青山学院大学 AGU NEWS Vol.22
AGUニューズ[2004年5月~6月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●法務研究科〈法科大学院〉開設!
 Voices from AGU Law School

●AGU TOPIC
 ・21世紀COEプログラム
  「中間成果報告会」

 ・―アカウンティングスクール―
  「会計専門職大学院」
  開設計画進行中


TOPICS
●2004年度一般入学試験結果報告
●国際政治経済学部 瀬尾ゼミで、
 師弟そろって論文賞受賞!

●文学部心理学科
 「社会心理学研究会」の3年生が
 「第56回学生広告論文電通賞」
 大学生グループ部門第2位!


報告・お知らせ
●新役職員紹介
●2004年度新任専任教員一覧
●2003年度 退職専任教員
●総合研究所 研究成果発表状況
●2003年度学位授与式
●2003年度大学院学位授与式
●『青山学院大学
 五十年史 資料篇』刊行

●課外教育プログラムについて
●前期チャペルウィーク
●2003年度学生表彰
●2003年度公認会計士試験
 司法試験 合格者数

●2003年度
 体育会優秀団体・選手表彰祝賀会

●Club & Circle Information

誌上公開講座
●2年目を迎えた
 「青山スタンダード」


INFORMATION
●2004年度
 相模原キャンパス公開講座

●News Index
●2004年度進学相談会開催日程
●大学紹介パンフレット申込方法
●2004年度オープンキャンパス
●歴代院長とその時代8 小野徳三郎

HOME






2年目を迎えた「青山スタンダード」


学務・学生担当副学長(青山スタンダード教育機構長)
仙波 憲一

2003年度、相模原キャンパス開学とともにスタートした「青山スタンダード」。今号からの誌上公開講座では、この画期的な全学共通教育について紹介します。第1回は、青山スタンダード教育機構長を務める仙波憲一副学長に「2年目を迎えた青山スタンダード」をテーマにお話をうかがいました。

●「青山スタンダード」の柔軟性
 「青山スタンダード」は、全学部・学科の専門教育のベースとなる教養を形成するとともに、卒業生の知的クオリティのミニマム・スタンダードを社会に対して保証するという考えのもと編成された本学独自の教養教育体系です。“スタンダード”という言葉から、固定化された教育プログラムという印象を抱かれるかもしれませんが、実はまったくそうではありません。学生や社会のニーズを勘案しながら、毎年、既存科目の改善はもちろん、積極的に新しい試みを行い、教員と学生がともに育てあげていく……それこそが「青山スタンダード」の真骨頂です。
 運営組織である「青山スタンダード教育機構」には、各科目の教育内容・方法等を評価する「教育評価委員会」が設けられており、アンケート調査による受講学生の意見や外部評価を含めた分析・検証を行っています。そしてその検証結果を受けた「カリキュラム開発室」が各授業の見直しや新しい科目の企画・開発を担当しています。
 つまり、「青山スタンダード」には全学共通教育のカリキュラム体系とともに、そのカリキュラム自体をアップデートしていく、しっかりした指揮系統システムも含まれているのです。もちろん、学問は積み重ねが大切ですから、変えてはならない部分もあります。しかし、変化の激しいこの時代にあって、「改善できる部分はすぐに改善する」「良いと思われることは積極的に取り入れる」という柔軟性は教育にとってもっとも重要な要素でもあります。
●「青山スタンダード」は進化する
 2004年度「青山スタンダード」にはさまざまなリニューアルが加えられています。
 まず、新しい科目としてテーマ別科目において産学連携の寄附講座を開講。たとえば社会理解関連の推奨科目として、ファッション、アート、流通など最先端の感性ビジネスの第一線で活躍する方々を講師に迎えたオムニバス講義が行われます。
 また、2004年度から技能コア「Essential English」の一部で試験的にe-learningを併用した授業を実施します。その成果によっては2005年度からは、e-learningを利用した英語教育をスタートさせ、実践的な英語スキル修得を図るより効果的な教育プログラムの開発にも着手したいと思っています。「英語の青山」という社会的定評に甘えず、これが「青山の英語」と胸を張って社会にアピールできる、新しい語学教育のメソッドを確立していきたいと考えています。
 そのほか、「フレッシャーズ・セミナー」、教養コア科目群のうち、複数の教員がリレー形式で担当する「総合科目」などに関しては多くの学生から好評を持って迎えられましたが、斬新な学習スタイルに対する戸惑いの声も聞かれました。そこで今年度は履修前のオリエンテーションの充実や授業選択のための「お試し期間」を設定するなどして、学生がよりスムーズかつ積極的に授業参加できるよう配慮しています。
 さて、もっとも大きな2年目のリニューアルは、この1年間の経験を経た教員の意識改革かもしれません。私自身もそうなのですが、これまで所属学部の専門教育にあたってきた教員が、他学部の1~2年次の学生に教えるという経験は、非常に大きなインパクトがありました。専門外の学生に「何を」「どのようにして」教えるか……2003年度は私たちにとって試行錯誤の年であり、学生たちから多くのことを学びました。今年度は、その経験が大いに生かされることになるでしょう。そしてそれは、専門教育にもフィードバックされるはずです。「青山スタンダード」とは、単なる教養教育の刷新ではありません。全学規模での教育改革の核となるものです。「“スタンダード”とは何か?」──全学部の教員が真摯にそう問い続け、その答を探し続けていくことによって、2年目、3年目、4年目……と教養教育・専門教育がともにレベルアップしていくことを目指していきたいと思っています。


●教養教育が必要なのは1~2年次だけではない
 私たちは、本来、教養教育を1~2年次に限定すべきではないと思っています。たとえば、3年次、4年次になると、次第に学生たちは卒業後の進路や自分の人生について真剣に考えるようになります。そしてその際に必要なのは、人の生き方や社会に対する幅広い視野……つまり教養なのです。そこで、2005年度より青山キャンパスでも青山スタンダード科目を一部開講。学部3~4年次生、第二部(夜間部)学生も受講できるようになる予定です。青山キャンパス開講科目には、進路選択や人生設計などを考えるためのキャリア開発をテーマにした科目を設定したいと考えています。それも単なる教室での講義ではなく、海外を含むインターンシップにより、社会(あるいは異文化)体験を通して実践的に学ぶプログラムにするつもりです。
 さらに言えば、教養が必要なのは学生に限ったことではありません。社会でのキャリアアップや生活の充実のために、将来的には本学卒業生に対する生涯教育のニーズにも応える「青山スタンダード」でありたいと考えています。


●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY