青山学院大学 AGU NEWS Vol.22
AGUニューズ[2004年5月~6月号]
青山学院大学・広報入試センター広報課
〒150-8366 東京都渋谷区渋谷4-4-25 TEL.03-3409-8111(代表)



特集
●法務研究科〈法科大学院〉開設!
 Voices from AGU Law School

●AGU TOPIC
 ・21世紀COEプログラム
  「中間成果報告会」

 ・―アカウンティングスクール―
  「会計専門職大学院」
  開設計画進行中


TOPICS
●2004年度一般入学試験結果報告
●国際政治経済学部 瀬尾ゼミで、
 師弟そろって論文賞受賞!

●文学部心理学科
 「社会心理学研究会」の3年生が
 「第56回学生広告論文電通賞」
 大学生グループ部門第2位!


報告・お知らせ
●新役職員紹介
●2004年度新任専任教員一覧
●2003年度 退職専任教員
●総合研究所 研究成果発表状況
●2003年度学位授与式
●2003年度大学院学位授与式
●『青山学院大学
 五十年史 資料篇』刊行

●課外教育プログラムについて
●前期チャペルウィーク
●2003年度学生表彰
●2003年度公認会計士試験
 司法試験 合格者数

●2003年度
 体育会優秀団体・選手表彰祝賀会

●Club & Circle Information

誌上公開講座
●2年目を迎えた
 「青山スタンダード」


INFORMATION
●2004年度
 相模原キャンパス公開講座

●News Index
●2004年度進学相談会開催日程
●大学紹介パンフレット申込方法
●2004年度オープンキャンパス
●歴代院長とその時代8 小野徳三郎

HOME




TOPICS

タイトル

青山学院大学の魅力を、
さらに受験生と社会にアピールしていくために。

 2004年度大学入試では、国公立大・私立大ともほとんどの大学で志願者が減少。2001年度より2003年度まで3年連続して志願者数を伸ばしてきた本学も、2004年度一般入学試験では昨年度比約5,700人の志願者減となりました。一方、昼間部全学部で志願者を減らしたにもかかわらず、第二部(夜間部)では志願者増となっており、これは、他大学の夜間部が廃止された影響と思われます。
 志願者減のもっとも大きな要因は、やはり少子化の進行です。特に18歳人口が昨年度比約5万人減の141万人と、ここ数年でもっとも大きな落ち込みでした。それに加えて、最近の経済状況などから受験生ひとりあたりの併願率低下の影響も見逃せません。さらに、近年、多くの私立大学がセンター試験による選抜で志願者を集めていますが、本学がセンター試験利用入試を実施していないことも、志願者数を伸ばせなかった要因と思われます。
 もちろん、少子化の影響は、本学だけでなく全国各大学で同様の傾向が見られます。たとえば、首都圏にある大学の志願者数は昨年度より約7万8000人も減っています。来年度以降も、こうした少子化を背景として大学にとっては厳しい状況が続きます。その中で本学では、2005年度入試より、センター試験利用入試を3学部(法・国際政治経済・理工学部)で実施し、入学試験の多様化を図っていくことになりました。同時に受験生にとって真に魅力がある大学を目指し、今後も全学規模で教育改革を積極的に進め、受験生はもちろん、広く社会から信頼される大学としてのステイタスを築き上げていきます。

●ページのトップへ戻る●
HOME PAGE COPYRIGHT:AOYAMA GAKUIN UNIVERSITY