青山学院大学 AGU NEWS Vol.22
AGUニューズ[2004年5月~6月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●法務研究科〈法科大学院〉開設!
 Voices from AGU Law School

●AGU TOPIC
 ・21世紀COEプログラム
  「中間成果報告会」

 ・―アカウンティングスクール―
  「会計専門職大学院」
  開設計画進行中


TOPICS
●2004年度一般入学試験結果報告
●国際政治経済学部 瀬尾ゼミで、
 師弟そろって論文賞受賞!

●文学部心理学科
 「社会心理学研究会」の3年生が
 「第56回学生広告論文電通賞」
 大学生グループ部門第2位!


報告・お知らせ
●新役職員紹介
●2004年度新任専任教員一覧
●2003年度 退職専任教員
●総合研究所 研究成果発表状況
●2003年度学位授与式
●2003年度大学院学位授与式
●『青山学院大学
 五十年史 資料篇』刊行

●課外教育プログラムについて
●前期チャペルウィーク
●2003年度学生表彰
●2003年度公認会計士試験
 司法試験 合格者数

●2003年度
 体育会優秀団体・選手表彰祝賀会

●Club & Circle Information

誌上公開講座
●2年目を迎えた
 「青山スタンダード」


INFORMATION
●2004年度
 相模原キャンパス公開講座

●News Index
●2004年度進学相談会開催日程
●大学紹介パンフレット申込方法
●2004年度オープンキャンパス
●歴代院長とその時代8 小野徳三郎

HOME








2004年4月、青山学院大学大学院法務研究科(法科大学院)がスタートしました。国際マネジメント研究科に続く本学第2の専門職大学院として、社会人を含むさまざまなバックグラウンドを持った法科大学院生たちが集いました。
そこで今号では、神長勲法務研究科長と3名の法科大学院生から授業スタート直後の声をお届けします。また、授業科目『法曹倫理』の講義を担当されている3名の教授(実務経験者)からもメッセージをいただきました。


◇◆◇実務経験者の3教授よりMessage!を見る◇◆◇
◇◆◇法務研究科〈法科大学院〉の施設設備を見る◇◆◇


法務研究科長 神長 勲 教授
担当科目●法と行政行動、公法総合演習(2)、 公法特講B(地方自治法)

 2004年4月、60名の院生たちが学生生活をスタートさせました。前期のカリキュラムにおいて、私は法学未修者のクラスを担当していますが、彼らの学ぶ意欲と積極性は、私たち教員の予想を超えるものでした。授業で活発に発言してくれることはもちろん、早くも講義のあり方に対する質問や要望なども寄せられています。法曹を目指す院生たち、特に社会経験者の場合などは、各人が大きな決断を経て、ここに入学しています。それだけに、ロースクール教育に対する期待感も高く、各授業のテーマ・目的・内容を、教員は院生に対して明確に提示しなければなりません。私の場合ですと「行政法という切り口を通してあなたは何を伝えたいのですか?」と院生から問われているわけです。
 入学早々の時期に、私は修了単位とは別に「自主ゼミ」の参加者を募集しました。すると、たちどころに20名近い院生が参加しました。これには募集した私自身が驚きました。学生たちのバックグラウンドや年齢層は多様でも、ロースクールで新しい知の世界を望む真摯な姿勢は、誰もが共通して持っており、すでにそうした院生同士の一体感も生まれているようです。
 私たち教員は院生たちに満足度の高いロースクール生活を送ってもらうため、彼らの質問や要望をしっかり受けとめ、期待に十分応えるための教育を実践していかなければなりません。私はそのことに教員としてこの上ない楽しさと充実感を感じています。おそらく他の教員の皆さんもそう思われているでしょう。開設1年目ですから、まだまだ解決しなくてはならない問題もあるでしょう。しかし、私は、院生を迎え、青山学院大学大学院法務研究科が独自の教育の理念と方針を踏まえた法曹養成の場であるという自信をますます深めています。今後、教員・院生・職員が一体となって、「誰もが真剣に学び、雰囲気の良い」青学ロースクールのカラーを創り上げていきたいと思っています。


岡田 隆 さん
3年標準コース(社会人選抜)
税理士


 納税者の権利を擁護することが、税理士の基本的な立場です。ところが訴訟のケースなどでは、法律の壁が大きく目の前に立ちはだかることが多く、ほんとうの意味で納税者の味方となるためには法曹の力を借りなければなりません。今後、国民の税負担はさらに増し、税金をめぐる訴訟は増加していくでしょう。ところがわが国には租税に詳しい弁護士はまだ少なく、「それならば自分自身が新しい時代の担い手となる弁護士になろう」と決意。現行の司法試験の勉強を始めてみましたが、仕事をしながら合格を目指すことはやはり困難でした。そこで、所属事務所の理解と協力を得て、学業に支障を来さない程度の仕事をしながら、3年間のロースクール生活を送ることにしました。青山学院大学を選んだのは、社会人を積極的に受け入れようという意欲の強さを感じたからです。他大学に比べてここは“おじさんに優しい”ロースクールだと思いますよ(笑)。もちろん、入学してからは甘くありません。教員の方々のナビゲーションとバックアップのもと、新司法試験合格に向けて、たゆまぬ努力を重ねていきたいと決意を新たにしています。


宍戸 玲菜 さん
3年標準コース(他学部出身選抜)
2004年3月4年制大学文学部卒業


 大学では、近世江戸史を専攻。そのまま大学院に進学して研究者を目指すか、それとも企業人になるか……就職活動にも真剣に取り組みましたが、そのどちらも自分に向いているとは思えず、「それなら社会で身を立てるために、何か専門的なスキルを身につけよう」と思っていました。そんな時、ロースクールの設置計画を知り、今まで法律の勉強を専門にしてこなかった私にも法曹への道が開かれることを知りました。かねがね弁護士という職業に深い関心を抱いていたので、思い切って挑戦することを決心。青山学院大学を選んだのは、少人数できめの細かい教育が行われる点に魅力を感じたからです。実際、講義が始まって少人数教育のメリットを実感しています。つねに院生の自主性が尊重され、教員とのコミュニケーションを取りつつ進められるロースクールの教育スタイルは、やはりこうした少人数教育において、最大の効果を発揮するのではないでしょうか。教室では、私のような学部卒業生だけではなく、多彩なキャリアを有する幅広い年齢層の仲間が学んでいます。これから、こうした仲間たちと切磋琢磨しながら、一致団結して新司法試験合格を目指す、いいクラスの雰囲気をつくっていきたいですね。


高井 薫さん
3年標準コース(一般入学)
元民間シンクタンク勤務


 私は法学部出身ですが、学生時代には法曹を目指すことなどまったく考えてはいませんでした。卒業後、損害保険団体、外資系航空会社の客室乗務員などを経て、今年3月まで民間のシンクタンクで銀行株の調査分析業務を担当。こうしたおよそ10年ほどの社会人生活の中で、企業人としても、また一個人としても、自らが法律との深い関わりの中で生きていることを痛感させられました。そんな中、直接の契機となったのは、一昨年秋に出産し、育児休業を取ったことです。多忙な会社生活を離れて、自分の将来についてふと立ち止まって考えていた時、折しも司法制度改革の核となるロースクール設置の動きが盛んに報道されていました。そのプロセス重視の教育や多様なバックグラウンドを持つ法曹養成などの趣旨に触れ、あらためて法律を学び直し、法曹を目指す大きなチャンスと感じました。青山学院大学の魅力はやはり少人数で行き届いた教育を受けられる環境が整っていることです。こうした環境をフルに活かし、知識の修得のみならず法的論理に沿った弁論スキルなど実務の修得にも励むつもりです。
 新司法試験合格に向けたきめ細やかな指導にも大いに期待しています。また、高校までキリスト教主義の学校に通っていた私にとって、キリスト教の理念がバックグラウンドにある青山学院大学には懐かしさと親しみも感じています。

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY