青山学院大学 AGU NEWS Vol.21
AGUニューズ[2004年3月~4月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●学長メッセージ
 学長に就任した今、
 私が考えていること。

●AGU TOPIC
 ・国際連合大学との
  包括的な一般協定を締結

 ・「経営者マインドの育成」を
  コンセプトにした経営学部の
  画期的な実践教育の試みが
  スタート


TOPICS
●2004年度就職活動について

報告・お知らせ
●全日本学生ソフトテニス選手権で
 ソフトテニス部(女子)が
 ダブルス・シングルス制覇!

●公共選択学会「学生の集い」で
 経済学部中村ゼミが
 2年連続最優秀賞

●課外教育プログラム活動報告
●第二部スプリング・カレッジ
●Club & Circle Information
●経済学部主催
 「南開大学 武捷思教授による
 講演会」

●国際交流のつどい開催報告
●青山フランス文学会主催
 小林拓己氏講演会
 「NPO 国境なき医師団と私」

●青山学院大学
 人権教育委員会主催
 公開シンポジウム開催

●新役職員紹介
●卒業生へのメッセージ
●2004年度 公開講座

誌上公開講座
●経済からみた国際社会
 ―為替相場の教えるもの―


INFORMATION
●2004年度一般入学試験志願者数
●2004年度オープンキャンパス等
 開催日程

●News Index
●歴代院長とその時代7 笹森順造

HOME




インフォメーション

歴代院長とその時代
笹森順造
第7代院長
(1939~1943年在任)

 1901(明治34)年、弘前教会で受洗。早稲田大学卒業後、米国デンバー大学に留学し、同大学大学院を修了。帰国後にPh.Dの学位を授与されました。1922(大正11)年、かつて本多庸一第2代院長も塾長を務めた東奥義塾を再興。再興初代塾長として、その基礎を築きました。1939(昭和14)年、第7代青山学院院長として迎えられましたが、その在任期間は戦時下という、キリスト教主義学校にとってきわめて過酷な状況にありました。日米間の緊張が高まる1941(昭和16)年2月、米国のメソジスト教会より青山学院の宣教師に帰還命令が出され、同年12月8日に開戦。伝統ある神学部の閉鎖など青山学院は苦難の時代に突入します。学院内が大きく動揺するなか、笹森院長もさまざまな圧力を受け、志半ばで退任せざるを得ませんでした。その後任を任された國澤新兵衛院長代行の尽力により、廃校の危機こそ逃れましたが、終戦に至るまで暗い谷間の時代が続きます。戦後は衆議院議員、参議院議員を歴任し、1947(昭和22)年には片山哲内閣の国務大臣に就任。また、小野派一刀流宗家を継ぐ、一流の剣道家としても知られています。
笹森順造院長就任式(現 間島記念館前)
笹森順造院長就任式(現 間島記念館前)

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY