青山学院大学 AGU NEWS Vol.1
AGUニューズ[5~6月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)




●相模原市淵野辺に
 新キャンパス校地購入

●新入生へのメッセージ
●2000年度一般入学試験
 ・合格結果

●2000年度一般入学試験
 ・合格者出身別高校名
  ランキング100



●2001年度
 開設予定の学科等(計画)

●1999年度学生表彰
●1999年度体育会優秀団体
 選手表彰祝賀会



●2000年度新任専任教員一覧
●2000年度新役職員紹介
●就職活動支援システム
●図書館検索システム
●各研究センター
 研究成果発表状況

●AMLプロジェクトから
 AML2プロジェクトへの飛躍

●経済情報メディアセンター
 活動報告

●文学部
 異キャンパス履修について

●教職免許法改正による
 免許取得について

●青山学院大学教育ローン
 順調にスタート

●1999年度公認会計士試験
 司法試験合格者を囲む会

●1999年度学位記授与式


●英語は世界語


●2000年度地区父母懇談会
 開催日程のお知らせ

●前期青山学院大学公開講座
●オープンキャンパス開催日程
●進学相談会について
●大学マスコット名称決定
●シリーズ大学探訪1
 ジョン・ウェスレー像






青山学院大学の週間HOTニュース

青山学院公式ホームページ
www.aoyama.ac.jp



報告
図書館検索システム


 大学での勉学に欠かせないのが図書館利用です。本学には三つの図書館(青山キャンパスの本館、世田谷キャンパスの理工学部分館、厚木キャンパスの厚木分館)がありますが、もちろんいずれの図書館も利用できますし、青山にある短期大学の図書館で本を借りることもできますので、大いに使って役立ててください。
 利用の基本はやはり図書館の蔵書の検索です。ご存じのように、いまインターネットの急速な普及などにより、国内のみならず世界各国の厖大なデータベースを調べることが可能になってきました。またCD-ROMなどもきわめて多岐にわたる学術情報を収めたものがつくられています。電子ジャーナル化もさかんに行われています。図書館ではそれらをできるだけ提供するように努めていますが、しかし何といっても、図書館で所蔵している資料の検索に慣れることが、図書館利用の第一歩です。

図書館検索システム

 オンラインで検索できる蔵書目録のことをOPAC(On-line Public Access Catalog)と呼んでいます。まず、OPACに慣れ、自分の求める資料を的確に探せるようになってください。この目録は上にあげた大学図書館三館および短大図書館の全蔵書をカバーしています。図書や雑誌のみならず、視聴覚資料(ビデオやCDやLDなど)もあわせて検索することができます。
 二つの種類のOPACがあります。一つは、館内OPACと呼んでいるものです。図書館に設置してあるパソコンで検索してください。著者名や書名など、完全なかたちで憶えていなくても、その一部分を検索語として入力すれば合致する資料の一覧が表示されますから、その中から探すことができます。
 資料がどこに置いてあるのか、貸し出し中かどうか、ということなどもリアルタイムで分かります。雑誌の新着状況も分かります。バックナンバーの所蔵状況も分かります。
 もう一つが、WWW版OPACです。本学の図書館が開設しているホームページで提供していますので、ご自宅からも使うこともできます(http://www.agulin.aoyama.ac.jp)。機能はほとんど館内OPACと変わりません。
 ホームページからは、上にも書きましたように、国内外の大学や機関のもつデータベースにアクセスし、多彩な情報を得ることが可能です。OPACに慣れたあと、それらを併せて利用すれば、いっそう豊かな情報を知ることができるでしょう。
 OPACのよさは、求める資料のみならず、ときには思いがけない関連資料まで発見できるところにあります。自由に使いこなして、新しい知識を手にすることのうれしさを味わってください。


●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY