青山学院大学 AGU NEWS Vol.20
AGUニューズ[2003年12月~2004年2月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●新しい青学の歴史が
 始まった4年間。
 そして改革の志は
 受け継がれる……。

・半田 正夫前学長が語る
 「改革の4年間」

・武藤 元昭学長のもと、
 新大学執行部スタート

●AGU TOPIC
 ・青山学院大学
 大学院法務研究科設置認可される


TOPICS
●相模原キャンパス開学式
 厳かに行われる

●青山学院創立130周年記念事業
 青山キャンパスにて
 ノーベル賞受賞者2名が講演

●ジョン・ウェスレー
 生誕300年記念行事
 速水 優氏(前日本銀行総裁)
 記念講演会

●国際マネジメント研究科主催
 国際シンポジウム
 「アジアの経済発展と企業再生」
 開催

●国際会議「Human Development
 in Africa and the Role of
 Japan」開催

●秋光 純教授「マチアス賞」受賞
●2003年度青山学院学術褒賞

報告・お知らせ
●硬式野球部 東都大学
 秋季リーグ戦で8季ぶりに優勝

●空手道部 諸岡 奈央さん
 史上初「全日本学生選手権」4連覇

●中川 恵理子さんが公認会計士
 2次試験に現役合格

●国際政治経済学部 勝瀬 充啓君
 「獨協賞」佳作入選

●「第19回センシングフォーラム」
 発表論文で南雲 和幸さんが
 「研究・技術奨励賞」を受賞

●創立130周年「統一テーマ」
 「ロゴマーク」決定!

●Club & Circle Information
●News Index

誌上公開講座
●こころの成長と自己実現
 ―心理療法によって育まれる
 個人のポテンシャリティー―


INFORMATION
●2004年度一般入学試験日程
●2005年度より
 「大学入試センター試験」を
 利用した入学試験を実施

●高校1・2年生のための大学説明会
 開催報告

●青山学院ウェブサイト
 リニューアル

●歴代院長とその時代6
 阿部義宗


HOME




TOPICS

タイトル

 11月6日(木)、青山キャンパス ガウチャー記念礼拝堂にて、青山学院創立130周年記念事業のひとつとして、ノーベル賞受賞者を囲むフォーラム「21世紀の創造」の教育フォーラム東京(主催:読売新聞社、NHK)が開かれました。


 テーマは「何を学ぶか-作家の信条、科学者の思い」で、文学賞受賞者の大江健三郎氏(作家)より「読む表現」、化学賞受賞者の白川英樹氏(筑波大学名誉教授)より「科学者の思い」と題して基調講演をいただき、その後、文系と理系の違いや科学と技術の問題をめぐって対談が行われました。会場は本学大学生、女子短期大学生、高等部生、中等部生の約330人が半分を占め、ガウチャー記念礼拝堂に入りきれない人たちのために、第二・第三会場として総合研究所ビル12階大会議室や教室および相模原キャンパスにも講演の模様が同時中継されました。両氏の対談の後、学院各部からの生徒・学生との質疑応答がありました。
 今回、司会を務めた経済学部4年の萬 智恵さんと大学の代表として両氏に質問をした4名に話を聞きました。




経済学部経済学科4年
萬 智恵さん(司会)

 現在の大学には、文系と理系との間に大きな壁があると思います。今回のフォーラムでは、その壁を超えて、小説家である大江先生と科学者である白川先生という、分野を異にする2人のノーベル賞受賞者が、双方のつながりを文理融合の必要性という形で解いてくださいました。
 科学技術の発展による大量生産・大量消費の時代を終え、21世紀には専門性だけでなく、幅広い視野に基づいた価値観が求められます。文系の人間には自立した思考力と独自の判断力の裏づけとなる数学的知識を、また理系の人間にはその技術を世の中にどう活かすかといった総合的視野を、それぞれ持つ必要性に迫られているのではないでしょうか。
 その意味で、大学生や今後文理の選択を強いられる中高生による質疑応答が、両先生と同じ壇上で自由に行われたことは大きな意味があったと思います。文系・理系の人間が同じ目線で表現し、互いに補完しあうことが、さまざまな角度からの思考力と、記憶力に頼らない自立した持論を持てる第一歩、それも大きな第一歩であるように感じました。
 大江先生は、世界の言葉の声が聞こえてくるようになる点がノーベル賞のいい点だと話されましたが、教育の場でも同じように、異分野の人間の声が双方に影響し合うように聞こえてくる―そんな環境づくりが、白川先生が指摘された独創性を目指す21世紀の教育の使命なのではないでしょうか。



【代表学生からのコメント】

井上まどかさん 理工学部化学科3年
私は白川先生に研究に対する取り組み方、心構えに関しての質問をし、先生から「疑問に思ったことは面倒がらず、その都度時間をかけて解決すること」「自分の専門分野以外への興味を広げること」というアドバイスをいただきました。基調講演では、大江先生は文学者らしくユーモアもあり表現力が豊か、白川先生はわかりやすく簡潔という印象でした。文学者と科学者のモノの考え方の違いなどもわかり、たいへん有意義な時間を過ごすことができました。

山崎正稔君 理工学部化学科4年
「これから必要とされる研究分野とは?」という私の質問に「ナノテクノロジー、ライフサイエンスが重要になるだろう。しかし、私としてはそれ以外の新しい分野を見つけてほしい」と答えられた白川先生。事実に基づいた語り口は説得力にあふれ、その穏やかな人柄とともに科学者としてのあり方を学ばせていただきました。また、大江先生の「表現」へのこだわりにも感銘を受け、科学者にも必要な「表現する」「表現を受け取る」能力について考えさせられました。

渡辺真希子さん 文学部フランス文学科4年
ある作家(特にフランスの)が別の作家に与える影響がどのようなものであるかに関心があったので、大江先生に「パスカルやカミュ、サルトル等の作家から具体的にどのような影響を受けたか」をうかがいました。その答えのなかで「若い時に多くの本を読むべき。そしてその本を何度も読み返すと、そのたびに新しい発見がある」とおっしゃられた言葉が心に残りました。また、ふだん科学者と接する機会がない私は白川先生の講演もたいへん興味深く聞きました。

鈴木佳穂さん 文学部日本文学科4年
大江先生は作品を読む限り、まじめで厳格な印象がありましたが、当日の質問や基調講演では、軽妙なジョークを交えて聞き手を笑わせるなど、とてもユーモアのセンスにあふれた方でした。しかし言葉に関しては厳格な姿勢で受けとめられており、私もひとつひとつの言葉をもっと大切にしていきたいと痛感させられました。白川先生はたいへん穏やかな口調で話され、その姿から品格が漂ってくる方で、私の中にあった「科学者=堅い」というイメージを崩してくれました。
●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY