2003年10月11日(土)、「相模原キャンパス開学式」と同時に「りこうがくぶ公開」も開催されました。
 当日は、広いキャンパス、新装・充実した教育環境を一目見ようと来場者は何と7,000名を超える大盛況。先進的・世界的レベルの“最新のサイエンスとテクノロジーへの誘い”と題し、研究室公開・デモンストレーションなど魅力満載。あちらこちらで歓声をあげる児童、ご父母の質問に得意げに応える大学生・教員のハッスル振りが印象的でした。まず屋外では、今話題の液体窒素自動車が人だかりとなりました。次に、情報科学研究センターでは“パソコン室授業体験”を行い、先端技術研究開発センターと総合研究所プロジェクトでは、“超伝導”“光通信とインターネット”などが注目を集めました。さらに各研究室は、“アッ、電波がみえちゃった”“レーザーで物を見る”“CAD、CAE、CAM、CATとは何だろう”“ゴミ分別ゲーム”“ヒューマノイド・ロボット”など、大賑わいでした。夕刻には、数学教室主催による松本幸夫東京大学教授の特別講演、また父母懇談会が行われ好評でした。写真に見られるように、それぞれ大盛況のうちに終えることができました。
(りこうがくぶ公開委員長 天坂 格郎 記【理工学部経営システム工学科教授】)



close
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY