青山学院大学 AGU NEWS Vol.20
AGUニューズ[2003年12月~2004年2月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●新しい青学の歴史が
 始まった4年間。
 そして改革の志は
 受け継がれる……。

・半田 正夫前学長が語る
 「改革の4年間」

・武藤 元昭学長のもと、
 新大学執行部スタート

●AGU TOPIC
 ・青山学院大学
 大学院法務研究科設置認可される


TOPICS
●相模原キャンパス開学式
 厳かに行われる

●青山学院創立130周年記念事業
 青山キャンパスにて
 ノーベル賞受賞者2名が講演

●ジョン・ウェスレー
 生誕300年記念行事
 速水 優氏(前日本銀行総裁)
 記念講演会

●国際マネジメント研究科主催
 国際シンポジウム
 「アジアの経済発展と企業再生」
 開催

●国際会議「Human Development
 in Africa and the Role of
 Japan」開催

●秋光 純教授「マチアス賞」受賞
●2003年度青山学院学術褒賞

報告・お知らせ
●硬式野球部 東都大学
 秋季リーグ戦で8季ぶりに優勝

●空手道部 諸岡 奈央さん
 史上初「全日本学生選手権」4連覇

●中川 恵理子さんが公認会計士
 2次試験に現役合格

●国際政治経済学部 勝瀬 充啓君
 「獨協賞」佳作入選

●「第19回センシングフォーラム」
 発表論文で南雲 和幸さんが
 「研究・技術奨励賞」を受賞

●創立130周年「統一テーマ」
 「ロゴマーク」決定!

●Club & Circle Information
●News Index

誌上公開講座
●こころの成長と自己実現
 ―心理療法によって育まれる
 個人のポテンシャリティー―


INFORMATION
●2004年度一般入学試験日程
●2005年度より
 「大学入試センター試験」を
 利用した入学試験を実施

●高校1・2年生のための大学説明会
 開催報告

●青山学院ウェブサイト
 リニューアル

●歴代院長とその時代6
 阿部義宗


HOME






報告

タイトル

経済学部経済学科4年
主将 矢尾 倫紀 君

文学部史学科3年
山岸 穣 君

 2003年10月24日(金)、東都大学野球秋季リーグ戦において、本学の8季ぶり9回目の優勝が決定しました。


半田学長(当時)に優勝のあいさつ。8季ぶりに優勝旗が本学に。

 「優勝する力を持っていながらも、いままで悔しい思いをしてきましたから、喜びは大きいですね。目標としていた優勝で秋季リーグを終えることができたのは、春季リーグでの敗戦があったからだと思います。負けたことで自分たちのダメな部分が見え、その反省が生かされたのではないでしょうか。2・3年生を中心とした若いチームですから、2004年のシーズンも大丈夫でしょう。期待に応えられるだけの選手がそろっています。ただし、過信は禁物です」とは、主将としてチームを引っ張ってきた矢尾選手のコメント。
 大活躍の頼れるエース山岸投手は「春は最終節で優勝を逃し悔しい思いをしました。その悔しさを晴らせてうれしいです。各大学との1回戦での登板が多く、緊張しながらも初戦で勝っていい雰囲気がつくれるように心がけました。2004年は最上級生としてチームを引っ張る立場になりますが、最上級生がしっかりやっているところを見れば、下級生はついてくるはずと思って頑張ります」
 2004年も硬式野球部の活躍が期待できそうです。
主将としてチームを引っ張ってきた矢尾選手。投手陣の頑張りに応えたいと、打撃に守備に大活躍。今後は本田技研工業(株)への入社が決まっており、社会人野球で東京ドームでの優勝を目指していくとのことです。
(写真提供:体育会広報愛好会 青山スポーツ)
負ければ相手の優勝が決まる日大との天王山決戦を完封で制し、現役最多勝をマークするなど大車輪の活躍を見せた山岸投手。ナインからの信頼も厚い。
(写真提供:体育会広報愛好会 青山スポーツ)


硬式野球部部長   本郷 茂(経済学部教授)
 私が部長に就任してから初めての優勝ですから、喜びもひとしおです。今年は負けない試合をしてほしいとだけ選手たちには言ったのですが、それ以上の結果を残してくれました。春のキャンプを見ていて監督やコーチの熱意と選手たちの気持ちが伝わってきましたから、絶対に優勝できると確信していました。授業のため「その瞬間」に居合わすことができなかったのが心残り。次の春季リーグ戦は神宮球場にて自力で優勝を飾り、その喜びを分かち合いたいと思っています。


硬式野球部監督   河原井 正雄
 あと少しのところで優勝できなかったシーズンが続いていたので、うれしいです。また、4年生に優勝を経験させることができほっとしています。春季リーグでは打撃は良くてもムダな点を与えたりでちぐはぐなところがありましたが、秋季はバッテリーを中心とした守りが良かったことが結果につながりました。


硬式野球部コーチ   善波 厚司
 優勝という結果はやはりうれしいですね。ただコーチという立場からすると、守備や大事な場面での集中力など、秋季に向けて練習してきたことが出せなかったことに目がいってしまいます。こうした課題をクリアして、来季のリーグ戦は自分たちの野球をして優勝することを目標に頑張っていきたいと思います。

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY