の採用活動は一気に始まって一斉に終わるわけでなく、当初思うような結果を得られなかった学生たちも他の多くの機会にチャレンジすることができ、途中からでも前述のことに気づいて納得の行く結果を得られたようです。



就職部資料室

 インターネットによる就職活動がすっかり定着しました。
 ツールとしてうまく利用し、企業や卒業生に積極的にアプローチしたタフな学生たちが依然として存在した一方で、ネット頼みでいささかフットワークに欠け、机上での企業研究に終始した結果、苦戦を強いられた学生が多く見られるようになりました。
 少々主観的ですが、これらネット頼みの学生の多くは就職部の利用が少ない傾向があったのではと想像しています。5~6月頃には就職情報誌からの採用情報はほとんど届かなくなり、それに伴って彼らの就職意欲も減退していったようです。その頃就職部の廊下には多数の会社説明会の案内が掲示されていましたし、その後も追加募集・二次募集を含め多くの案内をいただきました。2003年の3月まで求人はありました。これらの求人が本学のみにいただいたものでないことは充分承知していますが、それでも「青学生」に対する意欲は不特定多数の学生に公開されるネット上の求人とは比較にならないものがあったことは想像に難くありません。
 就職部を利用せずに就職活動を完結し、満足な成果を得られた人たちも多数いたであろうことを喜ばしく思います。しかし、もしも将来に迷うことや疑問に思うことがあったり、思うように就職活動が進展しなかったりしたら就職部を覗いてみるのも良いのではないでしょうか。
 就職活動はかなりアナログです、きっとしばらくのあいだは。 (就職部就職課長 上倉功 記)




●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY