青山学院大学 AGU NEWS Vol.21
AGUニューズ[2004年3月~4月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●学長メッセージ
 学長に就任した今、
 私が考えていること。

●AGU TOPIC
 ・国際連合大学との
  包括的な一般協定を締結

 ・「経営者マインドの育成」を
  コンセプトにした経営学部の
  画期的な実践教育の試みが
  スタート


TOPICS
●2004年度就職活動について

報告・お知らせ
●全日本学生ソフトテニス選手権で
 ソフトテニス部(女子)が
 ダブルス・シングルス制覇!

●公共選択学会「学生の集い」で
 経済学部中村ゼミが
 2年連続最優秀賞

●課外教育プログラム活動報告
●第二部スプリング・カレッジ
●Club & Circle Information
●経済学部主催
 「南開大学 武捷思教授による
 講演会」

●国際交流のつどい開催報告
●青山フランス文学会主催
 小林拓己氏講演会
 「NPO 国境なき医師団と私」

●青山学院大学
 人権教育委員会主催
 公開シンポジウム開催

●新役職員紹介
●卒業生へのメッセージ
●2004年度 公開講座

誌上公開講座
●経済からみた国際社会
 ―為替相場の教えるもの―


INFORMATION
●2004年度一般入学試験志願者数
●2004年度オープンキャンパス等
 開催日程

●News Index
●歴代院長とその時代7 笹森順造

HOME




TOPICS

タイトル

就職部長
仁科 貞文(文学部教授)
 2003年10月の「就職ガイダンス」を皮切りに始まった2004年度の就職活動は、約半年間の大学主催の各種説明会、講習会、企業セミナー、資格取得指導など100回におよぶ就職支援活動を経て、3月になり、いよいよ学生自身が行う就職活動(企業・OB訪問、願書提出、面接、採用試験)が動き出しました。青山学院大学の学生は、都心にキャンパスがあるという立地条件のおかげで、授業履修にさほど支障なく、企業訪問、OB訪問ができるという恵まれた環境にあります(立地条件の良さから、大学に直接来訪される企業数も年間1,000社を超えます)。幸いにも、本学には人文・社会科学系だけでも4年生の総数を超える4,500社からの求人があり、就職の意欲さえあれば必ず就職できる条件は整っています。
 ここ数年間の傾向として、一般的な情報収集のためにインターネットの役割は大きくなってきましたが、依然として自分の足で企業やOBを訪問すること、大学内外のセミナーに積極的に参加することの重要性は変わりません(学内行事の延べ参加者数は年間で約30,000人)。さらに、一人ひとりに固有の問題解決のためには、就職部の窓口できめ細かい相談が受けられます(年間相談件数は延べ約5,000件)。これは第二部(夜間部)社会人学生でも、大学院生であっても、同様です。
 企業の知名度だけでなく、将来性のある企業で適職を見つけだすことが大切です。そのためには、1、2年生のうちから卒業後の進路について考えておくことが必要です。将来の進路に関連する授業科目を履修するとか、課外活動に参加することで、自分にあった仕事を探ることができるはずです。卒業後に無目的な無業者(フリーター)になることは、個人にとって貴重な人生の無駄遣いであると同時に、社会的な損失ですから、何としても避けたいものです。
 就職活動は他では得られない貴重な体験です。この貴重な作業に積極的に取り組むことで、自分を成長させ、納得できる成果を得られるよう、就職部を始めとして大学全体で支援を続けていきます。



 2003年11月12日(水)、就職部ではマスコミ青山会(安藤孝四郎会長'59経済卒)の協力を得て、人気の高いマスコミ業界への就職を希望する学生を対象とした相談会「マスコミQ&A」を開催しました。マスコミ青山会は、青山学院出身者で、新聞社、通信社、テレビ・ラジオ放送局、出版社、広告会社などマスコミに関係する個人が集まって、親睦と情報交換を目的とした任意の団体です。企画はマスコミ青山会事業部(阿部誠部長 '75仏文卒)が担当。就職部の呼びかけによって、相談会場に集まった3年生は、なんと107名。現役学生に比較的年齢が近い若手会員中心の相談会であったことも、人気の一因だったと思われます。
 当日は、マスコミ青山会副会長の清積哲也氏('69法卒)の挨拶に続き、読売新聞社・赤金重幸氏('87法卒)、主婦の友社・林定昭氏('89経済卒)、光文社・近江裕嗣氏 ('99日文卒)、電通・深谷隆介氏('95教育卒)、太陽企画・平田健一氏('90経済卒)、テレビ朝日・佐々木基氏('92経済卒)、NHK・小野洋子氏('96日文卒)の7名がスピーカーとして登場。それぞれ現在の仕事内容とその魅力や苦労話、また就職活動時にどのような作戦を練ったかという各氏の“秘策”や面接対策、さらに自己分析の方法といった体験に基づく実践的なお話に、学生たちは熱心に聞き入っていました。  後半は、光文社・金藤健治氏('67経済卒)、電通・竹岡敏行氏('75理工卒)および阿部満氏('92国政卒)、博報堂OB・藤田賢吾氏('62文卒)の4名も加わり、印刷・放送・広告と各業界別に分かれて、さらに具体的な内容での質疑応答が行われました。2時間の予定で行われた相談会でしたが、予定時間を過ぎても学生の熱心な質問が続き、先輩たちも快くそれに答えていたのが印象的でした。最後に就職部を代表して就職部長仁科貞文教授が「私語ひとつない様子に驚きました」とコメント。学生たちのマスコミ業界に対するモチベーションの高さと卒業生の方々の後輩に対する熱い期待によって、大盛況のうちに閉会となりました。

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY