青山学院大学 AGU NEWS Vol.21
AGUニューズ[2004年3月~4月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●学長メッセージ
 学長に就任した今、
 私が考えていること。

●AGU TOPIC
 ・国際連合大学との
  包括的な一般協定を締結

 ・「経営者マインドの育成」を
  コンセプトにした経営学部の
  画期的な実践教育の試みが
  スタート


TOPICS
●2004年度就職活動について

報告・お知らせ
●全日本学生ソフトテニス選手権で
 ソフトテニス部(女子)が
 ダブルス・シングルス制覇!

●公共選択学会「学生の集い」で
 経済学部中村ゼミが
 2年連続最優秀賞

●課外教育プログラム活動報告
●第二部スプリング・カレッジ
●Club & Circle Information
●経済学部主催
 「南開大学 武捷思教授による
 講演会」

●国際交流のつどい開催報告
●青山フランス文学会主催
 小林拓己氏講演会
 「NPO 国境なき医師団と私」

●青山学院大学
 人権教育委員会主催
 公開シンポジウム開催

●新役職員紹介
●卒業生へのメッセージ
●2004年度 公開講座

誌上公開講座
●経済からみた国際社会
 ―為替相場の教えるもの―


INFORMATION
●2004年度一般入学試験志願者数
●2004年度オープンキャンパス等
 開催日程

●News Index
●歴代院長とその時代7 笹森順造

HOME




agutopic
タイトル

2003年12月15日(月)、青山学院大学と国際連合大学(以下、国連大学)は、一般協定の調印を行い、今後、「学際的研究、高度の研修および知識の普及」を通じて、両大学の包括的な協力を築いていくことになりました。
当時、第二部担当学長補佐として、国連大学との折衝にあたった林伸二経営学部教授に、その経緯や協定締結の意義などについてお話をうかがいました。




経営学部
林 伸二 教授
──まず、本学と国連大学が、このたび日本の大学として初めて包括的な一般協定を結ぶことになった経緯についてお話いただきたいと思います。
 青山通りをはさんで隣にある国連大学との協力関係についてかねがね模索されてきた半田正夫前学長より、独自の協定締結の意向を受けたのは2003年5月のことでした。その「他大学より具体的かつ本学にとって大きな意味を持つ協定」という強い希望を受けて、当時第二部担当学長補佐だった私が袴田茂樹国際政治経済学部長のご協力のもと、本学の代表として国連大学との意見交換をスタートさせたのが6月。度重なる打ち合わせでは、協定により得られる双方のメリットについて率直に、そして徹底的に話し合われ、10月に基本的な合意に達することができました。共同研究プロジェクトの企画、実施、共同の講演会、シンポジウム、その他関連する催しの企画、実施等を通して、学術研究の増進と高度の研修、教育活動の強化を図ることが、今回の協定の主眼です。なお、国連大学と日本の大学が包括的な協力関係を築いたのは、本学が初めてです。

──国連大学との交渉はどのように進んだのですか?
 意見交換を通して、私は国連大学の期待の大きさを感じました。2003年6月、国連大学で本学を含むわが国の主要10大学が参加する「国連大学大学院共同講座」設立に関する会合が開催され、袴田国際政治経済学部長が本学代表として出席。その時も本学への期待が感じられていました。こうした国連大学側の本学に対する高い評価が、一般協定締結にあたって大きな推進力となったと思います。国連大学が特に期待しているのは、日本国内でのインターンシップや各種研修など実践教育の場の提供、および途上国を中心とした世界各国から集まっている研修生等に対する研究・生活面での支援でした。国連大学にとって、総合大学である本学の教育・研究インフラや国内のネットワークは大きな魅力のひとつとなっているのです。


国連大学での調印式。(左からハンス・ファン・ヒンケル国連大学学長、
半田正夫前学長、武藤元昭学長)



──では、青山学院大学にとってのメリットは?
 なんといっても世界中に広がる国連大学の学術研究ネットワークを通して、一大学の力ではとても得ることができないグローバルな教育・研究の場を獲得できるということでしょう。教育の面では、国連大学が行う海外でのインターンシッププログラムへ大学院生の参加の道が拓かれ、また、学部生に対しても国連大学が実施する「国際実務経験プログラム」への優先的な参加が約束されました。

──今後、この一般協定は本学の教育・研究にどのように生かされていくのでしょう?
 一般協定は、いわば協力関係の土壌です。すでに国際政治経済学部で共同研究のプロジェクトがスタートしていますが、さらに全学レベル、あるいは各学部・研究科単位で国連大学と協力関係が活発に展開されていくことで、本学の教育・研究における国際化・グローバル化が、一層、実質的なものになってくることでしょう。新執行部のリーダーシップのもと、この一般協定が有効かつ積極的に活用されることを願っています。



 1969年、当時のウ・タント国連事務総長が、真に国際的な性格を有し、国連憲章が定める平和と進歩への貢献を目的とする国際連合の大学の設立を提唱し、1973年に国連総会で正式に決定。国連本部とユネスコの共同支援を受ける国連総会傘下の独立機関として、1975年に国連大学本部が東京・渋谷に設立されました。現在、「環境と持続可能な開発」「平和とガバナンス」の2領域を中心とした活動を展開。その組織は東京の本部と複数の研究・研修センター等に加え、世界各地の学術機関、研究者からなるグローバルなネットワークで構成されています。
 本部が置かれた「UNハウス」は1992年に完成。設計を担当したのは東京都庁などを手がけた建築家・丹下健三氏です。

「UNハウス」


 

 2003年12月15日(月)、国際連合大学は青山学院大学との間に、一般協力協定を締結しました。国際連合大学はかねてより、本部の置かれている日本国内の大学と、恒常的な一般協力関係を築くことを願ってきました。その最初の例が青山学院大学との協定締結です。
 国際連合大学はこれまでも、グローバル・セミナーや特定の研究プログラムでは日本各地の大学と提携してきました。しかし、海外との交流やセミナーの開催、施設の相互利用など、広範な教育研究活動に関して包括的な協力関係を結んだのは、青山学院大学が最初です。これを通して、青山通りを挟んだふたつの大学が実質的にも近い存在となり、共同して研究教育上の成果をあげることが期待されます。
国際連合大学学長特別顧問 横田 洋三教授 記 
 

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY