青山学院大学 AGU NEWS Vol.20
AGUニューズ[2003年12月~2004年2月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●新しい青学の歴史が
 始まった4年間。
 そして改革の志は
 受け継がれる……。

・半田 正夫前学長が語る
 「改革の4年間」

・武藤 元昭学長のもと、
 新大学執行部スタート

●AGU TOPIC
 ・青山学院大学
 大学院法務研究科設置認可される


TOPICS
●相模原キャンパス開学式
 厳かに行われる

●青山学院創立130周年記念事業
 青山キャンパスにて
 ノーベル賞受賞者2名が講演

●ジョン・ウェスレー
 生誕300年記念行事
 速水 優氏(前日本銀行総裁)
 記念講演会

●国際マネジメント研究科主催
 国際シンポジウム
 「アジアの経済発展と企業再生」
 開催

●国際会議「Human Development
 in Africa and the Role of
 Japan」開催

●秋光 純教授「マチアス賞」受賞
●2003年度青山学院学術褒賞

報告・お知らせ
●硬式野球部 東都大学
 秋季リーグ戦で8季ぶりに優勝

●空手道部 諸岡 奈央さん
 史上初「全日本学生選手権」4連覇

●中川 恵理子さんが公認会計士
 2次試験に現役合格

●国際政治経済学部 勝瀬 充啓君
 「獨協賞」佳作入選

●「第19回センシングフォーラム」
 発表論文で南雲 和幸さんが
 「研究・技術奨励賞」を受賞

●創立130周年「統一テーマ」
 「ロゴマーク」決定!

●Club & Circle Information
●News Index

誌上公開講座
●こころの成長と自己実現
 ―心理療法によって育まれる
 個人のポテンシャリティー―


INFORMATION
●2004年度一般入学試験日程
●2005年度より
 「大学入試センター試験」を
 利用した入学試験を実施

●高校1・2年生のための大学説明会
 開催報告

●青山学院ウェブサイト
 リニューアル

●歴代院長とその時代6
 阿部義宗


HOME




TOPICS

タイトル


 2003年10月11日(土)、相模原キャンパスA棟アリーナにおいて、「青山学院大学相模原キャンパス開学式」が執り行われました。当日は曇り空でしたが、キャンパス開学にあたって、温かいご支援を賜った方々、ならびに青山学院関係者など多数の来賓のご臨席をいただきました。式典は東方敬信大学宗教部長の司式のもと進行し、来賓の安西祐一郎 日本私立大学連盟会長、鳥居泰彦 日本私立学校振興・共済事業団理事長、山内一郎 キリスト教学校教育同盟理事長、木下辰雄 相模原市助役より心温まる祝辞をいただきました。式典後にはC棟ウェスレー・チャペル横のガーデンにて祝賀会が行われ、より一層和んだ雰囲気でのご挨拶やお祝いの言葉を多くの方にいただくことができ、本学にとって慶びに満ちた記念すべき一日となりました。今回は当時の学長 半田正夫教授と副学長 西澤宗英教授にメッセージをいただきました。





祝賀会で挨拶する
西澤 宗英教授

安西 祐一郎氏
日本私立大学連盟会長


鳥居 泰彦氏
日本私立学校振興・共済事業団理事長

開放的な雰囲気で行われた祝賀会

 2003年4月1日に開学した相模原キャンパスでは、これまで別々のキャンパスで学んでいた理工学部の全学生と人文・社会科学系学部の1・2年生とが学び、今、社会のあらゆる分野で求められている「文理融合型」の人材を養成していきます。そして、文系・理系の学生と教員が、この環境をフルに生かして、互いに意志の疎通を図り、同じ大学に属する者同士としての連帯感を醸成するとともに、考え方の異なる者が活発な情報交換を行うことによって、今後多くの新しい発想や知見が触発されることを期待しています。  開学までのプロセスを通して何よりも印象深く思い起こされるのは、全学一致協力してこの「文理融合型」キャンパスを創り上げたことです。これからも学生、教職員はもちろん、地域に開かれたキャンパスとして地域住民の方々や地元企業とも力を合わせながら、さらなる発展をめざしたいと考えています。

半田 正夫


 開学式を迎え、何よりもまず私共にこのようなキャンパスを与えてくださった神様に感謝いたします。
 次に開学式にご出席いただいたご来賓の皆様、特にキャンパス設置計画の当初から、地元の最高責任者として多くのご理解とご支援をいただいた小川相模原市長をはじめとする地域の皆様に心からお礼を申し上げます。文字通り官民一体となったご支援があったからこそ、予定通り開学することができたと考えています。そしてキャンパスの設計・建築に当たっていただいた各企業の皆様、青山学院法人本部と管理部の皆様、大学教員・職員の皆様……こうした方々のご協力とご尽力によって、この素晴らしいキャンパスが完成したということを、私たちは決して忘れてはなりません。最後に、開学以来、学生と教員が円滑に新しいキャンパスでの生活を営むために、日々多大な努力を払ってくださっている相模原キャンパス勤務の教職員の方々に厚くお礼を申し上げます。

西澤 宗英

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY