青山学院大学 AGU NEWS Vol.20
AGUニューズ[2003年12月~2004年2月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●新しい青学の歴史が
 始まった4年間。
 そして改革の志は
 受け継がれる……。

・半田 正夫前学長が語る
 「改革の4年間」

・武藤 元昭学長のもと、
 新大学執行部スタート

●AGU TOPIC
 ・青山学院大学
 大学院法務研究科設置認可される


TOPICS
●相模原キャンパス開学式
 厳かに行われる

●青山学院創立130周年記念事業
 青山キャンパスにて
 ノーベル賞受賞者2名が講演

●ジョン・ウェスレー
 生誕300年記念行事
 速水 優氏(前日本銀行総裁)
 記念講演会

●国際マネジメント研究科主催
 国際シンポジウム
 「アジアの経済発展と企業再生」
 開催

●国際会議「Human Development
 in Africa and the Role of
 Japan」開催

●秋光 純教授「マチアス賞」受賞
●2003年度青山学院学術褒賞

報告・お知らせ
●硬式野球部 東都大学
 秋季リーグ戦で8季ぶりに優勝

●空手道部 諸岡 奈央さん
 史上初「全日本学生選手権」4連覇

●中川 恵理子さんが公認会計士
 2次試験に現役合格

●国際政治経済学部 勝瀬 充啓君
 「獨協賞」佳作入選

●「第19回センシングフォーラム」
 発表論文で南雲 和幸さんが
 「研究・技術奨励賞」を受賞

●創立130周年「統一テーマ」
 「ロゴマーク」決定!

●Club & Circle Information
●News Index

誌上公開講座
●こころの成長と自己実現
 ―心理療法によって育まれる
 個人のポテンシャリティー―


INFORMATION
●2004年度一般入学試験日程
●2005年度より
 「大学入試センター試験」を
 利用した入学試験を実施

●高校1・2年生のための大学説明会
 開催報告

●青山学院ウェブサイト
 リニューアル

●歴代院長とその時代6
 阿部義宗


HOME




agutopic
タイトル

2003年11月27日(木)、青山学院大学大学院法務研究科(法科大学院)は文部科学省より正式に設置認可を受けました。これにより、2004年4月からの開設が認められました。
そこで法科大学院設置委員の江泉芳信教授から今後の展望についてお話をうかがいました。

法学部
江泉 芳信 教授
クリックで別ウィンドウの下記項目へジャンプ
授業科目
大学院法務研究科専任教員

法務研究科専用施設(大学3号館)
少人数教育に適した教室の他、ラウンジ、ローライブラリー(資料室)、自習室などが設置される法務研究科の専用校舎。

 法科大学院構想にあたって、私たちは青山学院ならではの教育方針と理念を明確に打ち出し、カリキュラムおよび教育スタッフの構成に特色が出せるよう、地道な努力を重ねてきました。今回、設置申請の過程においてそうした本学の独自性が高く評価され、一切の留保もなく認可を受けたことにこの上ない喜びを感じます。同時に2004年4月の開設を目前に控えて、私たちに課せられた大きな責務を痛感しています。

青山学院大学大学院法務研究科の特色
 青山学院大学大学院法務研究科(法科大学院)は、キリスト教精神に基づいたスクール・モットー「地の塩、世の光」を具現化し、社会貢献の精神を有し、同時に国際的視野をもった法曹の養成を目指します。
 国際的視野といっても、必ずしも海外を舞台にした活躍を目指すということだけを意味しているのではありません。わが国の社会と法律を国際的な観点から見直すことのできる多元的な視野を身につけさせるということでもあり、これは従来の法曹教育に欠けていた点でもあります。そこで、カリキュラムには、アメリカ人、ドイツ人の実務経験者、研究者による「アメリカ法」「EU法」「ドイツ法」の各授業、海外のロースクールとの契約交渉のシミュレーションを行う「グローバル・クラスルーム」(開設準備中〈人数制限あり〉)、ワシントン大学(セント・ルイス)から教員を招聘する集中講義(2004年度は修了要件単位外科目)など、世界の法律に触れる多くの機会を用意しました。
 また、本学法務研究科では裁判官、検事、弁護士の法曹三者はもちろん、近年、その重要性がますます高まる企業の法務担当者、また政治家や行政組織の一員として立法に携わる人材など、幅広い活躍の場を想定していることも特色です。そのため、実務家として欠かせない事例を学べる「現代法実務」や「立法学」を開講。法務研究科に先駆けて設置された国際マネジメント研究科の関連科目を履修することもできます。授業のテキストも既成の教科書ではなく、本学独自に作成し、つねに最新の資料・情報を取り入れた講義を行っていきます。
 さらに、キリスト教精神を理念とする本学では、司法制度改革の大きな柱のひとつでもある「法曹倫理」を重視。弱者への温かい眼差しを持つ法律のエキスパートの育成に、すべての教員が全力を尽くしてあたっていく所存です。

多様な価値観を持つ人々が集うアカデミックな知的空間
 教育とは、結局、人と人との関係を通して成り立つものです。多くの人々とのふれあいの中で多様な価値観や生き方を知ることは、これからの法曹にとって大きな意味を持つことになるでしょう。本学大学院法務研究科は、1学年60人の少人数教育のメリットを生かし、院生同士、あるいは院生と教員が自由に交わす対話とコミュニケーションをベースにした教育を行っていきます。そこで期待しているのは、さまざまなバックグラウンド、および社会経験を持つ学生の存在です。入試においても「多様性」確保の観点から、特に法学未修者コースではその人の経験や人間性を重視した選考を行うとともに、社会人入試を重視しています。将来的には卒業生も加わって、法科大学院が明確な目的意識と高い理想を持つ人々が集うアカデミックな場となることを期待しています。修了後にも本学を対話と議論の場として、いつでも気軽に訪れ、積極的に利用してほしいと思っています。また、法曹界をはじめさまざまな分野のゲストを招くなど、院生の人間性の成長を促すプログラムを実施する予定です。
 司法試験合格を目指すことは法科大学院としての大きな目的ではありますが、本学大学院法務研究科は決して単なる国家試験予備校になるつもりはありません。合格後の将来までも見すえた人間教育=ロングスパンの法曹教育を展開していきます。

※掲載しているCG・写真は設計に基づくイメージです。

模擬法廷室(大学6号館)
最高裁判所を参考に設計された本格的な模擬法廷です。この施設は、多くの子どもや若者に法律を身近に感じてもらうため、法科大学院で使用する以外の時間を、初等部から大学各学部まで青山学院全体の教育でも利用する予定です。

ライブラリー(大学3号館1階)
法律専門書・雑誌等を中心とした書籍・資料を収めた法科大学院の専用図書館です。アメリカのロースクール・在米経験者ら2名のローライブラリアンが常駐し、書籍および資料等の検索だけでなく、院生の勉学支援も行います。

自習室(大学3号館2・3階)
3号館の2フロアの広々としたスペースを利用して設置される個人用キャレルは、院生1人につきひとつが用意され、各キャレルに法令、判例等を検索するためのパソコン端末が設置される予定。

ラウンジ(大学3号館1階)
3号館の1階には、ガラス張りの明るく広々としたラウンジスペースを設置。昼休みにランチを持ち寄りながら、放課後に心ゆくまで……院生、教員をはじめ誰もが自由に語り合うための場所です。

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY