青山学院大学 AGU NEWS Vol.21
AGUニューズ[2004年3月~4月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●学長メッセージ
 学長に就任した今、
 私が考えていること。

●AGU TOPIC
 ・国際連合大学との
  包括的な一般協定を締結

 ・「経営者マインドの育成」を
  コンセプトにした経営学部の
  画期的な実践教育の試みが
  スタート


TOPICS
●2004年度就職活動について

報告・お知らせ
●全日本学生ソフトテニス選手権で
 ソフトテニス部(女子)が
 ダブルス・シングルス制覇!

●公共選択学会「学生の集い」で
 経済学部中村ゼミが
 2年連続最優秀賞

●課外教育プログラム活動報告
●第二部スプリング・カレッジ
●Club & Circle Information
●経済学部主催
 「南開大学 武捷思教授による
 講演会」

●国際交流のつどい開催報告
●青山フランス文学会主催
 小林拓己氏講演会
 「NPO 国境なき医師団と私」

●青山学院大学
 人権教育委員会主催
 公開シンポジウム開催

●新役職員紹介
●卒業生へのメッセージ
●2004年度 公開講座

誌上公開講座
●経済からみた国際社会
 ―為替相場の教えるもの―


INFORMATION
●2004年度一般入学試験志願者数
●2004年度オープンキャンパス等
 開催日程

●News Index
●歴代院長とその時代7 笹森順造

HOME








青山学院中等部・高等部に学び、
1970年より文学部日本文学科の教員として
多くの学生を指導されてきた武藤元昭学長。
「青山学院は私に大きな恵みを与えてくれました。
その感謝の気持ちを、現在の学生たちに
体験させてあげることが私の務めです」
そう語る武藤学長の大学運営に関する基本的な考え方や
学長としての信念について、お話をうかがいました。




青山学院大学 学長
武藤 元昭

青山学院130年の歴史と伝統を踏まえた「特色ある大学」に
 すべての教職員が青山学院の歴史と伝統を自覚し、少人数教育を軸に、学生に対して心の通い合う教育を行っていくこと。そして、その結果として責任感を持った謙虚で潔い人物を、社会に送り出していくこと……これこそが本学の特色であると私は考えます。学生にとって教員も事務職員も「先生」です。私は特色ある大学づくりをスタートさせるにあたって、まず双方が対話を重ねる機会を数多く設け、本学が目指すべき方向性に対する意識を共有していきたいと考えています。また、青山・相模原両キャンパスの有機的な連携をさらに図っていくことも重要なテーマです。「2つのキャンパス」が「2つの大学」になってしまっては、学生にとって本学で学ぶ意味が薄くなってしまいかねません。私自身の大学1~2年生の頃を思い返してみても、身近にいた3~4年生の先輩方からずいぶんと学問的な刺激を受け、多くのことを学ばせていただきました。こうした学年間の縦のつながりを大切にし、4年間の学生生活に一貫性を持たせることによって、本学の特色を一層強く打ち出すことができるはずです。同時に両キャンパスの事務セクションのさらなる連携を図っていく必要があるでしょう。もちろん、すべては「学生のため」です。

青学生と教員の個性・才能を広く社会に「情報発信」
 大学としては確固とした「特色」を掲げていきますが、そこで学ぶ学生たちには多彩な個性・才能を認め、それを伸ばしていくことが教育者・教育機関の大きな役割です。各学部の専門教育はもちろんですが、それ以外でも芸術・芸能・スポーツなどの分野で才能を発揮する学生・卒業生が数多くいます。彼らの存在は、キャンパスに活気を与えてくれ、特にスポーツ分野での活躍は、学生たちが一体感を感じる良い機会となります。そこで、スポーツ選手がより一層大学生活を送りやすいように、教育システムなどを改善しつつ、青学スポーツの強化を図っていきたいと考えています。
 また、本学各学部・学科には優秀な教員が数多く在籍しています。従来の総合研究所の成果報告に加え、積極的な出版助成やWEB利用などによって、優秀な教員の存在と業績を社会に広く知らしめる情報発信により一層力を入れていくことも、重要な課題です。海外への情報発信や国際交流も積極的に展開し、名実ともにグローバルな大学としての存在感を社会にアピールしていきます。

自らの意志で変えていく青山学院大学の未来
 時代のニーズに応じて、自らを変える努力を行うことはとても大切なことです。本学でも半田正夫前学長のリーダーシップによって、過去4年間に相模原キャンパス開学を中心とした改革が行われてきました。
 今春からは法科大学院がスタートしますし、2005年4月、会計専門職大学院の開設に向けて準備が進められています。さらに第二部(夜間部)再編、新学部設置などについても、今後具体化していく予定です。しかし、それらの“改革”はあくまで内発的なものでなければなりません。“外圧”にあおられて自らの意志や理想に反する改革を行っても、益することは少ないでしょう。まず、進むべき方向性をしっかり見極めること。そしてやるべきこと、変えるべきことは速やかに実行していく……これが私のスタンスです。
 私たち大学執行部は、これから学生、教職員の方々の肉声を大切にし、ある時は彼らの盾になりながら、理想を目指した大学運営に邁進していきます。青春時代を青山学院で過ごし、その導きによって高等部卒業時に受洗した私は、「自分のため」より「人のため」と思うと元気も勇気も湧いてくるタイプの人間です。学生のみなさんもご父母の方々も、ぜひ積極的にご意見をお寄せください。力を合わせて、より素晴らしい青山学院大学を創り上げていこうではありませんか。

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY