青山学院大学 AGU NEWS Vol.20
AGUニューズ[2003年12月~2004年2月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●新しい青学の歴史が
 始まった4年間。
 そして改革の志は
 受け継がれる……。

・半田 正夫前学長が語る
 「改革の4年間」

・武藤 元昭学長のもと、
 新大学執行部スタート

●AGU TOPIC
 ・青山学院大学
 大学院法務研究科設置認可される


TOPICS
●相模原キャンパス開学式
 厳かに行われる

●青山学院創立130周年記念事業
 青山キャンパスにて
 ノーベル賞受賞者2名が講演

●ジョン・ウェスレー
 生誕300年記念行事
 速水 優氏(前日本銀行総裁)
 記念講演会

●国際マネジメント研究科主催
 国際シンポジウム
 「アジアの経済発展と企業再生」
 開催

●国際会議「Human Development
 in Africa and the Role of
 Japan」開催

●秋光 純教授「マチアス賞」受賞
●2003年度青山学院学術褒賞

報告・お知らせ
●硬式野球部 東都大学
 秋季リーグ戦で8季ぶりに優勝

●空手道部 諸岡 奈央さん
 史上初「全日本学生選手権」4連覇

●中川 恵理子さんが公認会計士
 2次試験に現役合格

●国際政治経済学部 勝瀬 充啓君
 「獨協賞」佳作入選

●「第19回センシングフォーラム」
 発表論文で南雲 和幸さんが
 「研究・技術奨励賞」を受賞

●創立130周年「統一テーマ」
 「ロゴマーク」決定!

●Club & Circle Information
●News Index

誌上公開講座
●こころの成長と自己実現
 ―心理療法によって育まれる
 個人のポテンシャリティー―


INFORMATION
●2004年度一般入学試験日程
●2005年度より
 「大学入試センター試験」を
 利用した入学試験を実施

●高校1・2年生のための大学説明会
 開催報告

●青山学院ウェブサイト
 リニューアル

●歴代院長とその時代6
 阿部義宗


HOME









「大学という所は、実は変化することが苦手なんです」と
語る半田正夫教授。1999年12月の就任以来、
相模原キャンパス開学をはじめ、
社会環境の変化を見すえた数々の改革に取り組んできました。
「新しい青学が始まる」……
この言葉は単なるスローガンではありません。
「改革の4年間」は確実に青山学院大学の歴史に
刻まれることになるでしょう。
21世紀に輝く「日本一の大学」を目指した
その道程について振り返っていただきました。




前学長
半田 正夫
2000年、新キャンパス計画始動
 青山学院大学は、この4年間、21世紀にふさわしい大学であるためのさまざまな改革を進めて、大きな成果を収めることができました。そしてその成功を振り返ると、私たちの努力を越えたところで数々の幸運が重なり合った僥倖を感じざるを得ません。
 私がまず出会った幸運は、2000年3月に新日本製鐵株式会社相模原研究所跡地を本学のキャンパス用地として購入できたことです。当初、新キャンパスの候補地探しは難航していたのですが、偶然、研究所移転の話が舞い込み、その後トントン拍子でこの環境・立地ともに恵まれた用地を手に入れることができたのです。キリスト教を理念とする本学の立場で言えばまさに「神様の思し召し」といえる出来事でした。そしてこの神の意志を最大限に有効活用すべく、その後の相模原キャンパスの計画づくりに取りかかり、「文理融合型キャンパス」の利用方針を7月に発表しました。この利用方針はトップダウンによるものではなく、全学部の合意を得て決定されたものです。新キャンパスづくりという大事業にあたって全学一致の体制づくりができるかどうかが、私が学長として今後4年間仕事をしていく上での試金石になると思っていましたので、スムーズに合意を得たことはその後の大学改革への大きな自信になりました。
 また、2000年度は理工学部学科改組による“情報融合系”3学科がスタートしました。これは私が学長に就任する以前から決定していたことですが、その後の4年間における理工学部のめざましい活躍ぶりの、まさにプロローグとなる出来事でした。理工学部のこうした動きと私の任期が重なったことも、やはりひとつの幸運だったといえるかもしれません。

2000年 青山学院大学における主な出来事
●3月、新キャンパス校地購入。
●4月、理工学部学科改組。“情報融合系3学科”として機械創造工学科、経営システム工学科、情報テクノロジー学科を開設。
●7月、新キャンパス利用方針を発表。


2001年、新しい青学へのさまざまな萌芽
 21世紀が始まった2001年初頭、本学は、理工学部物理学科の秋光純研究室による高温超伝導体「MgB
2」の発見に大いに沸きました。私はこの世界的な発見が、研究環境に恵まれた国立大学ではなく、青山学院大学という私学でなされたことに喜びを感じました。その後、秋光教授に続くように理工学部で数々の発明・発見が相次ぎ、文理融合型の新しい教育研究環境の構築を進める上で、大きな刺激になりました。
 2001年は、本学に時代のニーズを見すえた新しい教育研究の場が誕生した年でもありました。まず、文学部教育学科「心理学専修コース」を学科として独立させ、昼夜開講制の「心理学科」を開設。また、同じく4月に国内の私立大学で初めての専門大学院として「国際マネジメント研究科」を開設したことも、この年のビッグニュースのひとつでしょう。同研究科は、伊藤文雄研究科長のリーダーシップのもと、社会からも高く評価されるビジネススクールへと成長し、現在は専門職大学院として学部卒業生、中堅ビジネスマン、さらには日本を代表する企業の役職者といった、バックグラウンドの異なる人々に対する高度専門職業人養成に特化した先進的な教育を展開しています。今後は、2004年度開設の大学院法務研究科(法科大学院)および設置を検討している会計専門職大学院と互いに連携しあいながら、世界的に通用する高度なプロフェッショナル養成のトライアングルを形成する構想が立てられています。
 9月には、青山キャンパスに大学開設50周年事業の一環として、「ガウチャー・メモリアル・ホール」が完成しました。現在、キリスト教を基盤とする本学の新しいシンボルとして、日々の礼拝や大学行事はもちろん、コンサートや美術展などのイベントを通して、本学の学生はもちろん、近隣の住民の方々にも、キリスト教文化に触れる場として積極的に活用されています。

2001年 青山学院大学における主な出来事
●2月、理工学部秋光純研究室が新しい高温超伝導体「MgB2」発見。
●4月、文学部心理学科開設。
●4月、私学初の専門大学院として国際マネジメント研究科開設。
●7月、緑が丘グラウンド完成。
●8月、理工学部秋光純研究室が新しい強磁性体「CaB
2C2」発見。
●9月、青山キャンパスにガウチャー・メモリアル・ホール完成。


2002年、世界に注目される理工学部
 2002年秋、文部科学省「21世紀COEプログラム」の〈化学・材料科学分野〉において、本学「理工学部附置先端技術研究開発センター・理工学研究科」等で行われている研究プロジェクト『エネルギー効率化のための機能性材料の創製』(拠点リーダー:秋光純教授)が、研究教育拠点として採択されました。この時〈化学・材料科学分野〉で選ばれた私立大学は、青山学院大学、慶應義塾大学、早稲田大学の3校だけでした。高温超伝導体発見に続く2年連続の快挙によって、理工学部の存在感は一気にクローズアップされたといえるでしょう。「私学でもやればできる」──そうした思いが、改革を進める本学の人々にどれだけ勇気を与えてくれたかわかりません。一般的にはまだ人文・社会科学系のイメージが強い青山学院大学ですが、近年の理工学部の活躍を見ていると、人文・社会科学系学部もうかうかしていられないのではないでしょうか……。

2002年 青山学院大学における主な出来事
●9月、本学が2002年度「21世紀COEプログラム」研究教育拠点に選定される。
●厚木キャンパス、世田谷キャンパスがこの年度をもって、その役割を終える。


2003年、新しい青学を誕生させた3つの“公約”
 2003年4月、ついに相模原キャンパス開学の日を迎え、青山・相模原の2キャンパス制による新しい青学の歴史が始まりました。
 私は学長就任時に「学生を大切にする大学」「社会に開かれた大学」、そして「明るい大学」という大学改革に向けた3つの“公約”を述べました。
 このうち「学生を大切にする大学」に関しては、学費コストに見合った中身の濃い教育を提供することをひとつの目標にしてきました。相模原キャンパス開学と共にスタートした全学共通教育システム「青山スタンダード」は、その答えのひとつです。21世紀の社会で活躍する大学生として「これだけは身につけてほしい」という教養・素養を修得させる、この画期的なプログラムに関しては、今後もたえずその教育システムと内容を見直しながら、よりよいものに成長させていかなければならないと思っています。
 「社会に開かれた大学」としても相模原キャンパスは大きな役割を果たしていくことでしょう。理工学部を中心に積極的に産官学連携を推進していくとともに、本学も市民のひとりとしての自覚を持ち、地域のみなさんと力を合わせながら歩んでいくための機会と場所を提供していきます。10月に開催した第1回相模原祭には、中高年の方々を含む多数の地域住民がご来場くださり、本学学生と共にイベントを盛り上げてくださいました。とても感謝しています。
 一方、青山キャンパスでは、都心にある地の利を生かして警視庁、東京国税局、日本弁理士会からの要請を受けて、社会人を対象とした特別講座を開講。また、2003年7月より、諸外国の駐日大使を招いて講演を行う「各国大使講演シリーズ」がスタートしました。今後も、こうした大学と社会との接点をより広げていくことによって、学内の教育・研究の活性化を図っていく必要があるでしょう。
 最後に「明るい大学」とは、主に学内の風通しの良い組織作りについてです。この4年間に教職員の人事の活性化も進み、学部間の壁もかなり低くなってきたという手応えを感じています。学部間の交流の面では、相模原キャンパス設置に関する一連のプロジェクトにおいて、主として若手教員間のコミュニケーションが活発になったことが特筆すべきことでしょう。

2003年 青山学院大学における主な出来事
●4月、相模原キャンパス開学。
●4月、全学共通教育システム「青山スタンダード」始まる。
●7月、理工学部・理工学研究科改組認可。2004年度より物理学科を「物理・数理学科」に化学科を「化学・生命科学科」に。理工学研究科は1専攻8コースに。
●11月、青山学院大学大学院法務研究科(法科大学院)設置認可。


 4年間を振り返ってもっともうれしかったことは、私の任期中、連続して本学への 入学志願者が増加したことです。18歳人口が減少しているなか、この事実だけでもひとつの快挙です。オープンキャンパス参加者も年々増加しており、このことに私を含む教職員がどれだけ勇気づけられてきたか、言葉では表すことができません。大学改革は決して容易な仕事ではありませんでしたが、高校生世代から本学への期待の声援を受け、やりがいを感じて取り組むことができました。また日頃、本学の在学生、およびご父母の皆様からいただく温かいご支援も、改革の支えになったと感じています。
 さて、私の任期は終わりましたが、本学の改革は終わったわけではありません。やるべきことはまだまだたくさんあります。今後は武藤新学長のもと、改革はさらに加速することでしょう。私も期待を込めて見守りたいと思っています。

高校生から評価される新しい“青学”
 2003年秋に発行された「リクルート カレッジマネジメント」誌(発行:株式会社リクルート)の大学募集ブランド力調査(調査対象:高校生約50,000人)において、本学が首都圏ランキングの総合力第6位(国公立大を含む)としてランク付けされるなど、再びその力が見直され、評価が高まっています。
 同誌に掲載された項目別のランキングを見ると、「校風や雰囲気がよい」「学生生活が楽しめる」はどちらも1位、「キャンパスがきれいである」2位、「学習設備や環境が優れている」4位など、学生生活を過ごす環境面での評価が特に高いことがわかります。
 また「社会で役立つ力が身につく」「国際的なセンスが身につく」「学生の学力が高い」がいずれも4位、「教育内容のレベルが高い」5位と、教育内容についてもコンスタントに高い評価を得ており、「就職に有利である」「卒業後の社会で活躍できる」がいずれも4位と、卒業後の進路に関する期待も高いようです。
 半田正夫教授はこの調査結果について次のようにコメントしています。
 「この調査の対象者が大人ではなく、これから本学を志望校として考える可能性のある高校生だということに大きな意味があると思います。大人のように青山学院大学の伝統や既存のイメージにとらわれず、純粋な目で“現在の青学”を高く評価してくれたのですから」

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY